テイサム・ヒルは全力で先発をとりにいく、とってください

今日は本能寺の変の日ですね。マイク松ですこんにちは。麒麟がくるおもしろかったなー。連ドラが苦手な僕ですが、最後まで見られましたもんね。
さて、先日のオータニの記事でもとりあげた、NFLの6刀流アシュラマン、テイサム・ヒル。すごいやつなんです。
そんなテイサムですが、今までアシュラマンでいたのは、絶対的な先発QB、ドリュー・ブリーズさんがいたからなんです。ブリーズは数々のQBの記録をもち、まさに聖者のような圧倒的なリーダーシップを兼ね備えたレジェンド。変なたとえですが、こないだ星野源って結婚しましたけど、新垣結衣の相手役と主題歌担当を星野源から奪うくらいの難易度です。つまり無理ですよね。
しかしブリーズさんは引退しておつかれさまになりました。今そのあいた先発QBの座を、テイサムとウィンストンで争っています。その意気込みをテイサムが存分に語ってくれています。

ブリーズの代わりなどいないとセインツQBヒル

テイサム…この漢気よ。まじでがんばってほしい。
ブリーズさんの功績を認めながら、ずっと先発QBになることを目指して精進してきた、QBに集中することも、そのために全力を尽くすとのことです。ウィンストンとの競争も、自分自身がしっかりやれれば大丈夫と考えているようです。
もちろんウィンストンとの競争はどっちかが圧倒しているわけではないので、正直プレシーズンどころかレギュラーシーズンに入っても続きそうです。でもしっかり勝ち残ってほしいと思います。ウィンストンはTBから流れてきたのに対し、いちおうテイサムはずっとNOでがんばってきたんですかね。横からかっさらわれるのは容認できないわー。それならファーヴアニキの予言通り、GBからロジャースをとってきてくれた方がいいです。
がんばれテイサム。オマエならできる!

カテゴリー: NFL パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。