フィギュアスケート全日本選手権2010(4):女子シングルFS

今日は駅伝、ちょっと競馬、バレー、フィギュアスケートとスポーツ三昧の日だったマイク松ですこんにちは。合間にNFLを見返したりもしていました。Vプレミアリーグ女子の久光.vs.デンソーはフルセットに持ち込まれる熱戦でした。バレーも見に行きたいなあ。
そして今日はフィギュアスケート全日本選手権、女子シングルFSです。どういう結果になるのやら。楽しみです。

フィギュアスケート全日本選手権、女子シングルFS。実況は切歯扼腕の思いながらポエム、解説はジュンジュン。
いきなりペアFSが放送。実況は鈴木さん、解説は井上さん。わざわざありがとうございます。
高橋・トランが登場しました。「想いの届く日」。最初はソロジャンプ、2Sになりました。2Twはすごく高さがありました。3SThもおっけーです。井上さんは高橋の名前は覚えてないみたいです。ソロスピンはおっけー、ダイジェストなのでぽんぽんとんでいく。2A+2T+SEQ…もうダイジェストなのでメモれません。いつの間にか終わっていました。これ全部放送する余裕もないほどスタジオトークがあるということなのか。最初のポエムの話(うっかり少し見てしまった)とかいらないからこれを全部流せばいいのに。172.05。もちろん優勝です。
続いてアイスダンスFD。実況は鈴木さん、解説は宮本さん。わざわざありがとうございます。
リード姉弟登場。新しいプログラムのようです。とてもムーディな雰囲気。というかほんとに細切れで何も書くことがない。でもしっかり動けてますし、クリスの方が結構体を作ってきている感じがありました。127.71。もちろん優勝です。
そのあとスタジオトークがたくさん。庄司のインタビューがあったりしてますよ。大変だ。このためにあの細切れFDが。そしてすごい勢いのCM。そしてSPの再放送が。あー。どんどん早送りが進んでいきます。20分…25分…。
石川翔子。ようやく演技だ。チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」。SPのクオリティを持ってきてほしい。3T+3T決めました!でジュンジュンが「トリプルトゥーループ!トリプルトゥーループ!きました!3回転3回転!きれいに決まりました」というとポエムのいうことがないというすばらしい事態が。がんばれジュンジュン!2Aも余裕あります。3Fはステップからの難しい入りでしたがおっけー。3S+2Tも堅実に決めています。曲の雰囲気もあるのかとてもやさしい雰囲気の演技。優雅ですね。スピンも安定してます。スパイラルも間に入れながら2Lz。ポエムしゃべるな。ドーナツスピンもきれいな円を描いてますね。SlStはよく滑らせるというステップですね。3S、2F+2Tとジャンプを成功させてます。最後のスピンのポジションもきれいでした!いいじゃないですか!安定感もあるし優雅さをゆったりとした滑りで出していました。女子シングルのよさを出してましたね。ファヌフみたいな感じですか。難しいジャンプが跳べるようになればもっと上にいける。149.63。
鈴木明子。順位は気にせず挑戦者の気持ちで。「屋根の上のヴァイオリン弾き」。速いですねー。3Lzから入りました。2A+3Tはセカンドでステップアウト。3Loも流れよく決まりました。スピンは常に表現を意識したきれいなポジション。いいなー。スパイラルも安定してます。3Fはダブルになってツーフット。大丈夫、どんまい!3F+2T+2Tをここでつけてきました。3Lo+2A+SEQ、3Sとしっかり決めてきました。よしよし。スピンからSlStきた!いやーすばらしい振り付けと音楽、鈴木の表現の強い意志が一体となってますね。すばらしい!クオリティの高いスピンでフィニッシュ!よっしゃよっしゃ!いい演技でした!FSで鈴木の演技は十分にできた。ジャンプのミスがありましたが表現は伝わりました。おつかれさまです。175.96。
富井の早送り技術ももう神の領域に達してますね。もうポーズをとってポエムがしゃべり終わった(であろう)タイミングにばっちりあわせてきます。頼れる上司。ポエムキラー。
鈴木真梨。「シェヘラザード」。3Sから入りました。3Fはシングルになりました。コンビネーションにならず。2Loからスピン。I字スピンのポジションはとてもきれいです。SlStはジュンジュンのいうように大きく大きく体を使ってます。体力いりそうですね。スパイラルはポジションがばっちり決まってます。2Aはシングルになりちょっと手をつきました。転倒じゃなければいいけど。ビールマンスピンのポジションもめっちゃきれいで速い。スピンは得意そうですね。3Tもなんとか。2Fはたぶん最初からダブルなんだろう。1A+2A+SEQはシングルになっても次でしっかり。ドーナツスピンでフィニッシュ。スピンを武器にジャンプがよくなればもっといい選手になれますね。121.65。
長い長い紹介VTRとCMが。そしてまた紹介VTRが。
大庭雅。「だったん人の踊り」。3S+2Tはあまり予備動作なく跳んできます。そして2A+3Loというすごい組み合わせのジャンプ。3Lzも流れがある。回転のキレがあるんですね。複雑なステップから3Sもクリーンです。体操の経験がいかされているのではとジュンジュン。スパイラルからスピン。回転が速いです。つなぎの部分はまだまだよくできそうです。3T、3Loとしっかり成功。ループは得意なんですね。2A+2T+2Loも成功しました!ポエム「決めたぁ~」。それはほんといわなくていいことやから。わかるから。SlStになってもスタミナがありますがステップで転倒してしまいました。あーもったいない。スピンでフィニッシュ。おおっこれはいい演技ですね!てきぱきとジャンプをこなしていき、それにあまり意識を使わないので全体のバランスもとれるという。よくまとまってました。あのステップの転倒は惜しかった。150.47!
友滝佳子。全日本ジュニア2位。「サムソンとデリラ」。3Lo+2A+SEQからきました。3F+2T+2Loもおっけー。ジャンプは得意そうだなと最初にみたときに思いましたがやっぱり。3Lzは成功、3Tも跳んでいましたが転倒。これは惜しい。まずまずの序盤です。スピンは安定してます。つなぎの演技から3Loはおっけー。スパイラルは軌道がなめらかです。3Sも成功。スピンは速いですねー。最近の選手はみんなスピンがうまい。なんでやろ。2A+2Tを決めてSlSt。だいぶ疲れてきた感じがあります。がんばれがんばれ。レイバックポジションもきれいなスピンでフィニッシュ。あの3Tだけでしたねー。惜しかった。でもジャンプも得意でスピンもいけるとなれば、このまま上にいけそうですよ。133.17。
毛間内かれん。全日本ジュニア4位。チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」。最初の滑りがきびきびしてますね。スピードに乗ってる。1A+1Tになってしまいました。2Aは跳んでおきたかった。3Loはおっけー。3Lzはダブルに。跳び急いでるから落ち着いてとジュンジュン。スパイラルで落ち着いて。スピンは安定してます。3F+2T+2Tはしっかり成功させました。3F、3S+2Tとジャンプ決めてきます。これが本来のジャンプということでしょうか。レイバックからビールマンスピンがてきぱきとポジションチェンジ。やりますね。SlStもリンクをいっぱいに使って大きなステップ。3Tからコンビネーションスピンでフィニッシュ。最初の頃にジャンプを決めていればすごくいい演技になったと思うのですが、後半の安定感ある演技を全体でできれば大きく伸びそう。139.21。
最終グループきましたね。また長らく早送り。
村上佳菜子。勝負のFSになりそうです。がんばって。「マスク・オブ・ゾロ」。ポエムがまた余計なことを。ゾロは謎は解きませんよ。3T+3Tからしっかり決めてきました。黙れポエム。3Lzは軸が傾きましたがしっかり降りましたね。スピンも軸がしっかり決まってます。3F+2T+SEQはジュンジュンがポイントに上げていましたがばっちり決めました。黙ってポエム。いわなくていいことはいわないで。スピードある滑りから3Fも流れのあるいいジャンプ。スパイラルから3Loも決まりました。2Aも成功。今日はいい気合いのノリがあります。3S+2Lo+2Loも跳んできました!しっかり準備してきたんですねー。SlStも大きな躍動感ある演技。これもすごくうまくなってます!I字スピンでフィニッシュ!うわー!きたきた!ばっちりの演技きました!この大舞台でこの演技ですか!187.52!これは大きい!
浅田真央。今の演技のあとですが大丈夫でしょう。難しいジャンプは跳ばないで!リスト「愛の夢」。スピードに乗った滑りから3A!しっかり決めました!3F+2Loも確実に跳んできます。よしよしいいぞ。イーグルでもすごいスピードだ。3Lzもおっけー。慎重に慎重に。180度開脚のスピンも見事。そして滑り自体のクオリティも高いです。2A+2Tにした判断はベリーグッドです。3F+2Loを決めてスパイラル。大きく雄大なスパイラルです。次は2Sになりました。スピンからSlSt。すごい!この濃密なステップの中に愛の夢が表現されているんですね。3Loを決めて最後は高速ビールマンスピンでフィニッシュ!うわー!ベリッシモな演技!ジャンプをしっかり決めるだけでなく、ちゃんとプログラムのテーマも追求していたんですね。さすが浅田、さすが佐藤先生です!193.69!ありがとうございます!よかったよかった。
庄司理紗。今のあとではやりづらいと思いますががんばって。映画「サイダーハウス・ルール」より。3Lzはダブルに。2A+3Tはキレあります。ポエム黙って。もうそのことはジュンジュンがいってるから。オマエが一般人の心を取り戻せ。3Fはあぶなかったですがまずまず。スピンはまったく軸が動きませんね。どうして最近の選手はみんなうまいのか。SlStは滑りの良さですぐ終わってしまう感じ。なめらかですねー。ジュンジュンが無駄な音がしないと評価。3Lo、3Lz+2Tを決めてきました。よしよし。ビールマンスピンはとても回転が速い。イナバウアーから3Sも流れがあります。3T+2T+2Tを跳んで最後はジャッジの目の前でフィニッシュ。なるほど次代を担う逸材というところを見せてくれましたね。165.82。
村主章枝姉さん。空気読まずにいってください!「シェヘラザード」。3Lz+2Tからきました。よっしゃ。複雑なステップからの3Fもおっけー。よしよし。3Sはダブルになりましたがいい序盤。スピンはポジションチェンジがスムーズ。つなぎの部分もちゃんと演技してるし、スパイラルも軌道がなめらか。まだまだ若いやつらには負けんぞ。3Lzは成功するも次の3Fで転倒。おしい。跳び急がないで!3Fはダブルに。2A+2A+SEQは決めました。スピンからSlStは半分は右足だけで。しっかり曲をとらえてますし表現してます。もうちょい、がんばれ!最後はI字スピンでフィニッシュ!よっしゃよっしゃ!やってくれました村主姉さん!この全日本でしっかり存在感を示してくれました。普通にうれしい。ありがとうございます!154.90。
安藤美姫。グリーグ「ピアノ協奏曲イ短調」。3Lz+2Loからきました。自重してますね。確実に確実に。3Loは高さがありました。スピンもしっかりレベルをとりながらきれいなポジションで。つなぎの部分もしっかり演じています。ジュンジュンもポエムの死の呪文に影響されたのか、空虚なことを言い始めてます。しっかり。2A+3Tも成功させました。よしよし。3Lz、3Sとしっかり確実に。この堅実感、安定感、すばらしいですね。3T、2A+2Lo+2Loとジャンプはすべて成功!SlStはチェンジオブペースで物語を作り出してますよ。最後のスピンもきっちり決めました!おっしゃ!パーフェクトな演技でした!派手なガッツポーズでました!ここで完璧な演技!202.34!逆転しました!モロゾフと不思議なぬいぐるみを小脇に抱えて祝福。ちょっとしたサーファーみたいでした。
西野友毬。うーん今のあとでは滑りづらいと思いますが気にせず。バレエ「海賊」。いい音楽使いますね。3Lz+2Tはいいジャンプ。3Fは転倒しました。3Loはしっかり踏ん張りました。ドーナツスピンもきれい。回転速度もあるし。ポエムはしゃべる気はないみたいですね。最初からそうしてくれればいいのに。3Lzは成功、2A+2A+SEQも決めました。うわまたしゃべりはじめた。スパイラルはゆったりと曲にあわせた演技。3T+2T+2Loもテンポよく決めてきました。よしよし。3Sも成功。SlStはメリハリのきいた表現が曲調にマッチしてます。いいじゃないですか!最後は足の長さをいかした大きなI字スピンでフィニッシュ。これは1つ転倒ありましたがいい演技でした!これだけ世界観をしっかり出せてるとは。ジャンプもてきぱきしてましたが何より表現にひかれました。大きく伸びてほしい選手です。157.09。
○最終結果:
1. 安藤同志
2. 浅田同志
3. 村上同志
4. 鈴木同志
5. 庄司同志
6. 西野同志
安藤が逆転優勝して日本チャンプに。あのパーフェクトな演技ではそりゃ上いきますよね。脱帽でした。海外選手のような派手なガッツポーズも出るってもんです。世界選手権でもがんばってくれそう。
2位は浅田。シーズン序盤の状態からはこの位置は想像もできませんでしたが、とりあえず世界選手権は決めてくるあたりはさすが横綱。ジャンプの調整はまだ道半ばだと思いますが、これで余裕もできたし、じっくり取り組んでもらえればと思います。
3位は村上。先輩達には実力で及ばなかったものの、ばっちりな演技をしてくれました。この重圧をはねのけた経験は大きくしてくれるでしょう。世界選手権も今日と同じく思い切ってやるだけですよ。その姿が頼もしいです。
鈴木は4位。世界選手権の代表になるにはSPの出来がよくなかったですね。とはいえ鈴木のスケーティングが否定されたわけではないですよ。あの演技を観られた人はきっと伝わっているはずです。四大陸には出られるみたいです。よかった。がんばってほしいです。
5位は庄司、6位は西野。2人ともこの舞台でついに上位にきました。上位の壁はものすごい厚いですが、1つ1つの積み重ねでしかいけませんからね。もっともっと強くなって上位を脅かしてやってください。
そして村主姉さんは7位。ここにしっかり合わせてきてました。伸び悩む選手が多い中で若い連中に割り込んできたのはとてもうれしかったです。若い奴らが出てきても僕らは村主姉さんのことは忘れてない、いつでも待っているのですから。そのチャレンジはまだまだ続く、続けてほしいと思うのですが、求める表現にたどり着くべくがんばってほしいです。
ポエムは演技に集中したい視聴者をあざ笑うように、必要ない情報と空虚な言葉を的確に選んで、視聴者のかんに障るように的確にしゃべってきますね。きっとその技術を他の分野にいかせば喜んでくれる人はいるんじゃないかと思うのですが。ぜひそちらの方で才能を存分に発揮していただきたいです。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

フィギュアスケート全日本選手権2010(4):女子シングルFS への4件のフィードバック

  1. ぎっちょん のコメント:

    ポエム…「リンクは村主の生活空間です」って…?

  2. Aya のコメント:

    全日本興奮しましたね!
    ポエムの戯言はいつものことですが、ポエムはもしかして怪傑ゾロのこと「解決ゾロ」とか思ってないですよね????

  3. おたか のコメント:

    あまり、ポエムは耳に入らない私ですが、気合いが足りなかったのかうっかり耳にしてしまった戯れ言。
    「鈴木明子のサンライズサンセット!」
    恥ずかしながらウケてしまいました。あんまりにも意味がよくわからなくて!

  4. マイク松 のコメント:

    みなさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    >ぎっちょんさん
    聞きました!リンクに住んでるんかと。オマエが住んで氷に埋められてこいと。
    >Ayaさん
    するどいです!>解決ゾロ
    それならしょうがないですよね。これは正義のヒーローとかじゃなくて田舎のローカルワイドショー番組ですけど。
    >おたかさん
    耳に入らないとは修行の成果ですね!
    ポエムはエターナルサンセットとかサンセットフォーエバーとかでおっけーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。