フィギュアスケート全日本選手権2010(5):エキシビション

今年も残すところあとわずかになりました。いろいろありました今年ですが、昨年までと同じく年末年始の特集記事、今年もやりたいと思います。

  • 12/30:2010年の記事を振り返る…タイトル通りです。今年は短いぞ!去年のはこちら
  • 12/31:False Start アワード 2010…2010年で活躍したり変に活躍したり活躍しなかったりした選手を振り返る企画です。今年のアワード最有力はわれわれ自身!去年のはこちら
  • 1/1:False Start お年玉大喜利…お年玉がわりに贈るブログネタです。おこたえしてTBしたり、コメントでお願いします。昨年まではお年玉バトンといっていたのですが、もうどこもバトンとかいってないような気がするので。去年のはこちら
  • 1/2:替え歌ユニット勇み足がお送りする、2010年の替え歌をまとめたアルバム発表。今年は少ないという予感が!去年まではこちら

それよりも早く年賀状を作らなければならないマイク松ですこんにちは。昨日印刷するファイルは作ったのに、プリンタの準備が整いませんでした。お正月配送がピンチ。郵便事業会社がんばって!
今日はフィギュアスケート全日本選手権のエキシビションです。実況がポエムだったら見るまいと思っていたのですが、西岡さんだったのでまあいいかと。存在だけで視聴率を落とす人ってどうなんでしょうか。

フィギュアスケート全日本選手権、エキシビション。実況は西岡さん、解説は荒川姐さんとジュンジュン。
宇野昌磨、13歳のノービスチャンプ。「Fly me to the moon」「聖者の行進」。もう13歳でここまでできるんですか。すげー。3Sとかきれいに跳んでますよ。そしてまたスピンのバリエーションがすごい。そして上着を脱ぎ捨ててSlSt。ぽいぽい軽々やってますよ。そしてクチピーばりのレイバックイーグル。あのお兄さんにあこがれてるのか。3T+2A+SEQも決めてきました。あがー。すげー。がんばって強い選手になっておくれよ。
庄司理紗。世界ジュニア代表よかったですね。「5,6,7,8」。帽子をとって3Sから。また帽子をかぶってうまく小道具として使ってますね。ポジションがとてもきれいでショー映えするスピン。なるほど。帽子をうまく使ってのSlStも表現力あります。3Tもきれい。まだジュニアに本格参戦したばっかりとは思えないですね。2Aからスピンでフィニッシュ。なるほどー。ジュンジュンも14歳とは思えない表現力とほめていました。
鈴木明子。布をかぶって出てきましたね。魔女っぽい。「Ice Queen」。布を取るとベリーダンスの衣装になりました。すげー。3Lzからベリーダンスのパートに。しっかり表現と融合させているのがすごいです。3Sもまったくスケートの流れを切らない。ジュンジュンは鍛え上げた肉体をほめていました。布をうまく使っていますが、なにしろダンスの素養が十分にあるので、ステップと融合したダンスもほんとに見事ですね。荒川姐さんも背中で表現できる選手と絶賛。これはほんと世界レベルの、海外で受けそうなアイスショーでした。さすがです。
全日本のプレーバックが長く。あー。そしてスタジオトークに。あー。CMが。あー。
羽生結弦。U2「ヴァーティゴ」。いい曲選びますね!ウィアーとプルシェンコの一部をしっかり受け継いでますよね。この表現力がすごい。3Tも高さあります。ウィアーの表現への情熱と、プルシェンコのエンターテイメント性か。スピンも音楽を聴きながらまわってますよね。ジュンジュンは普段内に秘めているものを解放しているとのこと。そういうのがあってこそエキシは楽しいですよね。ビールマンスピンも披露、3Sもきれいです。表現したいものがあるからロックは存在する。そのことを羽生に教えてもらいました。シャバイジェイポップで小銭を稼ぐアーティストどもにぜひみてほしい。しびれました。
高橋・トラン。「I will survive(恋のサバイバル)」。いい曲。2Twは高い。高橋・トランの武器ですよね。StLiは大きなリフト。2LoThからRoLi。競技会でも使えそうな構成ですが、ちゃんと見せる演技になっているのがいいですね。イーグルのCuLiもとてもよかった。Dsから最後はジャイアントスイング?でフィニッシュ。これはいい演技でしたね。技術もみせてくれたし、しっかりエキシとしての表現もあったし。これでペアのおもしろさが伝わったのではと思います。
リード姉弟。「タイスの瞑想曲」。ゆっくりとショートリフトをするのがとても雰囲気にあっててよかった。SlLiも丁寧に表現してます。CuLi+RoLiもキャシーをきれいにみせるクリスのホールドが安定しててよかった。クリスもしっかり鍛えているみたいですね。荒川姐さんもこの曲を選んでくるというのが充実ぶりを示しているとのこと。確かに。少しずつ少しずつうまくなってくれれば。
高橋大輔。映画「アメリ」より。ランビエールが振り付けてるらしいですよ。確かにそれっぽいところがそこかしこに。にやりとします。でも高橋の表現もとても叙情的。3Fもきれいです。3Aも跳んできてますね。ステップ部分もきれいで、どんな音楽にしてもふさわしいステップの表現ができているんですね。スピンはとてもいい物語を紡いでましたね。この曲がとてもいいのに加えて、いい表現ができてました。すばらしいです。アンコールでまた「ある恋の物語」のSlStを。アップテンポでは観客を熱くするステップを。両方みられてお客さんもよかったですね。グレイトでした。
村上佳菜子。いすを使う演技。映画「NINE」より。こういう表現が妙に似合うのもいいですよね。3T+2A+SEQを軽々と決めるし、3S+2Lo+2Loも決めるし。タンバリンをもっての表現もなんか雰囲気ありますよね。そのままスピンからSlSt。タンバリンのタイミングもしっかりあわせてるし、ちゃんと練習してるんですね。いすを移動させて3TからI字スピンでフィニッシュ。なんだこの雰囲気。すごいですね。アンコールで映画「マスク・オブ・ゾロ」のSlSt。あの演技の後でもしっかり迫力ある戦いのシーンを演じていました。このスタミナも頼もしいところです。ありがとうございます。
インタビューはとばしますよ。
織田信成将軍パパ。なんだその遊び人みたいな衣装は。爺は許しませんよ!ジェイミー・カラム「I Could Have Danced All Night(一晩中踊れたら)」。3Loは軽々と。ステップからの3Aも余裕がありました。もういっそエキシではコンビネーション7連発くらいやってしまえばいいのに。いくらやってもおこられませんよ。スピンの回転も速い。動きが軽やかですねー。3Tもステップと変わらないくらいの軽さ。やわらかさもアピール。滑りのなめらかさと軽やかさで雰囲気を作り出しています。ここまでのスケーティングができるのはさすが将軍。これはすごいですねー。なんか何気なくやってますがこれはすごい。アンコールで吉田兄弟「ストーム」がかかりました。またパーフェクトなスピンからSlSt。エキシで演技の部分を見ると、いかに難しい構成になっているかがよくみえますよね。さすがでござる殿。
浅田真央。ショパン「バラード第1番」。なかなかこっちの練習に時間が割けなかったかもしれませんが、シンプルな構成でもみせますねー。3Lz、3Loも難なく跳んできます。普通に滑っているのにもうエンジンのよさだけで楽しめるというか。横綱の土俵入りは美しいぞというか。ベーシックな演技だけでみせるのは難しいとジュンジュンと荒川姐さんもいってるみたい。アクセルの連続からコーエンばりのスパイラルもみせつつ。醸し出す演技でショパンのピアノが寄り添っていくようでした。すごいな。アンコールでリスト「愛の夢」はこの衣装でみるとまた違った雰囲気があります。ビールマンスピンもほんとにきれいでした。ありがとうございます。
小塚崇彦。相変わらずシンプルな衣装です。ジョン・メイヤー「Free Fallin’」。有香ちゃんが作ったんでしょうか、なんかそれっぽいですが。とにかく小塚の滑りの美しさを存分に味わえるプログラム。3Lz、3Sと軽やかに跳んで、そのあとはエッジワークの軽妙にして流麗なところを堪能できますねー。イーグルも本当に流れるようで。それだけでみせるのはホンダバン以来です。荒川姐さんは利き足があるのに両足同じように使えるのが小塚のすごいところだと評価。なるほどー。2Aから高速スピンでフィニッシュ。いやーすばらしかったです。やっぱり有香ちゃんの振り付けなんや。アンコールは「ソウルマン・メドレー」のステップ。いやーパトリックちゃんと同じ、自由自在の領域に入ってきているのかもしれないですね。世界選手権も楽しみです。
安藤美姫。こちらも白の衣装ですね。「Why do people fall in love?」。こちらもシンプルな構成ですが、2Aは高いですね。この曲のヴォーカルが今の安藤にとてもあってるような気がします。曲もよく聴いてるし、普通に滑っているだけで十分にみせるものがありました。手の表現がよくできてましたね。アンコールは映画「ミッション」より。こちらはよりやわらかな表現でした。エキシというのがそれを作り出してますね。力強いI字スピンでした。
エキシもいろんな見せ方ができていて、とても楽しかったですね。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

フィギュアスケート全日本選手権2010(5):エキシビション への4件のフィードバック

  1. YM5 のコメント:

    とうとう年末ですね。
    毎年楽しみにしております。
    大賞は二者択一のようですが、M兄もFredEx(そんなニックネームがあるようです)みたいになっちゃいましたねえ。
    まさかFredExから返事を貰えるとは思いませんでしたが、brotherと言われても、ミッチェル兄さん……M兄とか言いたくないなw

  2. おたか のコメント:

    実況が西岡さんだった事はきっと抗議が殺到したからに違いない!と思っています・・
    それでもちょっとだけ「黙って〜〜」と思わないではないですけど、おおむねここちよく見る事が出来ました♪よかったよかった

  3. Aya のコメント:

    西岡さんなので安心してみることが出来ました。
    西岡さんのしゃべりは許容範囲です。少なくともスケーターを尊重しているし、愛あるコメントが多いので。
    間違っても自分の考えたポエムの発表の場にはしていないし、彼がちゃんとスケートを楽しんでみているのが
    好感持てますね。

  4. マイク松 のコメント:

    みなさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    >YM5さん
    そんな運送会社みたいな名前になってるんですね。もういっそ運送会社やればいいのに。働いて。
    >おたかさん
    別に西岡さんが超うまいとかは思わないですが、喫茶店で薄いコーヒーを出されても、もう1つは重油ですよという感じですからね。薄くても飲みます。
    >Ayaさん
    西岡さんにはあいつとオレは違うという気持ちをいつももっていてほしいですね。下克上や!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。