カーリング男子日本選手権2022:長野県CA×SC軽井沢クラブ

糖質カットのパンをたべたマイク松ですこんにちは。最近そういうのばっかり探してます。なんか食べ慣れないフレーバーですが、でもまずまずおいしかったです。

カーリング日本選手権は男子のSC軽井沢クラブ登場。今強いらしい。

カーリング男子日本選手権、長野県CA×SC軽井沢クラブ。実況は小山さん、解説は宿谷さん。SCは小泉、山本、山口、柳澤。山口がサードにまわるという決断は、スイープの強化につながっているらしい。というか現在首位だそうです。長野県CAは甲斐、清水、佐藤、速水。宿谷解説してくれるんや。

第1エンドは中に入れて打ち合い。SCの山本は15歳です。長野のラストストーンはピールになりましたが、SCスルーでブランクエンドになりました。

第2エンド、長野は中に入れてきますが、SCはコーナーガードを置いて後ろに置いてきます。長野がガードにあてたあと、左右に配置したSCが複数点の形。しかし最後のショットでダブルテイクアウトが偶然決まり、SCは2点とりました。

第3エンド、長野がテイクアウトがうまくできず、またストーンが近づいたところを山口がダブルテイクアウト。2点をみせて長野がヒットステイを狙いますが、ピールになってSCが1点スティールしました。

第4エンド、ガードは置きますが、中央付近でフリーズ合戦に。割れたところをまた山口がダブルテイクアウトを決めてる。のってますね。また複数点をみせて、今度は長野が1点とりました。

第5エンド、今度は長野が2つみせています。うまくダブルされないところに置いていたのですが、まさかの自分たちのストーンを出してしまいました。SCが2点とりました。

第6エンド、中央をとりあう展開で、長野がいいところにフリーズしたのですが、山口がヒットロールでフリーズ成功。今日は絶好調ですね。長野もストーンをおいていたのですが、またシューターを残せず。今度もSCが1点スティールしました。

第7エンド、このゲームずっとですがクリーンな展開に。てきぱき進んでいきます。長野は後ろにあるストーンをバックガードにしたかったのですがうまくいかず。長野が1点とらされました。

第8エンド、ガードをお互いに置いていきます。長野もダブルセンターガードを置くのですが、ちょっと近づくとすぐダブルテイクアウトされます。テイクがうまくいかなかったところをSCがうまく作って3点とりました。これで長野がコンシード。長野県CA 2-9 SC軽井沢クラブ。

SC軽井沢確かに強いですね。山口がサードになってこんなに変わるのか。スキップよりも強さを優先したら、いきいきしたチームになってます。長野県CAは相手が悪かった。

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。