カーリング女子日本選手権2022:富士急×フォルティウス

最近小食でも平気になってきたマイク松ですこんにちは。いい傾向です。目標達成したら元に戻したいです。

さて、カーリング日本選手権、今日は富士急×フォルティウスです。気合い感じますね。

カーリング女子日本選手権、富士急×フォルティウス。実況は筒井さん、解説は市川さん。フォルティウスはおなじみ船山、近江谷、小野寺、吉村。富士急はなんと小穴がご懐妊(おめでとうございます!)ということで、苫米地さん、石垣、小谷妹、小谷姉。苫米地さんの力を借りて、小穴妹がサードスキップです。たのしみ。

第1エンド、両チームともガードを置きました。遠いガードの後ろをいちおう狙う感じで。でも途中から打ち合いになって、ブランクエンドになりました。

第2エンド、富士急は途中からコーナーガードをつくって、フォルティウスはセンターガード。ヒットロールの応酬になるが、先にうまく決めたのが小谷妹。そこから2点パターンを作りますが、フォルティウスのストーンをテイクできず。しかしその後は2点がみえた形で、しっかり2点とりました。

第3エンド、最初はハウスの奥でフリーズしていましたが、一度こわしてからはガードの後ろに回り込む展開。でも両チームともショットがうまく微妙に決まらないところ。ガードにひっかけあったり、のびすぎたりしてる。最後の吉村のショットがうまく決まって、フォルティウスが2点とりました。

第4エンド、ガードの後ろにうまく回り込んだ富士急のストーンをフォルティウスがランバックでテイク。打ち合いでクリーンになり、ある程度ブランクを見据えた展開。しかし富士急がガードに当ててしまい、フォルティウスが2点見せてきました。簡単ではないショットでしたが、富士急が1点とりました。

第5エンド、フォルティウスは中に入れて、富士急はセンターガード。前のガードもなくなって、中に作り合う展開。周辺に散らばったお互いのストーンがいい形になっているが、富士急は勝負のダブルテイクアウトを決めきれなかった。逆にフォルティウスがしっかり決めて、2点とりました。

第6エンド、前にガードを置いてその後ろをお互いに狙い合う展開。フォルティウスはダブルを狙いたいのですがなかなかうまくいかず。その中でも1点をとらせたい形はつくったのですが、どのストーンも同じくらい。最後のショットを富士急が投げたあとで全部メジャーした結果、富士急が2点とりました。そうだったか。

第7エンド、ガードがなくなってハウスの中にストーンをおきあう。中央付近にフォルティウスが横並びにストーンをおいてきた。富士急はタイムアウトで小穴を呼んでまで検討したのに、フォルティウスに3点チャンスをあげてしまいました。ところがフォルティウスのラストストーンは富士急のストーンに当たってしまい、それが中央に。富士急が1点スティールしました。うそやん。

第8エンド、ハウスのセンターライン上に富士急のストーンがタテに並んできます。このままでは大変ですが、小野寺がスイーパーの力もあって、ばっちりのカムアラウンドを中央に決めました。富士急は2点目を防ぐためにフリーズしたいのですが決まらず。フォルティウスがドローで2点をとりにいきますが、ショートして1点止まり。結構いい感じのウェイトかと思ったら、止まってしまいました。

第9エンド、フォルティウスはセンターガード、富士急は中に入れてきます。そこから富士急のストーンがハウスにたまる展開。フォルティウスは前にひっかかってしまい、最後のショットもガードにかかりました。ラストストーンはしっかり1点追加して、富士急が4点のビッグエンド!ここでさすがにフォルティウスもコンシード、富士急 10-5 フォルティウス。

いい戦いしてるじゃないですか富士急!小谷妹のマネジメントがとてもよかったし、作戦が堅実でしっかり自分たちのできることをやってるというインタビュー通りでした。むずかしいこともできないしな。これで富士急はすごい底上げができて成長するかも。フォルティウスは前半はよかったのですが、後半になってなかなかアイスの変化についていけなかった感じ。どんまいです。

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。