カーリング男子日本選手権2022:常呂ジュニア×札幌国際大学

もう明日からプロ野球は交流戦です。いつ見に行こうかなと考えているマイク松ですこんにちは。なんとかヤクルト戦を見に行く方法はないかと考えてるのですが…。

こちらはあいにく無観客ながらも盛り上がっているカーリング日本選手権、今日は常呂ジュニア×札幌国際大学です。

カーリング男子日本選手権、常呂ジュニア×札幌国際大学。実況は飯塚さん、解説は岩井さん。常呂ジュニアは中原弟、中原兄、上川、前田兄。前田弟はころなで欠場のよう。札幌国際大学は新野、荻原、佐藤、青木。カナダ帰りの佐藤がサードスキップです。

第1エンド、まだアイスをつかんでいる段階で、中に入ったりガードにしたりしています。ブランクエンドになりました。

第2エンド、常呂はダブルセンターガード、国際大はコーナーガード。コーナーにフリーズ合戦になってきました。常呂ジュニアはワンツースリーを作り続ける展開。国際大はヒットロールで1点というところでしたが、ピールになってしまい、常呂ジュニアが1点スティールしました。

第3エンド、お互いに中央に置いたところで両チームのガードがなくなりました。常呂ジュニアはハウスの左右に2つ置いて2点パターンを作っています。しかし前田のショットが伸びすぎて国際大チャンスも、テイクショットがピールになりました。お互いにショットが決まらず、結局ブランクエンドになりました。

第4エンド、常呂ジュニアはダブルセンターガード。国際大はコーナーガードからカムアラウンド。2エンドと同じですね。コーナーにフリーズ合戦になるかと思ったら、常呂ジュニアがテイクしてきました。そこから常呂ジュニアのガードが効いて、国際大がガードにかけまくっています。大量スティールもあるかという形でしたが、最後のガードが短すぎて、青木がノースイープでばっちり1点とりました。

第5エンド、常呂ジュニアは中原兄がてきぱきとガードをテイクしていきました。そしてランバックで国際大のストーンを一掃。国際大は前にあるストーンの後ろにカムアラウンド。常呂ジュニアはランバックで狙いますがうまくいかず、国際大が2点パターンを作りました。常呂ジュニアが1点とりました。

第6エンド、常呂ジュニアがセンターガード、その後ろでストーンを積み合う展開。青木がスイープの途中で転倒してしまいましたがなんとかだいじょうぶ。気をつけて。お互いなかなかいいショットができず、最初の国際大のナンバーワンが最後までテイクできず。最後にドローで、国際大が2点とりました。

第7エンド、国際大はセンターにガードを積んできましたが、中原兄がそのガードを一掃しました。すごい。国際大は2つみせているのに対し、常呂ジュニアはどうもばっちりのショットができない。苦しかったですが、国際大のラストストーンがピールアウトしてしまいました。これでブランクかと思ったら、常呂ジュニアのラストストーンが出し切れず。国際大が1点スティールしました。もったいない。

第8エンド、常呂ジュニアの最初のフリーズはうまくいった。そこからお互いに相手の狙いを崩そうとします。常呂ジュニアはなかなかショットを決めきれない。その間に国際大は中央にどんどん入れてきます。青木のいいショット。常呂ジュニアは遠くからの斜めのランバックを狙いますが、1つ出し切れず、国際大が1点スティールしました。でもあやうく全部テイクできるところだったわ。

第9エンド、常呂ジュニアはコーナーガードの後ろを攻めます。国際大はガードをはずして、佐藤がダブルテイクアウトを決めました。なんとか形を作りたかったのですが、青木のパワーショットでハウスの中のストーンが一掃されました。結局このエンドはブランクエンド。

第10エンド、常呂ジュニアはコーナーガード。その後ろに隠しにいきますが、国際大はみえていればしっかりテイクしてきます。常呂ジュニアは最後の望みを託してガードの後ろに回り込みます。国際大はごちゃっとまとめて出されるのを防ぎます。よく考えて最後は斜めのランバックにいきますが、全部は出せず。国際大が2点スティールして試合終了。常呂ジュニア 2-7 国際大。

初戦の常呂ジュニアはさっぱりでしたね。大事なショットが決めきれなかった。国際大は絶好調というわけでもなかったですが、着実なプレーで勝利しました。佐藤の加入で攻めるチームになったそうで。プレーオフに残りそうですね。

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。