カーリング女子日本選手権2022:ロコ・ソラーレ×中部電力

コーラックII買って飲んだマイク松ですこんにちは。あまりこの手の薬は買わないんですが。ほんとに効くんかなと思ったくらいから効いてきました。さすがです。

さて、今日からカーリング日本選手権をみていきます。…カーリング?もう5月なのに?暑いよ?と思われると思いますが、今年の日本選手権はオリンピックの影響でこの時期になったそうです。なんかチームとかみててもいろいろあって大変。特設サイトは結果が出てるので、見ないようにしながら上のコンテンツのリンクからみるといいでしょう。

今日はロコ・ソラーレ×中部電力のビッグマッチ。いい試合になるでしょう。

カーリング女子日本選手権、ロコ・ソラーレ×中部電力。実況は曽根さん、解説は市川さん。いきなりビッグな組み合わせ。LSは不動のメンバー、中電は石郷岡、鈴木、中嶋、北澤。世界選手権の無念さをここで晴らしたいですね。鈴木が2人いるので、LSは鈴木、中電はみのりにします。いうときあるかな…。

第1エンド、ハウスの中での打ち合い、様子見というところですね。最後はピールでブランクエンドになりました。

第2エンド、中電はセンターガードを置いてきました。ガードの後ろに置き合う展開。LSはランバックみたいになって中央の中電のストーンがテイクできなかった。吉田姉がようやくダブルテイクアウト成功。中電は中央のストーンは守らず後ろに隠してきます。LSのショットは中央をテイクするも自分がナンバーワンになれず。中電のラストストーンはTラインの後ろにいってしまいます。LSのラストストーンはガードに当たりましたが、なんとか1点とりました。

松村兄がコンサドーレを離れてTM軽井沢に入るらしい。そして今回はLSのコーチになっています。いろいろすごいな。

第3エンド、LSはダブルセンターガード。中電はウィックにいきますが、2つのストーンのぎりぎりを抜けてスルーになりました。LSのストーンがたまる展開。そこからフリーズ合戦になります。LSのラストストーンはガードにかかって、中電の1点は確定で、2点目を狙います。北澤のドローがばっちり決まって、中電が2点とりました!これはすごいショットでした。

第4エンド、中電はハウスの中のストーンにガードを置いて、LSがテイクしようとする展開。鈴木はすごい調子がいいのか、まっすぐ当てて入れ替わるだけになっています。お互いのストーンをテイクして、ハウスの周辺に散らばるところで、中電はLSのストーンをバックガードにいいドローを決めました。LSは同じようなドローを決めて、中電はテイクにいきますが、ぎりぎりガードにかかってしまいました。LSはウェイトが速かったが、いいコールで自分たちに当てて2点とりました。判断が早い。

第5エンド、LSはセンターガード、そこから打ち合いになっています。スキップの前で中電がドローに切り替えました。LSは一度はテイクできましたが、ラストストーンはテイクできず。中電が2点とりました。

第6エンド、ガードは置きましたが、みのりのダブルテイクアウトが決まったあとはお互いに打ち合う展開。結局ブランクエンドになりました。

第7エンド、中電はダブルセンターガード、LSはウィックからコーナーガードに。中電が2点みせて1点とらせる形をつくっていきます。なかなかその形が変えられなかったのですが、LSが斜めにランバックを決めて、逆に2点パターンを作りました。しかし北澤のドローがばっちり決まって、LSは出せず。でもスティールではなくLSが1点とりました。これは中電にとってもよかったか。

第8エンド、ガードが前にいくつかあって、その後ろをめぐる争い。中央を取り合う形だったが、中嶋がシューターを含めすべてのガードをテイクするミラクルショット。キセキレベル。思わずLSもタイムアウトとりました。藤沢のダブルテイクアウトは悪くはなかったのですが、逆に中電がダブルテイクアウトを決めると2点のチャンス。しかしわずかに当たりが悪く、結果的にLSが1点スティールしました。これは痛すぎる。

第9エンド、中電が中央付近に2つつくります。LSのショットがガードにかかって中電1歩リード。と思ったらLSのばっちりフリーズで形勢が変わります。そこで中嶋のテイクショットでまたいい形を作りました。いいところに置き合う展開でとてもレベル高い。中電はタイムアウトとってよく考えました。ショットはまずまず。逆にLSは真ん中にしっかり入れてきました。中電はラストストーンでテイクを狙いますが及ばず、LSがまた1点スティールしました。

第10エンド、LSは中に入れてきます。中電はコーナーガード。ガードが前にたまって、ガードの後ろをうまく狙ってきます。大事なところでLSはいいところに置いてくる。中電のラストストーンはランバックから中央を狙い、当たったのですが、結局LSのストーンが残ってしまいました。LS1点スティールで試合終了、LS 7-4 中電。

中電最後は負けてしまいましたが、十分いい試合ができるくらいの力はもってますね。決勝には残ってくるでしょう。こういう好敵手がいるとLSの強さが際立ちますよね。ほんとに粘り強くストーンを置いてきます。さすがですね。

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。