もとオリパゥワー月例レポート:セイヤもオリックも調子悪い

世界ネコ歩きのシアトル編をみて、シアトルいきたくなったマイク松ですこんにちは。ねこはいないと思うけど。

さて、4月のメジャーデビューからスタートダッシュを決めた、CHCのスズキセイヤですが、5月の打率は1割切っているらしいです。最初からこういう感じじゃないかと思っていたのですが、やはり最初はもとオリパゥワーを使っていたことがこれで立証されたといっていいでしょう。

世界中から「なぜセイヤはもとオリパゥワー使えるの?」という問い合わせも多いのですが、そのメカニズムは現在調査中です。しかし神ってる現象からMLBの週間・月間MVPまで、スズキセイヤの活躍を支えているのがもとオリパゥワーだということは確証は高そうです。

ではなぜ今セイヤの調子が急降下しているのか?それはオリックの試合を見れば明らかです。シンコロ蔓延です。なんか知りませんがオリックでシンコロが蔓延し、ベストメンバーをそろえられなくなっています。それもあって今日も負けて7連敗。そりゃ大変ですが、まあ病気には勝てませんからね。これが影響していると考えていいでしょう。

まず現在は主要なメンバーが少ない。スギモトとかフクダとかアダチとかTさん(こっちはけが)とか、もとオリパゥワーの源泉となる選手たちが凶世羅ドームにいないので、供給源が断たれているのです。蛇口をひねっても水が出ないみたいな。そりゃセイヤも調子落としますね。

なおかつ現在オリックが連敗してる。もとオリパゥワーを凶世羅ドームが生成するとオリックの調子はどうなるか。正直関連は薄いのです。なぜならもとオリ戦士が活躍するともとオリパゥワーは吸い取られていきますが、彼らが調子いいときも悪いときもオリックは弱いからです。でも弱いときよりは強いときの方が影響はあるでしょう。今オリックは連敗中。さすがに蛇口の水もちょろちょろでしょう。

ということでスズキセイヤの調子を上げるには、オリックのシンコロ蔓延を止めるという、国境を越えた因果関係、オリックバタフライエフェクトが考えられるのです。いかにCHCが再建中でも、オリックに塩を送るくらいの財政的余裕はあるでしょう。何かできることをやってあげてください。なんならスズキセイヤの契約に含めてもだいじょうぶですよ。代理人はご検討下さい。

加えてオリックもセイヤのためというより自分たちのため、シンコロを撲滅する必要があります。独自の対策、通称オリックマンボウを発動するのです。早いとこ頼みますよ。

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。