大相撲1月場所2011:11日目

富井が中東の笛っていう笛があるんじゃないかといっています。吹いたらみんなが踊り出すような。確かにそれは要警戒だなと思ったマイク松ですこんにちは。ジャガーさんに吹いてもらおうぜ。
今日は残業が長引いたのでダイジェスト的にてきぱきみます。楽して勝とう相撲や注文相撲はほんとにぱっぱととばします。

11日目。実況は山口さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が宮城野親方。リポートは東が刈屋さん、西がゴッド岩佐。
若荒雄×木村山。どっちも押していなす力士同士。やっぱり若荒雄も突き押しながら木村山にいなされてどん引き。そのあと押し合いになるが、最終的には突き押しの強さで木村山が押し倒しました。
蒼国来×猛虎浪。猛虎浪突き押しから左四つ。両者とも右四つ十分らしいですが、がっぷりで膠着状態に。引きつけて出たのは猛虎浪ですが寄れずまた中央に。まわしがのびてきたところで逆に蒼国来が寄って寄り切りました。長い相撲になりましたがいい一番でしたね。
光龍×黒海。光龍の突き押しをディフェンスしていた黒海だったが、引いてしまい押し出されました。引いたらどうにもならんですね。
豊響×霜鳳。グレートホーンからぐぐっと押していく豊響。霜鳳もつかまえようとしますが押し出されました。力強い押しでしたね。
翔天狼×豊桜。豊桜の注文相撲。はー。
隠岐の海×若の里。左四つから若の里が上手をとりました。隠岐の海の上手はしっかりブロックしていますね。隠岐の海も上手をとりにいきながら下手投げでゆさぶります。若の里の寄りを下手投げでうまくしのいでいますね。膠着しますが若の里が出たところで隠岐の海が下手投げ。若の里も上手投げでいきますが及ばず。粘り強いいい相撲でした。若の里よくやりましたが、下手でうまく逃げられてしまいましたね。
栃乃洋×時天空。時天空離れてとろうとしますが、頭をおさえて引いたところで栃乃洋が左を首に巻いて一気に出て寄り倒しました。よく足が出てましたね。あの不完全な体勢でも出ました。
琴春日×土佐豊。琴春日の突き押しに土佐豊とってた前まわしも切れてしまいます。そのまま出されるかと思ったら琴春日も押し切れず組んでしまいました。そこからじわっと形勢逆転、土佐豊がなんとか寄り切り。星が挙がらないですが粘り強く乗り切らないとですね。
豪風×白馬。白馬右に変化しますがもちろん通じず。しかし入れ替わって突き押しながら潜り込んでくいつきました。寄り切り。しまらない取組ですのう。
旭天鵬×雅山。右四つになりました。左上手をとって万全の旭天鵬。雅山が出てくるところで反動をいかして上手投げ。今日はいい形になれましたね。
高見盛×朝赤龍。立ち合い今日はすぐ人造人間が二本差しました。左を電磁エンドで返して一気に寄ります。もう足がでていますが双方気付かず、最終的に寄り倒しになりましたが、その前に寄りきりで勝負はついてました。
豪栄道×北太樹。初顔らしい。何回もやってるイメージあるけど。立ち合いすぐ左四つから左下手、右前まわしとゴーエードーの形。さすがにここまで十分になれば北太樹もきついですね。粘りますが寄り切り。
豊真将×臥牙丸。ガガにまともに当たった豊真将。突き押しをうまくあてがってしのぎ、足がそろったところでうまく引き落としました。真っ向勝負の豊真将、いい相撲でした。
栃ノ心×徳瀬川。左四つから巻き替えて徳瀬川がもろ差しになりました。栃ノ心をつりだし。腰をいためているのにつり出しましたね。大丈夫かな。
豊ノ島×安美錦。アミーのもろ手をやわらかくしのいだ豊ノ島が、左を差してすくいなげからかいなをつきつけるように出ました。ようやく豊ノ島もいい相撲がとれるようになってきましたが。
阿覧×鶴竜。右四つから阿覧が先に上手をとりました。鶴竜は苦しい体勢ですが上手をとりました。阿覧がつりあげようとしたところで鶴竜が外掛け。とことこ歩いて行って阿覧の足が出ました。おもしろいな。
栃煌山×嘉風。嘉風当たってすぐ引きますが、栃煌山ついていって押し出し。と思ったら物言い。栃煌山の手がついていて、協議の結果取り直しになりました。確かにとんでる嘉風のところも考慮されたか。取り直しの一番も嘉風がガムシャラに当たって引き、当たって引き。栃煌山もついていけませんでした。はたき込み。
琴奨菊×把瑠都。右四つで左上手をとった把瑠都。菊も苦しい体勢だったが、さっともろ差しになりました。がぶってがぶってがぶってナンボ。(もろ差しがぶり虫)
魁皇×玉鷲。今日は玉鷲徹底的に突き押して距離をとります。一度離れてまた突き押し。魁皇も離れたところでボクサーっぽいステップを踏んでました。かっこいい。でも玉鷲が押し出しました。作戦勝ちですね。玉春日の突き押しと玉乃島のあてがいが出てました。実況席もフットワークに大受け。魁皇は右肩を痛めていてかなり痛いらしいです。
琴欧洲×日馬富士。押し込むハルマ。しかしカロヤンが上からまわしをとって出し投げで崩して寄り切り。落ち着いていましたねー。前に出る気持ちがいいです。
白鵬×稀勢の里。キセとの再戦。白鵬も気負わなければよいのですが。立ち合いまわしとれず。キセが右のおっつけで崩し、突き押して前に出ます。白鵬下がったところをキセ押し出し。うーん気負いましたねー。立ち合いの踏み込みもなかったし、相撲の流れもなくばらばら。人間らしいということなんでしょうか。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。