大相撲1月場所2011:6日目

「右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい」。神戸新聞キレてるなあと思うマイク松ですこんにちは。すばらしい募集広告。僕らも同じようなの作ろう。

  • 右の力士がいまいち8勝7敗続きの理由を3つあげなさい
  • 右のカントクがいまいち抽選ではずれる理由を3つあげなさい
  • 右のバッターが3割100打点打ってるのにブーイングされる理由を3つあげなさい
  • 右のオフェンスコーディネーターがいまいちHCになれない理由を3つあげなさい
  • 右のフィギュアスケーターがいまいちジャンプの回数を数えまちがえる理由を3つあげなさい

今日は6日目。いまいち白鵬を破って優勝する力士がでてこない理由を3つあげてほしいです。

6日目。実況はゴッド岩佐、解説は正面が北の富士さん、リポートは東が刈屋さん、西が船岡さん。
現在の成績、5-0に白鵬、若の里、栃乃洋と並んでいます。結構おもしろいですね。
黒海×豊響。豊響のグレートホーン炸裂。黒海も左四つになんとか組み止めますが、突進は止められませんでした。黒海のひじはだいぶ悪そうですねー。
若荒雄×蒼国来。若荒雄の突き押しに蒼国来押されながらもしっかり対応。いなしもしのいで右四つに捕まえます。引きつけて寄りますが、若荒雄はうまく距離を取りながらいなしで対応。そして土俵際で肩すかし。うまく仕留めました。いい一番。若荒雄の取り口も力強いし、蒼国来は稽古十分で動きがよかった。
豊桜×琴春日。豊桜左に動いていきますが、琴春日はしっかり対応して押しだし。ゴッドは変化が癖になっていて効果的でないと指摘。
光龍×栃乃洋。立ち合いすぐに左をねじ込んだ栃乃洋、すぐに強烈なすくい投げが決まりました。今場所は黄金の左のキレがいいですね!
木村山×霜鳳。霜鳳いい踏み込みからつかまえようとしますが、木村山突き押し。霜鳳もしのぎますが木村山はまっすぐ突き押して押し出しました。ほんとに木村山の取り口は正体不明ですね。
雅山×隠岐の海。左四つに組み止めた隠岐の海。腰が重くてなかなか崩れない雅山を、休まず攻めて寄り切りました。境川親方は立ち合いでしっかり押し込んでいると積極性を評価。ゴッド「隠岐の海に求められていたのは境川親方がおっしゃった積極性、北の富士さんのおっしゃる元気ですよねー」。
猛虎浪×白馬。白馬立ち合いで動いていきますが猛虎浪も対応。左四つから両者上手を探ります。先に上手をとった猛虎浪がとると同時に引きつけて寄りきりました。足の踏ん張りがいまいちきかない白馬、機動力を欠いてはどうにもならんですね。
ゴッドの千代の富士と北勝海の逸話を「そうですか」と聞いている北の富士さん。この2人の会話は盛り上がらないけどおもしろいです。
高見盛×翔天狼。つっかけあう両者。5回目でようやく成立するが、人造人間も立ち後れてどうでもよくなっていました。あわない立ち合いの連続にゴッドも厳しく「反省してほしいですねー」と指摘。
北太樹×若の里。若の里がうまく右を差して出ていくが、自分の四つではなかったか、北太樹が土俵際でさっと体を入れ替えて、左四つから寄り切りました。
豪風×土佐豊。豪風がどしどし立ち合いからスピードで攻め立てますが、左四つに組んでしまい土佐豊の体勢。しかしまわしをとられる前に豪風が出て行ってすくい投げ。土佐豊も首投げで応戦しますが、豪風のすくい投げが勝りました。とてもいい一番でした。両者しっかり力を出しましたね。
時天空×臥牙丸。立ち合い差してすぐ時天空が脇の下からはずにうまくついて、突き落としました。ちゃんと考えた一番。もろ差しから左下手とってるんですね。
豪栄道×朝赤龍。頭で当たって左四つになった朝赤龍。巻き替えられるときにどしどし出て行くが余裕を持ってゴーエードーがすくい投げ。突き落としました。ゴーエードーって境川親方が解説の時に全然いい相撲とらないですよね。わざとか?
旭天鵬×徳瀬川。右四つ左上手でがっぷり。徳瀬川がうまく旭天鵬の上手を切って、引きつけて出て行きます。旭天鵬もこらえるのですが一枚まわしになってしまいました。取り直す時に徳瀬川がうまく上手を切ったもよう。徳瀬川の技術の向上にうなる実況陣。
嘉風×安美錦。アミー頭で当たってすぐにどん引き。物言いの末なんとかアミーが星を拾いますが、アミーはひざを痛めた模様。あれやっていつも痛めるのになぜやるどん引き。うーん。
豊ノ島×鶴竜。突き押しあい。豊ノ島も引いてしまい押し込まれつつもうまくはたいて崩しますが、鶴竜が持ちなおす時に豊ノ島のかいなをたぐって形勢逆転。ふたたび突き押して突き出しました。豊ノ島もうまく土俵際で逆転を狙うのですが、さすが鶴竜の反射神経はすばらしいです。
稀勢の里×琴奨菊。菊が踏み込みから左四つ。がぶっていくがキセも土俵際で残す。体勢を立て直そうとするが、前に出ようとしたところで菊がぶり再起動、寄り切りました。これはうまい、菊完勝ですね。
魁皇×豊真将。魁皇元気ですが、豊真将も負けられませんよ。立ち合いから下から押し上げる豊真将。魁皇もうまく回り込みながらつかまえようとします。左四つで右を抱える魁皇、かいなを抜く豊真将、そこで魁皇が上手をとって前に出ますが、豊真将下がりながら左からのすくい投げ。魁皇ひざから崩れました。今日は豊真将積極的でいい相撲でしたが、それよりも驚いたのが魁皇が転がってすぐに立ち上がったことでした。今までの魁皇なら3秒くらい転がってからのろのろ起き上がる印象があったのですが、今場所の調子のよさを象徴してます。負けましたが逆にいよいよ魁皇復活かと思ってしまいました。
玉鷲×日馬富士。ハルマが立ち合い頭で当たりますが、玉鷲頭を低くして突き押し。ハルマもなすすべなく押し出されました。実況陣は当たった時にハルマがくらっときたのではないかと分析。確かにスローでみても動きが止まってますね。それはともかく玉鷲は大関戦初勝利。片男波親方からは足を痛めているのを腰を落とす鍛錬にしろといわれているみたいで。さすが指導が行き届いています。
琴欧洲×栃ノ心。右四つ左上手がっぷり。しかしカロヤンの引きつけはきつく、栃ノ心は足を痛めていてなかなか踏ん張りがききませんでした。上手出し投げ。つかまえれば安定してますね。
栃煌山×把瑠都。把瑠都張り差し。もろ差しをブロックして突き押しで攻めるが、栃煌山がもろ差しに。把瑠都は左で首を抱え、右で上手をとって力任せに小手投げで投げ飛ばしました。実況陣は「いいところ1つもなし」。栃煌山は首がきまっていたのが効いたとのことです。
白鵬×阿覧。立ち合いの左まわしをとりますが、阿覧も右を差しにいきます。白鵬一度はたいてもろ差しに、腰を落として寄り切りました。境川親方もなぜ阿覧は自分から右を差しに行くのかとおかんむり。そりゃそうですよね。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。