大相撲1月場所2011:5日目

aikoのベストアルバムのタイトルは「まとめ1」「まとめ2」らしいですよ。すばらしいタイトルだなと思ったマイク松ですこんにちは。
今日は5日目。ゲストがすばらしいです。

5日目。実況は刈屋さん、解説は正面が尾車親方、向正面が立川親方。リポートは東が藤井さん、西が三瓶さん。おおっ土佐ノ海の立川親方が解説初登場です。フレッシュ。
立川親方特集。印象に残った取組として、新入幕初日に大関若乃花に対戦した取組をあげていました。新入幕に若乃花て。すごいことですね。そのあと2場所後の九州場所で貴乃花と曙を破ってるんですね。土佐ノ海は全然変わってなくて。むしろインタビューする若い刈屋さんが印象に残りました。そしてそこから4場所連続6つの金星をあげています。相撲も力強い。体も張って力に満ちていました。いやーこういう力士出てこないですね。出てきてほしい。
黒海×豊桜。豊桜左に変わってかわして引き落とし。土佐の相撲をみせてやりたいわ。実況陣も立川親方のような前に出る力士がいなくなってしまったと嘆いていました。
蒼国来×木村山。ずらし立ち合いから突き押し合いになる木村山。蒼国来突き押しから前まわしをとってつかまえ、引きつけて寄りきりました。いいところをとりましたね。
うーん物足りない。土佐のあの相撲をみたあとでは。みんながんばれ。
若荒雄×栃乃洋。栃乃洋調子いいですよねー。若荒雄押し込んでいくが、栃乃洋うまくいなして応戦。若荒雄も負けずに押し込むが、土俵際で突き落として星を拾いました。動けてますねー栃乃洋。
隠岐の海×豊響。豊響のグレートホーンを隠岐の海が踏み込みで止めて、差して寄り切りました。隠岐の海今日は立ち合いよかったですね。それを続けましょう。
武双山の藤島親方が土佐ノ海を語ってました。しみじみと話す口調がとても印象深いです。
光龍×琴春日。光龍が立ち合いの当たりから回転のいい突き押しで押しだし。突き押しが効果的でしたね。
翔天狼×猛虎浪。翔天狼ののど輪の圧力に後退する猛虎浪。そのまま押し出されました。翔天狼ナイスなのど輪。
でも土佐ノ海の体の張りと全然違う。土佐はぱんぱん。パンプアップしてました。
雅山×霜鳳。雅山も土佐ノ海の思い出を語っていました。霜鳳がおっつけからまわしをとってつかまえようとしますが、雅山がのど輪押しから崩して送り出しました。いい崩し。
白馬×若の里。白馬変化からかいなをたぐりますが、若の里しっかり対応して左四つから寄り倒しました。若の里いいですね!足がよく出ている、体が動いている。というか土佐の相撲をみてたら変化とかほんとありえん。
北太樹×高見盛。北太樹左四つ右上手。人造人間は右からのすくい投げで体を入れ替えようとしますが、北太樹こらえて寄り切りました。これはいい相撲。北太樹の力みせましたね。下半身がどっしりしてます。
北太樹もわりと体が張ってましたけど、土佐はもう背中が丸くぱんぱん。すごい背筋だったんでしょうねー。
豪風×時天空。時天空張り差しから右の前まわし。豪風はそのかいなをきめてはずにつきますが、時天空がおっつけから両前まわしをとって寄り切りました。
旭天鵬×土佐豊。同郷の力士として土佐豊を気にしているらしい立川親方。技術よりも体力、瞬発力をつけろとのことでした。そのためには速い力士と稽古することだそうです。いちいちもっとも。今日は立ち合いから土佐豊がもろ差しから抱きかかえるように持ち上げて寄り切りました。土佐豊立川親方も喜んでますよ。でも旭天鵬がやはり体が張ってます。
豪栄道×臥牙丸。ゴーエードー距離を取って引き落としたらガガダイブ。
立川親方は水戸泉との一番であこがれの水戸泉ととれた思い出を語っていました。塩は覚えてたけど相撲は覚えてなかったそうです。
豊真将×朝赤龍。豊真将も土佐を目指さないといけませんよ。一番近いところにいくんだから。立ち合い右四つ。豊真将離れて突き押し合いに。頭で当たって崩し、勝機にしっかりおっつけて出て行きました。豊真将の相撲がとれました。ぜひ土佐のビデオをみてほしい。
阿覧×徳瀬川。右四つで両者上手をとりました。阿覧出ますが徳瀬川こらえる。引きつけあいになります。徳瀬川外掛けで崩そうとしますが通じず。阿覧が下手ひねりで倒しました。阿覧うまいじゃないですか。
東小結で4場所勝ち越してるのに、武双山と魁皇がいて関脇にあがれなかった話をしていました。そんな時代ありましたね。でもまったく上のことをいわず、さわやかに振り返る立川親方。すごい。
鶴竜×琴奨菊。鶴竜低い立ち合いからもろ差し。菊起こされ寄り切られました。何もできず。鶴竜いい相撲でしたねー。差し合いで菊に左差しを許さなかった。菊は立ち合いで押し込まれ足が流れたみたいですね。あー尾車親方は菊は左まわしをとりにいったのが作戦失敗とのこと。
稀勢の里×安美錦。キセ両おっつけから左からの突き落とし。アミーも残せませんでした。落ち着いた取り口ですね。こうみてみるとキセの充実ぶりは昔の力士に通じるものはあるんですが。
栃煌山×日馬富士。今日は栃煌山の立ち合いの方が低かった。両おっつけから寄って寄り切りました。これは栃煌山うまかった。前に出ながらの両おっつけ。力が要求される取り口と尾車親方。土佐ノ海の相撲に通じる力強さでした。
琴欧洲×玉鷲。カロヤン左下手をとってすぐ出し投げ。スピンスピンで出し投げられました。玉鷲はもっと当たっていかないと。あわてさせる圧力がほしい。
栃ノ心×把瑠都。右四つで栃ノ心が左上手。把瑠都も巻き替えにいきますがそれはブロック。栃ノ心は上手を引きつけますが、右下手から左上手をとった把瑠都が逆に引きつけて寄り切りました。栃ノ心は立ち合いとてもよかっただけにがっぷりよりもはずにつきたかった。
魁皇×豊ノ島。立川親方の弟さんは先生やってるそうで、豊ノ島は教え子だそうです。立ち合い豊ノ島の左差しを受け止めながら前に出て、魁皇も左を差して寄って押し出しました。力強い。右のおっつけが効いてますね。まわしにこだわらずおっつけたのがよかった。なんか魁皇って書いた紙を掲げる一団がいる。おもしろい。勝訴みたい。
白鵬×嘉風。白鵬突き押しからはたくも嘉風落ちず白鵬の足をとりにいく。しかし白鵬すぐに反応してはたきました。悠然としてます。でも土佐の背中は横綱の背中にも通じますね。
引退した立川親方を振り返る他の人の話を聞いても、土佐ノ海の人柄がわかります。土佐ノ海と玉春日、僕らが応援した力士はすばらしい力士でした。それがわかってうれしい。5/28は断髪式だそうです。お近くの方はぜひ。それにしても土佐の若い頃の映像は衝撃でしたね。今の力士の誰よりも体が張ってるし圧力がすごい。みんなもっとあの映像みよう。そして土佐のいうこと聞こう。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。