フィギュアスケートグランプリシリーズロシア大会(4):男子シングルFS

さっき笑神降臨のパックンマックンの回をみたマイク松ですこんにちは。ほかはともかく英語入りの漫才は結構おもしろかったですねー。よく作り込んであった。やりますね。でも最近ジャミロクワイってはやってますねー。
さて!遅れておりますGPSレビューですが、ようやくロシア大会男子シングルをレビューします。ファイナルが1週間あいててほんと助かりました。

フィギュアスケートグランプリシリーズロシア大会、男子シングルFS。実況はシミズさん、解説はサノさん。
町田樹。映画「レジェンド・オブ・フォール」より。4Tはツーフットになりました。おしい。3A+3Tはいい出来になりました。3Lzもおっけー。SlStがんばってますね。細かいステップやチェンジオブペースをしっかり使ってます。スピンからジャンプに向かう。スピードに乗った3Fも決まりましたが、3Loは跳ぶ前に転倒してしまいました。あー。次の3Aもシングルに。がんばれがんばれ。スピンから3Lz+2Tと持ち直してきました。3S+2Tでジャンプ終わり。CiStからスピンでフィニッシュ。うーん序盤からいい感じできていたのですが、あの転倒は痛かったですね。でももっとスケールの大きなスケーターになっていってほしいものです。177.01。
リンクサイドにフラワーガールが鈴なりになってる。
アントン・コワレフスキー。後ろにプルシェンコの横断幕が。犯罪防止の隈取りみたいな感じだ。「パレルモ駅」。3Aはいきなり転倒。3Lzはオーバーターン。あんまりジャンプのフィーリングがあってないのか。3Lzをもう1回、今度は決めてきました。2Aは若干手をあげようとしたのかとサノさんにいわれてます。どっちかにしよう。3Loはおっけー。スピンからSlSt。音楽に乗って激しい振り付けですね。がんばってるじゃないですかコワレフスキー。そして爆弾が爆発する小芝居。シミズさん「びっくりしました」。それは実況じゃないですね。3T+2T+2T、3Sと連続して決まってます。今度は悲鳴が。なんだか効果音がいっぱい入ってる割にココロオドルプログラムじゃないですね。エンジョイできない。やっぱり小芝居王の小芝居はおもしろいのは実力があるってことなんでしょうか。2A+2Tからスピンでフィニッシュ。175.54。
イヴァン・トリチヤコフ。あ!プルシェンコが映されました。いやだなーやる方としては。映画「シャレード」より。3Aはしっかり踏ん張りました。3A+2Tとアクセルをしっかり跳んでます。いいですね。3F+3Tはセカンドがオーバーターンに。スピンは芸術的なゆっくりさになりましたが3Lzは回転のキレがあるジャンプ。技術系のスケーターですかね。3Loも成功。なかなかの前半。SlStはもっと躍動感がほしいかも。疲れてきたか。がんばって。3F+2T+2Tはジャンプの間にためがありましたが成功。3Sはシングルに。2Aは決めてきました。だいぶ疲れてますが、CiStから最後のスピンまでポーカーフェイスで演じきりました。1つ1つをこなしていく感じですが、やはりそれ以上の表現がほしいですね。でもがんばりました。189.85。
サミュエル・コンテスティ。この順位で終わるわけにはいかんですな。気合い入れていこう。アンデス民謡。3Aは高さもあってキレもありました。すばらしい!3Fも成功。3Lzも決めました。序盤は単独ばっかりですね。最後にもってくるつもりですか。スピンからCiStはゆっくり滑ってますが、技術はちゃんと見せている感じ。おもしろいとサノさんも評価。3A+2T+2Tを決めてきました!後半はコンビネーションとっていてますね。3Lo、2Aと決めてSlSt。激しい音楽の中でも静かな感じ。そこから3S+3T、3T+2A+SEQを決めました!これはなかなかいい演技!がんばりましたね!207.30。これがコンテスティの力とみていいでしょう。さすがです。うわー!コーチのひげがすごすぎる!
ハビエル・フェルナンデス。映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」。前の演技はかなりよかったですからね。4Tはステップアウトから転倒。あー。切り替えていきましょう。3Aはきれいな流れがありました。3Lzはシングルになりました。うーんしんどい序盤。酔拳CiStに。ちょっと勢いがないか。酔っている様子を表しているとかいわなくてもわかるって。1A+2Tとジャンプが決まりません。3Fもシングル。ちょっと集中力ありませんかね。2Loと立て直せない。がんばれがんばれ。3S+2T+2Tはようやく決めました。3T+2A+SEQと持ち直した。次のSlStは元気よくいけました。フィニッシュでがっくりしています。今日はミスが多かったですねー。まあフェルナンデスもそういう日ありますよ。184.06。
コンスタンティン・メンショフ。いきなり縛られているところはクチピーにあこがれているな。「スムーズ・クリミナル」。最初は4Tに挑みましたが3Tに自重。3Lzは流れがありました。次もクワドルプルに挑戦しますが2Tになってしまいました。3Aはなんとかかんとかがんばりました。スピンの間ずーっと鳥が鳴きまくっています。すごいぞ。野鳥の王国だ。3Sもあぶないところ。鳥は鳴き続けています。かっこうまで。そしてスムース・クリミナルに戻った。もうマイケルと鳥の関係について気になってしょうがありません。こいつはとてつもない表現者なのかもしれない。3Loは止まってしまいました。3Tで転倒。2A+2T+2Tをなんとか決めました。でも最後まで鳥のことを考えていました。いっそ鳥のコスプレとかしたらいいんじゃないか。すずめとか。得点は181.15。
羽生結弦。「チゴイネルワイゼン」。4Tはまわれそうでしたが3Tに自重したか。3Aもやわらかい着氷。3Fはロングエッジだったですかね。でもスピンで拍手が起きるほどのレベルです。雰囲気もってますね。3Lz+2Tはすごい軸が傾いてきましたがひざで吸収。さすがです。SlStも音楽をしっかり聴いて、表現をしっかりしてますね。静かな中にも会場の集中力を感じます。そして3A+3T、3Lz+2Tを跳んできました!…ってさっき3Lz+2Tありませんでしたっけ?あれ?3Loからステップに入るところで転倒してしまいました。ジャンプのこと考えてたのかな。3Sからスピン。軸がしっかりしてて柔軟性をみせるスピンでした。いい演技でした!でもやっぱり2つめの3Lz+2Tはカウントされなかったみたい。うっかりコンビネーションつけちゃったんだろうか。202.66。
アルバン・プレオベール。もうちょい順位あげていきたいところですよね。シューベルト「ピアノ三重奏曲第2番変ホ長調」。4Tは豪快に転倒。加点つけたい!3A+2Tは成功。切り替えが早い。3Loも決めてきました。クラシックの中にも独自の表現の意志が感じられて頼もしいCiSt。見応えあります。間にラジオ体操みたいなのがあったぞ。3A、3F+2Tと決めてきてましたが、3Lzはダブルに。でもまずまずだぞ!3S+3T+2Tを決めてSlStに。終盤になっても技術はみせてますね。やわらかいエッジの使い方。全体的には可もなく不可もなくというところですが、表現を理解するには時間がかかりそうですね。204.68。
リンクサイドでたこやきが張り切ってます。アルトゥール・ガチンスキー。ショスタコーヴィチ「ボルト」。4Tはダブルになりました。あー。つなぎの部分は美しいですね。3A+2T+1Loとサードジャンプが1回転に。3A単独も決めました。スピンのうしろでプルの横断幕が。3Loは流れがありましたね。3Fは音楽にばっちりあわせたいところ。CiStは正面を向いてばたばたするところがプルっぽい。音楽にのせて不思議な動きをしています。初期の浅田みたいなきらきらするやつもやってたぞ。次は2Lzになりました。疲れてるか。3Tから2A+2A+SEQをしっかり。SlStは盗っ人ツイズルともいうべき不思議な動きも。最後もいいポーズで決めました。とても表現をしっかりしていて、みていてほんとおもしろかった。独自の表現を追い求めている気がする。その到達点をみてみたいですね。202.94。
トマシュ・ベルネル。せっかく3位ですが、じっくり復活しようぜ。右手が青い。マイケル・ジャクソン・メドレー。3Lz+3Tを決めてきました。ばっちりです。3Aはなんとかふんばりました。よし。3Loとしっかりですね。そしておたのしみのCiSt。ああうまいですねー。滑りだけでステップの楽しさみたいなのが伝わります。好きな曲で滑るって大事ですね。スローパートはしっかりメリハリをつけて。3A+2Tを決めました。今度の3Aは安定してましたね。3Lzもきっちり。3Sは流れもある完璧なジャンプ。2Aは手をつきましたか。入り方が難しかったと佐野さん。3F+2T+2Loはロングエッジをとられたか。でもSlStは思う存分おやりなさい!といわれなくても思う存分やってました。すごい。最後のスピンまでばっちりでした。まだ復活途上でガッツポーズとはいきませんでしたが、今のできる100%をやったんじゃないでしょうか。230.31!うわー!これは高い点でました!
ジェレミー・アボット。パトリックちゃんに離されないようにしておきたいところ。映画「ライフ・イズ・ビューティフル」。4Tは転倒してしまいました。気にしないで切り替えて!3Fはステップアウトも3A+3Tは決めました。スピンからCiSt。とにかくプログラムはおもしろいですよね。このCiStの表現もほんとすばらしいし。そのまま2Aにつなげています。3Aはステップアウト。がんばれがんばれ。3Lo+1T+2Tと真ん中がシングルになってます。そして3Lzで転倒。うーんこの2回目は痛い。3Sは決めました。CiStはきれいな身体のラインと表現力が、音楽の力とあいまって情感豊かなスケーティングを生み出しています。うーんすばらしい余韻。いいですねー。でも今日はジャンプがしんどかったですね。217.21。
パトリックちゃん。少し衣装がかわりましたかね。「オペラ座の怪人」。最初の4Tは見事な転倒。川中島の戦い(3A)までにこっちは跳んでおきたかったところ。3A+3Tはやっと決めました。勝利!3Lzもなめらか。SlStはもはや尋常じゃない技術とスピード。すごいわ。プルの横断幕の下でスピン。スムーズな滑りから再び3Aへ!転倒!おのれ謙信!3Lzでも転倒してしまいました。跳び急いでますね。がんばれがんばれ。スピンで落ち着いて3Fは成功。3Lo+2Tもうまくいきました。2A+3Tを跳びますが、これはまさに将軍と同じ過ちが!さっきの3Lzがコンビネーション扱いになってしまっていたようです。ノーカウント。これだけのスケーティングをしていたのに。あー。ステップからスピンでフィニッシュ。なにしろ他がよかっただけに、今日はジャンプのミスがありすぎました。あまつさえザヤックにひっかかるとは。やはり甲相同盟を結んでおくべきだったか。227.21!うわー!ベルネルが優勝です!!
○最終順位:
1. ベルネル大殿様
2. パトリック若殿ちゃん様
3. アボット家老
4. コンテスティ江戸留守居役
5. プレオベール勘定方
6. ガチンスキー若者頭
まさかの、ま・さ・か・の、ベルネル優勝です!復活途上ではあると思うのですが(ベルネルの力はこんなものじゃない)、風が吹いている感じはしますね。九州場所でうっかり魁皇が優勝しちゃうみたいな。これってひょっとしてファイナルいってしまうんですかね?ほんとかな。でもあの最強ベルネルに戻りつつあるのは確かですよね。個人的にはじっくりやってほしいのですが、ファイナルで一気に復活ということもあるのか。
2位はパトリックちゃん。今GPSではザヤックルールが大ブーム!ということで最先端を行くパトリックちゃんもひっかかってみましたということなのでしょうか。まんまとベルネルに優勝をさらわれてしまいましたが、ジャンプに苦しむとこういう結果になるでしょう。どうせファイナルは当確でしょうしがんばってほしいものです。もう1回みられる。戦国最強の騎馬軍団が。
3位はアボット。パトリックちゃんが失速しただけにもうちょっとがんばっておきたかったところ。3位はファイナルにはきついですね。最後の争いになりそう。4位はコンテスティ。やっと実力発揮といったところでしょうか。5位はプレオベール。このメンバーで5位はすばらしいですが、このままではいつもの定位置。オマエは永世…とかいうつっこみが入らないうちにがんばって。6位はガチンスキー。地元ですしもうちょっと上にいきたかったですが、まあプルもみてますし。やりづらいですよね。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。