フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 NHK杯(3):女子シングルFS

昨日の女子シングルSPの放送で、浅田の紹介があって、「そしてもう一人…」というナレーションのところで久美子コーチが映っていました。やはりそうなのかと思ったマイク松ですこんにちは。今やコーチでは有香ちゃんと並ぶ最重要ターゲットの久美子コーチ。小塚の本も大事ですが、そろそろワールド・フィギュアスケートあたりで「総力特集・ワールドハピネス久美子コーチ」とか「グラビア15ページ丸ごと有香ちゃん」とか企画するべきではないでしょうか。
今日はNHK杯、女子シングルFSです。もうリアルタイムで見ることにしましたよ。穴があったらごめんなさい。

フィギュアスケートグランプリシリーズNHK杯、女子シングルFS。実況は刈屋さん、解説はジュンジュン。
石川翔子。どうも荒川姐さんが振り付けたらしいですよ。ジュンジュンによると荒川姐さんぽい仕草や振り付けがところどころあるらしいとのこと。みましょう。「ミス・サイゴン」。はい最初にいきなり姐さんらしい仕草でました。なるほど。3T+3Tをしっかり決めました!3Lzはダブルに。スパイラルもきれいですね。3Fから2Aと一連の振り付けのような流れのよさ。3F+1T、2Loとジャンプがちょこちょこ抜けますが、それよりも世界観の表現に引きつけられてますね。スピンのポジションもきれいです。3Sは決まりました。SlStは躍動感よりもじっくり滑る感じでした。最後カメラにすごい勢いでアピール。そういう狙いなのかな。最後の振り付けも姐さんのようでした。でもあの振り付けをしっかりこなすあたりがんばりましたよね。あとはもっと滑り込んで演技全体のスピードをあげていきたいところ。まあ信夫先生についていれば大丈夫でしょう。じっくり育っていってほしいところです。個人的には中野にアドバイスをもらってほしい。たぶん同タイプのスケーターのような気がするので。今何してるんだろう中野。どうも右足の調子が悪いみたいでキスクラにもこられませんでしたが、よくがんばりました。得点はトータル122.14。
シンシア・ファヌフ。「パガニーニの主題による狂詩曲」。最初の3Lzはシングルに。タイミングあいませんでした。カナダでは決まったのですが。その前の滑りは速いんですが。3T+2Tは決まりましたね。3Loはシングルに。どうもジャンプの調子はよくないですね。スピンの質はさすがの高いものがあります。3Sはダブルになってステップアウト。スパイラルは雄大なスケーティング。3T+2Tは成功、3Lo今度は成功しましたね。しかし2Aで転倒。これは決めたかったなー。SlStは上下の動きもスムーズだし力強い。筋肉系ファヌフのいいところがでました。コンビネーションスピンはしっかり決めました。うーんジャンプが決まらないです。でもまあシーズンは始まったばかり。徐々にあげていきましょう。ジュンジュンは氷があわなかったのもあるかもと指摘。131.82。おつかれさま。そこのどーもくん持って帰っていいよ。
マエベレニス・メイデ。BS1の放送が終わるまでに終わるかな。「フィーヴァー」ほか。雰囲気よさそう。2A+3Tを最初に成功。高さあったよ。3Loは手をついてコンビネーションにならず。3Lzも手をつきました。がんばれがんばれ。ちょっと跳び急いでいる感じはあるかも。スピンはなかなかいいもの。3Fはおっけー。ちょっとタッチあったかもとジュンジュン。あら。スピンはてきぱきとビールマンポジションに。2A+2Tは成功。せかせかした演技にならないようにしないと。スパイラルはいいアクセントに。3Loはオーバーターン。ループあんまり得意じゃないのかな。3Tは流れよく成功。意外に柔軟性がありますね。SlStは手拍子に気をよくして結構のりよくがんばってます。もともと好きなのかもこのステップ。演技全体をこういうふうに楽しめれば、もっといい演技ができそうですね。いつも将来性ある選手だなと思うのですが、今日もやはりそう思いました。安定感が鍵だと実況席。143.69。
総合テレビに変わって、「40年前に銀盤の妖精ジャネット・リンが舞い降りました札幌のアイスアリーナ」という入りからの刈屋さんの実況。味わい深いです。
北欧の妖精キーラ・コルピ。そう紹介しました刈屋さん。けがもあるし無理しないでがんばってほしいです。ガーシュウィン「アイ・ガット・リズム」。3T+2Tを決めました。3Sもキレがあります。なにげないところにセレブらしさがありますね。2Aも流れよく。そしてスピンの腕は折り紙付き。箱書きつき。スパイラルは場内のため息がきこえました。スケートもよく滑っています。2Lo+2T+2Loから後半。2S+2Tとジャンプが抜けますね。しっかりセレブ!もう少し!2Loと得意のループもダブルになりますね。2Aからスピン。音楽と一体になったレイバックスピンですね。SlStはエッジワークの安定感を最初から最後まで失わない。最後のスピンもまったく軸がぶれませんでした。おつかれさまでしたセレブ!ジャンプは抜けましたが今日はいい演技でしたね。調整遅れはこれから取り戻していってほしいです。レッツセレブリティ!157.53。
アグネス・ザワツキー。ザワさん(いつもザワツキーを思い出すんですよね)は実はSP6位です。ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」。衣装も青いです。2A+2Tから。どうも2-3を狙ってたみたい。3Fはいいジャンプでした。レイバックからビールマンスピンはとても回転が速い。ザワさんやりますね。3Lzは手をつきました。おしい。スパイラルはもっとじっくりやっていいような。2Lz+2T、2Sとジャンプが抜けてきました。がんばれザワさん。疲れるには早いぜ。3Tにいったところで転倒。3Sも転倒。だいぶ疲れてきたか。場内の拍手で生き返ってSlSt。最後のI字スピンは柔軟性をいかしてがんばりました。終盤ジャンプの失敗が響きましたね。最初はとてもよかったんですが。スタミナつけていかないと。同僚のフラットとかいう人はがんがん食べてがんがんスタミナつけてるんですよ。ぜひジャパニーズヤキニクを食べていってください。138.19。
6分間練習。ジャンプが決まるとみなさん拍手。これがフィギュアスケートだなという雰囲気ですよね。
アシュリー・ワグナー。映画「ブラック・スワン」より。バレエっぽい振り付けもしっかり会得してますね。3F+2T+2Tはセカンドで両手あげ。いいでだしです。2A+2Tは加点つきそう。今日も黒鳥というか猛禽モードですね。3Lzは決まりましたがロングエッジかもとジュンジュン。スパイラルのカクカクした動きが猛禽ですね。レイバックスピンはきれいなポジション。ビールマンスピンもしっかりまわってます。後半は3Lo+2T、3Sと気合いが入ってますね。決めるという強い意志を感じます。3Loはツーフット。最後の3Fも流れがありました。SlStは丁寧に、最後のスピンも気迫を込めて締めました!やりましたねワグナー!これぞガッチャマンカンムリワシのアシュリー!見事な演技でしたよ。3-3はなかったけど演技全体を引き締める意思がありました。165.65。よっしゃ!でも本当はこれをサーシャ・コーエンがやるんだったと思うんですけどねー。
エレーネ・ゲデバニシビリ。FSでもジャンプうまくいきますように。「オペラ座の怪人」より。速いなー。3Lz+2Tは手をちょっとついたか。でもジャンプに自信出てきてるのかも。ステップからの3Fも高さある。2A+3Tきました!やった!3Sも成功です。いいじゃないですか!振り付けの部分もしっかり表現してますよ。次は2Lzになりましたが、3Tはクリーン。スパイラルはジャンプの成功でやはり余裕もあります。2Aからキャメルスピン。ポジションもいいですね。よしもうちょいや。SlStは前半片足。スタミナは問題ないと思ったら途中で転倒してしまいました。勢いつきすぎたかな。最後のスピンもしっかりまとめました。終わってだいぶ苦笑い。満面の苦笑い。でもあのミスはそれまでうまくいってて勢いあまってという感じだったかも。よくやりましたよ!ブライアン・オーサーの力を思い知りました。あのゲデバニシビリのジャンプをここまでよくするとは。ありがとうオーサー!サンキューオーサー!ゲデバニシビリの下克上はここから始まります。160.44。
浅田真央。昨日みられなかった足を見るとスタミナは大丈夫そうです。浅田のチャレンジみましょう。リスト「愛の夢」。最初は2Aから。自重しましたがでかいなー。3F+2Loはおっけー。難しいステップからの3Lzはクリーン。スピンは遠くにあるカメラの集音マイクの棒と同じくらい軸が細いです。2A+3Tは余裕ありますね。3F+2Lo+2Loも成功です。3Sも決めました。シットスピンもしっかり。SlStはのびやかなエッジワークとてきぱきとしたスケーティング。ジュンジュンも表情のよさを指摘してます。3Loはなんとか。すぐにドーナツスピンからレイバックスピン。最後は大きなスパイラルでフィニッシュ!すばらしいです!本人も「ええんちゃうか」と納得の表情です。信夫・あしたのためにといった1つ1つのハードルを着実にクリアしながらここまでたどり着いたという感じですね。アクセル以外のジャンプを全部トリプルで決めたのは、パーフェクトプログラムへの道でとても大きいです。さすが佐藤夫妻!ありがとうございます!得点は184.19。キスクラは「どこで引かれたんやろうな」と話し合っているようです。
アリョーナ・レオノワ。「弦楽のためのアダージョ」ほか。3T+3Tはリンクのカーブをぐぐっと使いながら勢いのあるジャンプ。かっこいいです。3Loはツーフット。一度ためらいましたね。でももちこたえました。3Lzは大丈夫。ドーナツスピンも軸が安定していて質が高いです。2F+2Tは抜けてしまいました。スパイラルを経て3S。曲が変わって3F+2Tをここで決めてきましたが、次は1Aに。スピンからSlSt。激しい振り付けですねー。ここはほんとにレオノワらしいというか。モロゾフの考えにぶつかっていくようなパッションを感じます。最後もばっちり決めました。ジャンプがいくつかミスありましたが、表現したいところはしっかり出てましたね。気持ちのコントロールもできるようになったとジュンジュン。170.68。
鈴木明子。逃げ切れ鈴木!「こうもり」序曲。3Lzも音楽にあわせてしっかり流れよく。宣戦布告というこの雰囲気が好きです。2A+3Tもセカンドで3Tやりましたね。3Loもクリーン。スピンはしっかり表現。昨日はスピンやステップで慎重になったらしいですが、今日は音楽表現を重視してるみたい。スパイラルもすーっと伸びています。1Lo+2Lo+2Loは抜けてしまいました。タイミングがあわなかったか。つなぎの部分もしっかり。でも3Lzはシングルに。踏みとどまろうぜ!3Fは成功です。がんばれ!3S+2Tはコンビネーションをリカバー。SlStは音楽とほんとに一体に。どこまでも一体になってました。細かい音もみんな拾って。最後のスピンは回転速かったです。いい演技でしたがどうかなー逃げ切れるかなー。後半ジャンプ抜けたのは痛かったなー。185.98!うわーあぶねー!逃げ切りましたー!やった!よかったー。
○最終結果(個人商店的に):
1. 鈴木商店
2. ショップ浅田
3. スーパーレオノワ
4. 猛禽専門店ワグナー
5. ゲデバニシビリの店
優勝は鈴木。あぶなかった。あぶなかったわー。いろいろ勝負の流れはありましたが、NHK杯初優勝をなんとかかんとか勝ち取りました。考えながら滑って計算間違いをせずにあとでコンビネーションをリカバーしたみたいで。がんばりました。この優勝は大きいです。「最後はお客さんに助けてもらった」というのが鈴木らしいコメントでした。しょんぼりしてましたがファイナルもあるしがんばりましょう。フリップのロングエッジを解決していきましょう。
浅田は2位。ぎりぎり届きませんでしたが、FSは1位。すばらしい演技でしたね。ジャンプを全部入れて、すばらしい滑りの上に確かな技術と表現を積み重ねていきました。納得の演技。刈屋さんは浅田に対して「復活という言葉はふさわしくない、自分で選んだ道だから」といっていましたが、回り道が間違ってなかったことを証明してくれました。そしてこれからも楽しみ。でも次はロシア大会ですからねー。引かれたのはフリップの回転不足とルッツのロングエッジだったようです。
3位はレオノワ。SPのリードをいかし、表彰台を死守しました。レオノワらしさはもっともっと出せるはず。完成型を楽しみにしていたいです。4位はワグナー。猛禽スケーティングで順位を上げました。このプログラムすごいあってるみたいですね。全米チャンプ&ファイナルチャンプのアリッサ・シズニーと全米で争うのはワグナーのようです。
5位はゲデバニシビリ。ここまでジャンプがよくなって笑顔のゲデバニシビリは久しぶり、というかはじめてじゃないだろうか。シズニーのジャンプが安定し、今や見守る会の最重要ターゲットとなりつつあったゲデバニシビリ。これを継続してほしいですね。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 NHK杯(3):女子シングルFS への4件のフィードバック

  1. みーちゃん のコメント:

    おはようございます。
    刈屋さんの「復活という言葉は~~」名言ですね。無視しようと思っていてもどうしても目に入ってしまう他マスコミにうんざりしていたのですが、さすがです。本質をズバリ!もう心が洗われました。
    元気になったゲデちゃん、ワグナーのブラックスワンもゾクゾクするくらいいいですね。(もちろんサーシャも見てみたい)
    GPS6試合全部がNHK杯だったらいいのにと思った週末でした。

  2. えりこ のコメント:

    最初の久美子先生と有香先生のくだりウケました(笑)
    付録で久美子先生のポスターとかあったら風水で良い場所飾ったら御利益ありそうですね〜
    鈴木選手、おめでとう!
    「お客さんに助けられた…」は鈴木選手らしいのコメントですが、彼女のプログラムってほんと手拍子したくなるんですよね〜
    早くなるテンポに観客も「外してなるか!」ってプログラムの一部になったような(笑)
    不思議な魅力の持ち主です。
    真央ちゃんも笑顔が見れて良かった〜

  3. のんのん のコメント:

    メイデちゃんいいですよねー、あのジャンプ大好き!本当に早く安定して欲しいです。
    何年か前に富井さんが不調のゲデバニシビリ選手のことを、バンクーバーは真央かヨナかエレーネかと思っていたのに、どうしたらいいんだろう?
    と、おっしゃっていて、深く深く同意していたのですが、今回私の結論は『痩せたらOKだったのね』でした。
    ジャンプやスピンのキレもいいし、この調子で頑張ってほしいなー。
    ブラックスワンはサーシャで、といわれて成る程!と膝を打ちました。サーシャの演技に入る前のビシィ!!!と効果音が聞こえるかのようなアラベスクポーズが久しぶりにみたくなりました。勿論、猛禽アシュリーの黒鳥も「よっしゃあ、王子だまくらかしたるー。」って感じで好きなんですけどね。

  4. マイク松 のコメント:

    みなさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    >みーちゃんさん
    でも刈屋さんのいうとおりですよね。修行の旅に出て帰ってきたみたいな感じですものね。本質を突いています。
    NHK中継のよさを実感しますね。
    >えりこさん
    もちろん飾りますよ久美子コーチポスター!福がじゃんじゃん!源泉かけ流し状態!
    鈴木の優勝は、やはり結果として残るものですし、ほんと逃げ切れてよかったです。あぶないあぶない。
    >のんのんさん
    ゲデバニシビリはいいコンディションのようですね。あとはオーサーにしっかり鍛えてもらえれば、トップで争える選手になるでしょう。長年の夢が実現しそうです。
    ワグナーはどんどん自分の味を出してきてますね。とてもいい味でうれしくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。