フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 NHK杯(4):アイスダンスSD・由希奈の小部屋

悪質なデマ。よほどあの球団は日本シリーズに出られないことがHARAに据えかねたんだなと思ったマイク松ですこんにちは。A-岡田も心配するくらいスポーツ紙が一面で取り上げてますが、ほかのスポーツはさわやかにやってますよー。
さて!社会の暗部ニュースとは裏腹に清浄な空気満載のNHK杯、どんどんレビューしていきます。明日関西学生フットボールリーグを見に行く予定なので。今日は楽しみにしてたアイスダンス。ショートダンスからみていきます。ですがそのあとに衝撃のコーナーが登場していたことが明らかに。
われらが太田由希奈がBS1で登場するとのことだったのですが、いつ登場するのかはよくわかりませんでした。なんだろうプレビュー番組とかやるのかなと思ったら、ライブ中継のアイスダンスとペアの整氷の間に、ミニコーナーを作っていたことが判明。リンクサイドで立ったまま展開されるトーク、名づけて「由希奈の小部屋」も、いっしょにレビューしていこうと思います。

フィギュアスケートグランプリシリーズNHK杯、アイスダンスSD。実況は船岡さん、解説は有川さん。
リード姉弟は今シーズンからコーチがガリト・チャイトになったらしいです。久しぶりですねチャイト。
アメリカのクリンクライラット・ジュレッティシュミット。たぶん今までで一番長い名前のカップルですよね。すごい。「イエロ・イ・フェゴ」(氷と火)。ツイズルはスムーズでよくあってましたが、有川さんはスピードがほしいとのこと。パターンダンスは曲がルンバです。まだ構築中でしょうか。曲が変わってSlLiはすごい逆さづりのようなすごいポジション。やるな。CiStはホールドなしで距離感を合わせるのが難しいとのこと。2回目のパターンダンスは少しいきいきしたとのこと。RoLiは豪快に決めてフィニッシュ。なかなかやりますね。もっとユニゾンを高めていきたいところ。50.81。
カナダのポール・イズラム。カナダの3番手。アメリカ大会は転倒3度があって8位だったらしい。映画「2046」より。パターンダンスは足の位置も近いしがんばってます。このへんが3回転倒の要因か。SlLiはエントランスがスムーズでした。パターンダンスはほんと足が近い。上半身をもっと使った方がいいと有川さん。ツイズルはちょっと近すぎました。CiStはたくさん転倒があったらしいですが、今度はばっちり。さすがにほっとした様子。もうちょいや。StLiをうまく振り付けに入れてフィニッシュ。やりましたねー。3度転倒の悪夢を払拭しました。さすがカナダ、ぎりぎりのところでがんばってるんですね。49.36。
イタリアのロレッサ・アレサンドリーニ&シモーネ・バトゥリ。「マシュ・ケ・ナダ」ほか。暑苦しいカップルですね。さすがイタリア。序盤のテンションはばっちりあげました。パターンダンスはスピードあるし、ステップも一体になってますね。反対サイドを続けます。なかなかいいぞ。終わりからすぐサンバのダンスを続けてますね。ツイズルからRoLiはポジションチェンジも流れがあっててきぱき。CiStはときどきちょっとばらけましたが、さすがのりのりの雰囲気でフィニッシュ。自分たちにあったダンスの方がやっぱり楽しいですね。GPSは今シーズンがデビュー戦。上々ですね。54.37。こゆーいキスクラ。
リード姉弟。NHK杯が初戦のようですね。弟もなかなかいい雰囲気。「ラ・ラマ」ほか。いきなりの高速ツイズル。セカンドでちょっとずれましたが速い。ばっちり決めてから曲チェンジ。パターンダンスに入ります。丁寧にがんばってます。CiStはちょっとふらつきました。だいぶ慎重になってるみたい。パターンダンスのあとSlStを複雑なポジションチェンジを入れて決めました。最後のステップとRoLiはがんばりましたね。初戦での緊張感があったかも。トリッキーな振り付けはチャイトコーチが考えたんですかね。さすが。49.36。だいぶ低いか。
ドイツのネリー・ジガンシナ&アレクサンダー・ガシ。ドイツのトップカップルだそうです。映画「レジェンド・オブ・メキシコ」より。パターンダンスのスピードはさすが後半という感じですね。CiStはよくあってます。ツイズルはちょっと離れてセカンドでぶつかってしまいました。もったいないな。パターンダンスはスピードをキープしてますね。曲おわりにジャッジにがんをつけて、最後は激しい音楽からRoLiとテンション高いフィニッシュ。大きなミスはありましたが、しっかり鍛えてきた緊張感はありますね。55.69。ぶつかっても今季ベスト。
ロシアのエレーナ・イリニフ・ニキータ・カツァラポフ。「マシュ・ケ・ナダ」ほか。さすが最初の振り付けから今までとの違いが感じられますね。CiStは速いし一体になってる。お互いの距離感を肌で感じてますね。イリニフの表現力がすごいけど、カツァラポフもうまくホールドしてますぜ。パターンダンスはスピードと質を両立。ツイズルはちょっと離れたけどロシアの仕様だから。つなぎの部分もしっかり踊ってます。パターンダンスはてきぱきこなしてますね。スピードもキープ。最後はRoLi。力強いフィニッシュでした。高度なダンスを踊っていても余裕がありますね。うまいですー。61.83。有川さんも満足のご様子。
アメリカのシブタニ兄妹。おおー妹大きくなりましたねー。あんなにちっちゃかったのに。「Batucada」ほか。複雑でパワフルな出だし。音楽が変わってパターンダンス。スムーズだし一連の流れがすごい。ツイズルは高速でユニゾンもばっちり。得意技ですね。パターンダンスはほんとメリハリもあって、深いエッジとなめらかなスケーティング。ばっちりですね。CiStは離れているのにまさに一心同体の言葉がぴったりきすぎ。CGのようにずれがないです。RoLiも振り付けの1つ。音楽と一体になったフィニッシュでした。いやーやっぱりすごい。レベルが違いますね。滑り込んでここまできている感じ。59.02。おおー2位ですか。リフトのタイムオーバーをとられてるんですね。うーん。
カナダのケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ。ウィーバーがラムちゃんみたいな格好できましたよ。行くだっちゃ!「ある恋の物語」ほか。野性的なイメージでラムちゃんにしたそうです。パターンダンスは2つ続けます。そしてSlLiはラムちゃんおしでぎらぎらみせます。高橋効果で手拍子がおこってますね。ツイズルではちょっとずれましたね。CiStはよくあってるしエッジも深い。ユニゾンもいいですね。お父さんステップも入れながら軽快に。StLiから最後は野性的なフィニッシュ。いい演技でした!場内も盛り上がりましたね。あのツイズルのミスがどう響くか。60.07。あーちょっと上に行けませんでしたね。
○SP終わっての順位:
1. イリニフ・カツァラポフ
2. ウィーバー・ポジェ
3. シブタニ兄妹
4. ジガンシナ・ガシ
イリニフ・カツァラポフがトップにきましたね。しかもシブタニ兄妹と3点弱の差。これは大きいですね。シブタニ兄妹はTESではイリニフ・カツァラポフと同じくらいですが、PCSで離されましたね。あとはリフトの減点が大きい。FDではどっちもがんばってほしいですが、まあシブタニ兄妹とイリニフ・カツァラポフの争いになりそうです。
***
ということでここからは「由希奈の小部屋」のコーナーです。(当サイト命名)
いきなり鳥海さんと太田のコーナーが登場。GPSの仕組みを紹介してくれますね。太田のはんなりした受け答えに鳥海さんもがんばらないといけないなという感じでした。
浅田のVTRに対して去年よりは悲壮感もないしいい感じだなという印象。浅田のVTRを流しているとき右下でぼんやりしている太田の顔が映されています。映ってるよ!
そして浅田のインタビューを太田にさせるというチャレンジ。ほんとか!?がんばって!というか浅田の方が大きいので見上げて太田もインタビューしてますね。ずっと滑ってみたかった、ループループの次の振り付けが見所だとのこと。「二兎を追う者は一兎をも得ず」という難しいことわざを使うんだとのことでした。もう富井も「聞いてて手に汗出てきたわ」といってました。
鈴木についてはラテンのイメージがあったのでクラシックは新鮮だとのこと。石川はコンスタントにジャンプを決めてまじめに練習するという(太田とは正反対の)選手だそうです。
高橋と小塚についてはVTRをみながら初戦を振り返るという無茶を課しています。もううしろの音楽で集中力がないので。2人ともざっくりした印象を述べていました。さすが。女子よりも男子、高橋よりも小塚の方が話すことがありそうという感じです。
高橋・トランについてはまた太田にインタビューさせるというアドベンチャーを。こちらは英語がいけるのでまだいいかも。高橋も「白ごはんおいしい!」「研究してますいっぱい!」などと元気に答えてました。おもしろい。こっちの方がいいインタビューやわ。ペアのみどころはいろんな大技があってスリルがあるとのことでした。
いやースケートの映像みてこんなに疲れたの久しぶりです!いろいろ担当があると思いますが、ザ・打っても響かないの太田なのですから、太田には繊細に聞いてくれる刈屋っちか船岡さん、あるいはレ・エレガンテ森中さんをつけてほしかったところ。中日が日本シリーズでなければ森中さんの出番だったと思うのですが。
でも太田を粘り強く起用して、解説者に育てようとするNHKの気持ちはほんとありがたい限り。なにしろ実力者で顔もそれなりに利くし、英語でインタビューもできるからいいですよね。お願いですからそのまま起用していただけると助かります。由希奈の小部屋もレギュラー扱いで。
ということはアイスダンスFDとペアFSの間にも小部屋が!?

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。