フィギュアスケートグランプリシリーズ2017 フランス大会(4):男子シングルFS

もう町はクリスマス。どころか「良いお年を」と挨拶している人もいて、驚きます。まだ、心は夏休み、富井です。ということで、まだグランプリファイナルに届きません。・・・全日本までには終わるのでしょうか。さて、解説は2009年フランス大会優勝者織田信成さん、実況はしんどうさん。
アメリカのビンセント・ジョウ。映画「ムーラン・ルージュ」より。4Lz+3Tはセカンドジャンプで両手を上げてます。4Fは転倒。4S+2TはOK。シットスピンもいいです。見事なイーグルのあと、4Lzの予定が1Lzに、続くジャンプも2T。ちょっとジャンプミスが続きますね。4Lzにもう一度トライしますが転倒。3Aは成功。フライングキャメルスピンは身体が柔らかい。ステップシークエンスはスピードがあります。こういうところ、みせるのが上手。3Lz+1Lo+3Fは成功。ルッツの鬼だな。最後はコンビネーションスピン。222.21
フランスのロマン・ポンサール。映画「ムーラン・ルージュ」より。かぶりますね。イーグルから4T+2Tは成功。良いジャンプ。3Aは何とか着氷。フライングキャメルスピンもポジションがきれい。ステップシークエンスはまずまず。2Tになってしまいましたが、続くジャンプも1A。ちょっと慎重すぎる。3Loは成功。3Lz+1Lo+2Sは予定通り。コレオシークエンスはよくわかりませんでした。3S、2Aは成功。シットスピンは回転がもう一つかな。コンビネーションスピンは回転が速くて良かった。198.12
カザフスタンのデニス・テン。「SOS d’un terren en detersse」4Sは手をついてしまいましたが大丈夫。4Tは転倒。3Aはステップアウト。足換えのキャメルスピンは回転もポジションも素晴らしい。コレオシークエンスもとても叙情的。ちょっと高速ツイズルでバランスを崩したのがもったいない。そっと跳んだ3Aでしたが転倒。どこか悪いんだな。2Fもちょっとかばっている跳び方。3Loは成功。コンビネーションスピンは見事。3Tは流れのあるジャンプ。2AもOK。ステップシークエンスはデニス・テンらしさがあふれています。シットスピンも回転が速い。手を切っています。痛そう。228.57
アメリカのマックス・アーロン。「オペラ座の怪人」4T+2Tは成功。4回転の予定が2Sに。3Loは成功。ステップシークエンスはよく曲にあったステップ。フライングコンビネーションスピンもOK。4Tはちょっと手をついたけど成功。3A+2TもOK。3Aも大きい。3Lz+1Lo+3Sもいい。シットスピンもいいです。コレオシークエンスはちょっと音楽と合ってない。2Aも良いジャンプ。コンビネーションスピンも素晴らしいですね。最後まで躍動感がすごい。237.20
フランスのケヴィン・エイモス。地元なのですごい声援。コールドプレイ「O」ほか。3A+2Tはアクセルは大きかったけどセカンドジャンプはもう一つ。イナバウアーから3Aもなんとか。3Lzも成功。3Lz+2TもOK。キャメルスピンのポジションも良いですね。2Aも幅があります。ステップシークエンスもおもしろい。ツイズルが良いですね。3Fも幅が合って良い。3Loも成功。コレオシークエンスもかっこいい。3S+2Lo+2Loも何とか成功。フライングシットスピンのあと、コンビネーションスピン。最後まで力を出し切って笑顔。観客も盛り上がっています。220.43
ジョージアのモリス・クビテラシビリ。「イマジンドラゴン・メドレー」3Aは何とか着氷。4Sは転倒。4T+3Tも上手くセカンドジャンプをつけました。フライングキャメルスピンもいいですね。ステップシークエンスも踊っているような手の使い方が美しい。2Tと4回転になりませんでした。3F+2Tとちょっとジャンプミスが続きます。続くジャンプも2Lo。ステップからの3Fは見事。2A+1Lo+3SもOK。シットスピンはもうちょっと姿勢が低い方が良いのかな。コレオシークエンスもダンスみたい。コンビネーションスピンはいいですね。最高ではなかったですが、なかなかよかったのでは。240.50
イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。オペラ「道化師」より。4T+3Tは美しい。4Tも良い着氷姿勢。2Loになってしまいましたが、コンビネーションスピンは素晴らしい。ステップシークエンスもターンのスピードの緩急が素晴らしい。3Aも成功。3A+1Tとなんとかセカンドジャンプをつけましたが続いても2Lzとちょっとバランスを崩してます。フライングキャメルスピンはOK。3F+1Lo+2S、2Aとあって、コレオシークエンス。最後のシットスピンはポジションは良かった。ちょっと最後崩れてしまったのは連戦の疲れと緊張だったかな。リラックマのまねをするキスクラのビチェンコ。意外に明るいキャラクター。247.44
ウズベキスタンのミーシャ・ジー。前髪が面白い。「タイスの瞑想曲」3A+1Lo+3Sは成功。3Aも着氷ポジションをパッと決めました。ちょっと両足っぽかったが。3Fはいいですね。キャメルスピンはフリーレッグがきれい。ステップシークエンスも細部まで気の使った美しいポジションです。シットスピンもいいですね。3Lz+3Tも成功。3Lzも流れが良い。3Loも見事。2A、2A+2Tとノーミス。コレオシークエンスはドラマチック。コンビネーションスピンも回転が素晴らしい。最後ちょと音が足りなかったかな。でも、完璧でした。本人もガッツポーズ。258.34
ロシアのアレクサンドル・サマリン。「La Naissance YaYa」ほか。4Lzは手をつきましたが着氷。4Tは軸が斜めになって転倒。3Aは成功。大きなキャメルスピン(足が長い)。ステップシークエンスも上手。3A+2Tはアクセルが高い。3Lz+2Tも何とか着氷。3LzはOK。3Loは着氷がもう一つ。2Aもバランスを崩し気味。でも大きなミスは1つだけですね。コレオシークエンスはもうひとつかな。コンビネーションスピンは素晴らしい。足換えのシットスピンもポジションが個性的。253.13。わわ、ミーシャ・ジーがメダル!
スペインのハビエル・フェルナンデス。「ラ・マンチャの男」4Tは成功。4S+2TもOK。3Aはやや着氷が乱れましたが、ジャンプまでの流れが素晴らしかった。コレオシークエンスをはさんでシットスピンも入りがかっこいい。4Sは両手をついてしまいました。イナバウアーから3Lo。いろいろ難しいプログラムだな。3Aは転倒。3Lzも急に跳びます。3F+1Lo+3Sはステップアウト。足換えのコンビネーションスピンも素晴らしい。ステップシークエンスはちょっと音楽に合ってないかな。でも一度止まった後はばっちり合ってます。コンビネーションスピンはいいですね。283.71
宇野昌磨。「トゥーランドット」4Loは簡単に成功。イーグルからの3Aも素晴らしい。3Lzはちょっとオーバーターンかな。フライングキャメルスピンもいいですね。フライングコンビネーションスピンも素晴らしい。ステップシークエンスも音楽との調和が素晴らしい。4Fは両足着氷。4Tは転倒、もったいない。4Tはセカンドジャンプをつけたいところですが単独になってしまいました。3A+1Lo+3Fは転倒。ああ、アクセルは良かったのですが、3S+2TはOK。コレオシークエンスは見事。最後のコンビネーションスピンの回転もすごく盛り上がりますね。でも、この構成はしんどすぎる。よく頑張りました。273.32
○最終順位(フランス菓子にちなんで)
1.フェルナンデス・クイニーアマン
2.宇野昌磨ミルフィーユ
3.ミーシャ・ジー・フレジェ
4.サマリン・マドレーヌ
5.ビチェンコ・クレーム・ブリュレ
6.クビテラシビリ・ブラ・ド・ヴェニュス
1位はミスもありましたがフェルナンデス。完璧なSPで逃げ切りましたね。2位の宇野も十分逆転のチャンスはありましたが、後半にコンビネーションジャンプを揃える構成で攻めました。ま、ここで優勝を狙っても仕方ないし、いい実験ができたんじゃないですかね。
そして3位がミーシャ・ジー!引退を決意していたのに初めてのグランプリシリーズでのメダル!!これは意味がある。もしかしたら来年まで選手寿命が延びたかも?4位のサマリンは残念でしたが、これから、これから。5位のビチェンコは日本、フランスの連戦で疲れてましたかね。でも、素晴らしい演技でした。6位のクビテラシビリは今日はちょっとミスが多かったですが、やはり才能が爆発していました。今後が楽しみだね。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。