クリケットのものすごいルールの謎さにわくわくすっぞ

オーストラリアの動物園でハリモグラとカモノハシみたマイク松ですこんにちは。ハリモグラはお食事タイムにあうことができました。せんざんこうと同じ食べ方です。
さて、オーストラリアにいったらみてみたいと思っていたスポーツがクリケットです。どこかでやっているらしいのですが、それより早く、ホテルのテレビで中継をみることができています。
もう始まってからにやにやしっぱなしです。ほんとにルールがわからん。全然わからん。ネットで調べながらみている状態です。
どうも板みたいなバットを持っている人は、ものすごい助走からワンバウンドさせたボールを投げてくるピッチャーみたいな人の球を打ち返すのが仕事らしいですが、その後ろに3本の棒みたいなのでできた不思議な物体があり、それを守りながら打つのが大事らしいです。あとバッターみたいな人が2人いて、1人は全然バッティングしてないです。
そして画面下になんかのスコアみたいなのがあるのですが、得点と球速以外の数字の意味が全然わかりません。まあ確かに野球全然知らない人がBSOの意味がわからんのと同じなんだと思います。
いろんなところのクリケットの情報みてみると、結構盛り気味の情報があっておもしろいです。世界ではサッカーに次ぐ人気とか、すごい競技人口がいるとか、若者の間で飛躍的に競技人口が増えてるとか。意気込みを感じます。
でも今までクリケットの試合みたいみたいと思っていたのでほんとにうれしいです。そしてルールのわからなさににやにやしながら、少しずつ覚えています。すべてのスポーツを楽しめる、それがマイク松のスタンド能力なのです。

カテゴリー: その他スポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。