幻のオリックが先発全員安打で快勝

昨日今日と研修旅行(お仕事の方)にいっていたのですが、若い人が「卍(まんじ)~!」ってやってるのを初めて見たマイク松ですこんにちは。そういうことなのかと思いました。
さて!長い冬を越えて、やっと今日からプロ野球開幕です!楽しい日々がまた戻ってきました。今年最初の野球の記事は例の穀類球団のからはじめようと思ったのですが、野球好きモードに突入しているようなので、別の記事から書いておこうと思います。
ヤクルトと横浜の試合はヤクルトが先発全員安打で快勝したようですが、スタメンがこんな感じでした。
1. オービキ(遊)
2. サカグチ(中)
3. ヤマダ(二)

1,2番に華麗に鎮座せしもとオリたち。そして3番は前前前世(監督的な意味で)から探し求めていたヤマダテット。富井はオリックの戦いがふがいないこともあり、幻のオリックだといっていました。
平行宇宙で実現するはずだった強打のオリック。時空のねじれから今は種いも球団になっていますが、そう考えるとヤクルトにもがんばってほしいと思います。今のヤクルトが強いのは、平行宇宙で弱くなるはずだった運命をオリックが背負っていると思ってほしいと思います。そしていつかシュンタとヤマダテットを交換すればいいと思いました。

幻のオリック (もとねた 歌詞)
凡退することだけ裏の守りは考えず
終わらない攻撃に水一杯飲んで燃え出す
発芽をすべて 遅らせて
細すぎる打線を遠くまで 紡いでゆく
君が夢中で泣きたい いきいき守備でも守る
燃えているのは 忘れかけてた 幻のオリック
予感もなく突然あらわれた低い順位
優柔不断な気持ちは黒星でぬりつぶす
ハッピーグッドとか 言われたくて
危ない道あえて選んでは 迷い込んでいく
君が夢中で泣きたい ザクザクチャンスも作る
よみがえるのは なつかしいけれど 幻のオリック

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です