大相撲1月場所2011:14日目

卓球の全日本選手権をみていたマイク松ですこんにちは。今日は男子ダブルスと女子シングルスをみていましたが、男子ダブルスは熱い試合でした。丹羽ってすごいですね。積極的な攻撃でディフェンディングチャンピオンを破りました。若い世代が育ってます。女子シングルスも石川の積極性が光りました。サーブの威力が大きかったですねー。
大相撲でもああいう熱戦を期待したいものです。スピード、パワー、技術、精神力。

14日目。実況は刈屋さん、解説は正面が友綱親方、向正面が不知火親方。
境沢×木村山。境澤は返り入幕に大事な一番ですが、木村山のおっつけで横を向かされて押し出されました。それではなあ。ぽよぽよしている印象だけど。あ、スローでみたらやっぱりぽよぽよしてました。
光龍×豊響。立ち合いの間合いをはかって豊響の当たりを止めた光龍。突き押しで粘り強く攻めて手数で押し込み、押し出しました。豊響は立ち合い迷いましたかねー。
黒海×猛虎浪。猛虎浪が左四つで右上手をとりましたが、黒海が逆に上手を引いて出て行きます。土俵中央で膠着しますが、黒海は上手を切ってるのに攻め込めない。猛虎浪が下手を切って出て行って寄り切りました。黒海はだいぶ悪そうですねー。猛虎浪は下手を切るという選択肢がグッド。
翔天狼×若荒雄。若荒雄突き起こしてはたき。もう連続で、毎日毎日これですね。お客さんにあきられますよ。
高安×霜鳳。十両高安、幕内でとります。どんどん押していきます。霜鳳もあてがって応戦しますが、休まず突き押す高安。そして思い切った引きが決まりました。エネルギーを感じました。いいですね!
雅山×豊桜。豊桜がんばって突き押しますが、雅山が余裕をもって間合いをとっていました。いいタイミングで引き落とし。
高見盛×琴春日。琴春日突き押しで強烈に起こし、もろ差しから寄り切りました。人造人間いいところなく負け越し。ちょっと間合いをはかられている感じがありますね。立ち合い対策をしないと。
北太樹×蒼国来。じっとして立たない両者。はよして。左四つで両者上手をさぐりますが、北太樹が先に上手をとるやいなやでて寄り切り。立ち合い以外はとてもいい相撲でした。はよたたんと。
豪風×栃乃洋。立ち合い右からおっつけて崩し、すぐに出て押し出し。右からの強烈なおっつけで栃乃洋の左を差させませんでしたね。
白馬×土佐豊。白馬右に動くが、土佐豊もすぐに左四つ。そこから出て行くところをうまく見定めた白馬がすくい投げ。白馬がだめな立ち合いをするのに、そこから倒せない相手もちょっとどうかと思いますね。
旭天鵬×若の里。左四つで上手を狙う両者。若の里もそのへんのディフェンスは十分。と思った旭天鵬は右で抱えて不十分なまま出て寄り切りました。上手にこだわらなかったのはよかったですね。若の里はこれで結局7-7。だいじょうぶか。
豪栄道×時天空。時天空もろ手でゴーエードーを中に入れない。おっつけから間合いを探りますが、時天空がはたこうとして呼び込んでしまいました。押し出し。実況陣は相変わらずゴーエードーの型がわからんといってます。
栃ノ心×臥牙丸。強烈な当たりから両上手をとって出て行くガガ。うまく栃ノ心がしのぎながら上手を切って、逆にもろ差しから下手投げで転がしました。四つはまだ栃ノ心の方が上ですね。
朝赤龍×嘉風。がつんとあたって頭四つからまわしをとった朝赤龍。嘉風うまくガムシャリズムで暴れながらまわしを切って、そこから寄り切りました。今日は嘉風いい相撲。そうでないと。
豊ノ島×徳瀬川。豊ノ島もろ差しができず引いたところを徳瀬川出ました。あー呼び込んだなと思ったらなんかばたばたしているうちに徳瀬川が土俵の外に飛び込んでいきました。なんかすごい!豊ノ島のスタンド能力なのか?
阿覧×安美錦。突き押し合いになりますが、アミーまじめに相手をせず、ひじをたぐってうしろにまわって最後に押し倒しました。相手に合わせないのもアミーの技術のたまものですね。
栃煌山×豊真将。立ち合い栃煌山が差そうとするのをしっかり豊真将ブロック。しかしおっつけのまま栃煌山しっかり前に出て押し出しました。やっぱり豊真将も昨日に続いて攻めがなかったですね。攻防一体の立ち合いができないと。
玉鷲×鶴竜。頭から当たった両者、はじけるように当たりあいますが、鶴竜がはたいて玉鷲スライディング。当たりはよかった。いろいろ学ばないと。
稀勢の里×隠岐の海。ついに隠岐の海も幕内後半での相撲ですか。キセは空気読んでくれないだろうなー。左四つから隠岐の海もいい体勢でしたが、キセが下手をとってからはどんどん攻め込み寄り切りました。やっぱりキセも空気読まないですね。隠岐の海もチャンスの瞬間はあったような気がしましたが、下手へのブロックはなかったか。
琴奨菊×日馬富士。菊が立ち合い右でハルマのかいなをつかまえて一気に寄り切りました。完璧な相撲。ハルマの菊への苦手意識は相当なものですねー。これで菊は11勝。
魁皇×琴欧洲。カロヤンも負けてられない。とったり・小手投げに気をつければ大丈夫だと思うのですが。立ち合いカロヤンが左を差したところを魁皇が小手投げで転がしました。なぜそれをくらう。気をつけろっていうたやん。魁皇が右脇をずいぶんあけていましたね。
白鵬×把瑠都。把瑠都立ち合い右四つで左上手をとりましたがすぐ切れる。白鵬上手をとりますが一枚まわし。土俵中央で膠着し、巻き替えにいく把瑠都、白鵬も引きつけてディフェンス。しかし把瑠都がもう1回巻き替えたところで下手もとり、最後は投げ飛ばしました。これで白鵬優勝、おめでとうございます!
まあわかっていたことですが。千秋楽は菊の大関への布石も気になりますし、結構大事ですね。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。