フィギュアスケート全日本選手権2010(2):女子シングルSP

助っ人外国人はマートンとかいろいろな人を指しますが、スキャット外国人スキャットマン・ジョンのことだなと思ったマイク松ですこんにちは。でも結局僕はスキャットについて何もわかってないんだなと思ったジーザスの誕生日です。ハッピーバースデイジーザス!
今日はフィギュアスケート全日本選手権、女子シングルSP。毎年このジーザスの誕生日を、ポエムのことをのろって過ごす不幸。サンタさんにはポエムを地球外異動にしてくださいとお願いしましょう。木星あたりがいいな。

フィギュアスケート全日本選手権、女子シングルSP。実況は慚愧に堪えませんがポエム。解説はジュンジュン。
10分たってようやくオープニングが。大丈夫か。何人やってくれるんだ。
上野沙耶。全日本ジュニア6位だそうです。「リベルタンゴ」。スピードある滑りですね。3Loにいきますが手をつきました。次のコンビネーションは3T+2T、これは成功。スピンは技術高いですね。軸も安定していますね。短いスパイラルをはさんで2A。SlStはよく踊れてますし、雰囲気よく出せてました。スピンでフィニッシュ。これはいい演技できたんじゃないでしょうか。40.56。
ポエムは相変わらず空虚な実況が続いていて何も成長していないところを存分にみせてくれています。
鈴木春奈。全日本ジュニア8位?字が小さくて何も見えない。「アイ・ガット・リズム」。3T+2Tはファーストで乱れましたがなんとかコンビネーションにしました。3Loもまずまず。レイバックのポジションがきれいですねー。ビールマンにも流れよくつなげてます。2Aは確実に決めました。でも持ち味はスピンのようですねー。ドーナツスピンもとても安定してます。最後のスピンもめっちゃ速くて安定していました。技術ありますねー。なんだ佐藤先生のお弟子さんなんや。46.62。満足そうです。
フィギュアスケートを観る人はほんとに大きな大きなテレビを買ってみているとCXは思っているんだろうか。
庄司理紗。ジュニアGPSファイナル4位。「リベルタンゴ」。タンゴ多いですね。うわースピードあります。3S+3Tを決めてきました!やっぱり今までと少し違うレベルという感じですね。3Loもきれいに跳んでますが、ポエムの空虚な実況がとどろいてがっくりきました。黙って。全体のスピード感がしっかりあります。スパイラルをはさんで2Aもクリーン。スピンもしっかり、SlStは手の使い方が大きくて表現力ある。そして足下も細かいですね。最後はビールマンスピンでフィニッシュ!おおっすばらしい演技ですねー。もう3-3をしっかり跳んできてます。もうしっかり世界を舞台に戦っているんですね。58.22。
浅田の紹介VTRみたいなのがあったけどあれはなんだったんだろう。
西野友毬。全日本ジュニア5位。プッチーニ「私のお父さん」。3Lz+2Tからきました。ルッツをしっかり跳んでくるあたりはさすが。3Loは止まりましたがなんとか。2Aはクリーンに決めました。スピンは足が高く上がるI字スピン。足長い。ドーナツスピンは最初に安定した後はしっかり決まってます。やはりもっているものはレベル高いですね。SlStから最後はビールマンスピンでフィニッシュ。いい演技できましたね。もっと大きく飛躍してほしいだけに、この大会がきっかけになればいいのですが。57.02。
それにしてもどんどん知らない選手が出てきている。男子とのこの違いはなんなんだ。男子になんか怨みでもあるのか。
大庭雅。全日本ジュニア3位。「リバティ・ファンファーレ」。3S+3Tはセカンドが高かった!歯切れのいいスケーティングですね。2Aもまったくあぶなげないというかリズムにのってます。スピンはまずまず。3Loもきれいな流れのあるジャンプ。レイバックスピンは回転速度もあります。SlStは躍動感にあふれて音楽をよく表現しています。ノーミスでフィニッシュ。いいじゃないですか!出たてのミライを彷彿とさせる勢いが滑りに出ていました。みていてかっこいいですよね。51.54。
もりもり選手が出てきている。これがCXの本気なのか。今のところ変なアングルもないし。男子と女子はそんなにやってる人が違うのか。
中村愛音。西日本選手権4位。「アルメニアン・ラプソディー」。おもしろいポーズからスタート。最初は2F、コンビネーションの予定だったみたいですが単独。3T+2Tでつけてきました。割と恩田を思い出させるような滑りですが、そんなにジャンプは得意じゃないのか。スピンのところで、ここで変なアングル出てきた。わざわざ。2Aはおっけー。レイバックスピンはしっかり軸もとれてます。SlStは力強いです。ちょっと前のスケーターみたいで結構好感が持てました。42.82。
石川翔子。東日本選手権2位。超能力者っぽい衣装だ。予言とかできそうだ。歯が痛そうなポーズからスタート。ちょうど昨日歯の詰め物がとれたので思い出させます。「Ice Queen」。3T+3Tをしっかり跳んできました。大人の滑りですね。2Aは大きなジャンプ。続いて3Fにいったのですが転倒。ここまですごくよかったのに。スピンからSlStとしっかり練習してきているのが伝わります。あの転倒まではかなり上の方にいきそうでしたが、少し気落ちしてしまいましたか。最後のスピンでも途中で乱れてしまいました。うーん残念。ほんとに素質もあるしこの大会に向けた意気込みを感じたのですが。49.04。
村上佳菜子。「ジャンピン・ジャック」。またポエムが適当なこといった。いらんことをいうな。3T+3Tはセカンドでなんという高さ。結構緊張してるみたいでしたがこれを決めたのは大きい。3Fもしっかりですね。すぐ回転の速いスピンにつなげます。ポジションチェンジしてもスピードが落ちないのはいいですよね。しかし2Aはシングルになってしまいました。うーんこの部分のアクセルって2回目ですかね。SlStは音楽としっかり調和した形での躍動感。勢いだけじゃないですよね。スピンもしっかりまとめてフィニッシュ。あのアクセルは決めておきたかったですねー。もっている強烈な華があるのは最大の武器だと思うのですが、このミスがどうでるか。61.50。
今井遥。バレエ「ドン・キホーテ」より「ジプシーダンス」。これは気合い入ってますね。3Lo+3Tはセカンドでステップアウト。惜しい!3Fは転倒。慎重にいきすぎましたか。スピンはポジションが美しいです。2Aは降りていたのですが転倒。あせりが出てましたねー。実際もっている力は大きいのですが、ちょっと気負いすぎたのかも。SlStは実力を遺憾なく発揮していました。最後はドーナツスピンでフィニッシュ。最後までがんばりました。うーん残念。45.96。
安藤美姫。映画「ミッション」より。3Lz+2Loから。確実にいきましたね。3Loは高いです。2Aとクリーンに決めました。難しいポジションのスピンからSlSt。この音楽ではしっかりメリハリと緩急をうまく作り上げてますよねー。表現もしっかりできてる。スピンも回転は速かった。ばっちりですね!SPは十分に安全にいっても勝てるという計算があったかもしれませんが、しっかりノーミスは大きい。積み上げてきたキャリアが見えましたね。64.76。
鈴木明子。「ジェラシー」。3F+2Tは確実に跳んできました。3Lzはツーフットになってました。大きな表現から表現と技術の融合したスピン。ただ回るだけじゃないというところが強く感じられます。2Aはおっけー。手を伸ばすだけでいい物語が紡がれます。スピンからSlSt。おおっさすが!エッジワークと音楽表現、芸術表現がたっぷり盛り込まれていて見応えあります。そのままフィニッシュ。ルッツのミスがどの程度響くかというところですが、いい演技でした。56.86。あれー?回転不足とられたんですかね?キスクラのおひょいさんがスヌーピーのぬいぐるみもってるのがおもしろかったです。
浅田真央。シュニトケ「タンゴ」。3Aは止まりましたがなんとか回りきったでしょうか。コンビネーションは3Lo+2Lo。ずいぶん落としましたが成功。3Lzも成功!これは久しぶりにいい演技になりそう!180度開脚のスピンも抜群です。どんどん観客が引き込まれているのがわかりますね。SlStは最初は片足、でもその踊る姿は強烈に表現を意識してますね。ビールマンスピンでフィニッシュ。すごい歓声!やりましたね!いい笑顔も出たし、ひとまずいい結果が出てよかったです。66.22。
村主章枝姉さん。よかったよかった、出てこないのかと思った。若い奴らの間に飛び込んでいけ!「アルビノーニのアダージョ」。3Lz+2Tをしっかり決めました!3Fも流れがあるいいジャンプ。いいじゃないですか姉さん!スパイラルからの2Aもばっちりです。よしよし。スピンも安定してます。SlStも前半は片足で、メリハリとチェンジオブペースで物語を作り出してます。さすがですね。I字スピンでフィニッシュ!よっしゃ!いいとこいけそうですよ。57.18!若いもんたちにやらせはせんぞと!ありがとうございます!そしてポエムのやる気のなさがすごい!「ベテランらしい…ジャンプの…」とかいってましたよ。歯切れ悪!
○SP終わっての順位:
1. 浅田同志
2. 安藤同志
3. 村上同志
4. 庄司同志
5. 村主姉さん同志
6. 西野同志
女子は2時間強で13人、男子は1時間弱で5人。そんなに男子はコンテンツとしての価値がないと思われてるんでしょうか。しかもFS夜やし。怒れ将軍!
SPトップは浅田。コストナースキームの影響がこんなところにと思わせますが、ともかく今は調整の段階ですし。ジャンプを決めたら最強なわけですから。とはいえ3A(認定されてたのかな)と3Lzを跳んでるわけですからね。あしざまに書き立てて小銭を稼ぐ腐ったメディアのことは気にせずじっくり取り組んでほしいのですが、いい笑顔が戻るとやはり安心しますね。よかった。FSもその調子で。苦手なジャンプは跳ばなきゃいいんだよ!(誰だ)
2位は安藤。やはり過酷な戦いをくぐり抜けてきた強さを安藤には感じますよねー。今回もチームとしての計算がしっかり働いて、堅実な構成の上に安藤の意気込みを合わせて、いいSPになりました。浅田が上に来たのは想定の内か外かわかりませんが、世界選手権の代表になるのが大事ですからね。FSも安全策で。
3位は村上。ひょっとして2A跳んでれば2位だったんですかね?相変わらずの元気なスケーティング。今やることに迷いのない演技はかくありたいと思わせます。4位は庄司。全日本でこの順位は自信になるでしょうね。3S+3Tをしっかり決めたのも大きかった。いい演技でした。
5位に村主姉さんがきました。今日はジャンプも決まったし、いい演技でした。何より(本意ではないかもしれませんが)ポエムを黙らせたのがほんとに痛快でした。姉さんなめんな!6位は西野。3Lz+2Tはこの位置にくるのに有効でしたね。
まあ人が変わったようにいい実況になるとも思えないのですが、ポエムの成長のなさは相変わらずですね。よく聞いてない(聞けない)のもありますが、少なくとも必要な情報がまったくないのがある意味すごい。特にいわなくてもわかってること(ex.3回転3回転!)か、絶対いわないでほしいこと(ex.佳菜子フラッシュ!)のどっちかしかいってない。今年は特に忙しかったのか事前の情報みたいなのがまったく入ってなさそうでした。途中から衣装のことしか口にしてなかったし。
あの価値のなさがCXの番組的には最高なんですかね。広告収入を確保するテレビ局の営業も大変だと聞いているのですが、やはりスポンサーも現場の営業もあの実況が最高だという認識で一致しているんですかね。長らく腹を立てながら何年もたってますが、いい加減存在価値みたいなのが知りたいです。
やつの空虚な死の呪文は気にせず、選手の皆さんはベストを尽くしてくださいね!

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

フィギュアスケート全日本選手権2010(2):女子シングルSP への3件のフィードバック

  1. ゆみさまま のコメント:

    おはようございます。
    何より真央嬢に笑顔が浮かんだことが一番のような気がします。
    演技が終わってキスクラに戻ってきた時の佐藤コーチとのハグが微笑ましかったですし、点数が出た後引き上げる時に久美子コーチがぎゅっと抱きしめたのも印象的でした!
    最初の上野沙耶ちゃんのコーチは本田くんなんですね!
    本田コーチ、大忙し(笑)女子のSPが終わったら解説者ですから。
    おうちに帰ればお父さんですけど。
    男子に較べればかなりの人数を放送してくれたと言えますが、今季大学最終学年(確か;;)の武田奈也ちゃんや澤田亜紀ちゃんを放送して欲しかったです。
    お台場さんにそんなこと求めても無駄だとはわかってますが・・・・。

  2. みーちゃん のコメント:

    こんにちは。
    男子SPを見ながら船酔い状態になったのは私だけではなかったようで安心しました。みんな何でスピンをトラベリングしているのか不思議でしたよ。かなり苦情がいったみたいで、やれやれ!
    浅田真選手のフリップ決まった後の笑顔に思わず泣きそうになりました。信夫・久美子両先生とのハグも何だか新鮮でした。でも一番は3Aの助走でジュンジュンが「行く!」と発したこと。本当にみーんな心配していたんだな~と。
    それにしてもポエムはえらい立場にあるんでしょうか?もう5年くらい?反省も改善も全くないなんてどうかしています。

  3. マイク松 のコメント:

    みなさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    >ゆみさままさん
    佐藤夫妻は浅田を大事にしているらしいですねー。今の浅田に一番必要な愛情かもしれません。
    上野もすばらしいコーチに師事しているんですね!クラッシュはまねしちゃだめ!
    >みーちゃんさん
    ジュンジュンも気合い入れてみていましたね。心配してるのは誰もそうだと思いますが、さすがに心配だったんでしょう。
    あいつの辞書に反省という文字はないので誰か書き加えてやってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。