大相撲5月場所2014:千秋楽とプチ総括

甲子園にロッテ×ハンシン戦を見に行ってきたマイク松ですこんにちは。雨天の順延試合ということでお客さんは少なめ。ゆっくりみられました。甲子園カレーたべました。おいしいレトルトカレーです。いつも思うのは大きな企業がばんばんスポンサーになっているということ。オリックはちっちゃい企業からちょっとずつお金を集めているのとは対照的です。
大相撲はやっと千秋楽。今場所はまずまずいい場所でした。

千秋楽。実況は藤井さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。
蒼国来×北太樹。左をねじ込んだ北太樹、右上手もとって寄り切りました。両者とも今場所はがんばった。
豊響×千代丸。千代丸のもろ手もものともせず、豊響が最初から寄って寄って寄り切りました。豊響のいいところが戻りつつある。あとは忘れないことですね。
時天空×栃乃若。時天空が上手をとる前に栃乃若が寄り切り。9勝しましたね。徐々に戻していこう。
大砂嵐×旭秀鵬。右を差した大砂嵐、寄ったあとで頭を押さえて上手投げ、そしてまた寄って押し出しました。速い攻めが次々と出てきましたね。かかとを痛めてしんどそうでしたが、10番勝ちました。稽古のたまものか。
臥牙丸×隠岐の海。はさみつけたガガ、ボーン・ディス・ウェイで逃さず寄り切りました。土俵際もしっかり注意していましたね。
妙義龍×荒鷲。7勝同士の対決。荒鷲前まわし。土俵際で妙義龍が内股っぽい掛け投げ。投げの打ち合いになり、物言いでチェックして妙義龍が勝ちました。千秋楽でハチナナで決めるようでは。荒鷲は新入幕でよくやりました。早くに勝ち越しておきたかったですね。
舛ノ山×徳勝龍。舛ノ山の立ち合いを止めた徳勝龍、舛ノ山のすくい投げを残して、また右四つから上手をとりました。舛ノ山と投げの打ち合いになりますが、ここは徳勝龍の勝ち。
佐田の海×玉鷲。佐田の海は勝てば敢闘賞。玉鷲が一気に出て行きますが、土俵際で突き落としました。新入幕敢闘賞はお父さんもやっていて、親子での新入幕敢闘賞は歴史上初めてだそうです。それはいいことですね。
松鳳山×照ノ富士。松鳳山突き押しからもろ差しと攻めるが、照ノ富士がまったく揺るがない。かいなを抱えて、そこからつってつり出しました。照ノ富士が覚醒しつつありますね。この豪快な相撲があれば上を狙える。来場所も要チェックですね。
遠藤×貴ノ岩。左四つの体勢。貴ノ岩が遠藤の上手を切りますが、遠藤が左下手から下手投げで勝ちました。あの位置でナナハチはまずまずの成績では。まだ強くなれますからね。
安美錦×豊真将。アミーがしっかり前に出ていきますが、豊真将が土俵際で突き落とし。物言いがつき、同体で取り直しになりました。取り直しはアミーが右を差しました。豊真将が上手を引いて体勢を整える前に一気に寄り切りました。スピードの勝利。
千代大龍×宝富士。宝富士がはさみつけるようにして逃がさず、左を差して寄り切り。藤井さんも「別人になった終盤」。
常幸龍×豪風。豪風はたき。千秋楽は悪い意味で自分らしさが出ました。
碧山×魁聖。碧山はず押しで一気に押し出しました。魁聖に何もさせないいい相撲。強くなってます。
高安×千代鳳。千代鳳が立ち合いの鋭い当たりからどんどん押して押し出し。立ち合いの勝利ですね。最後にらしい相撲がとれましたよ。
嘉風×旭天鵬。抱え込もうとする旭天鵬だが、嘉風にはたかれ送り出されました。土俵の外に勢いよく。まあ来場所ですね。
勢×栃煌山。栃煌山に攻め込まれ防戦一方も、勢もしっかりつかまえようとします。その体勢が整う前に栃煌山が上手出し投げ。でも昨日と今日はあまり前に出てなかったですね。勢は強くなってます。これを続けましょう。
豪栄道×琴奨菊。ゴーエードーは勝つと殊勲賞&勝ち越し。右四つから左上手をとりました。菊の上手をケアしながら、前にでて上手投げ。やっとハチナナで勝ち越せましたね。ゴーエードーがんばれという声が大きいですが、菊は負け越してます。
鶴竜×稀勢の里。キセは今日勝っておきたいですね。今日は終始突き押し合い。しかしまったく鶴竜を寄せ付けない。突き押しで圧倒しました。強いです。
白鵬×日馬富士。白鵬が上手をとりにいきました。しっかり左上手を引いて上手投げ。裏返しにして優勝を決めました。29回目。

今場所は満員御礼が多かったです。お客さんが増えていることは確か。やはりお客さんが増えると熱戦も増えます。注文相撲にはブーイングが出たり。そのおかげでいい相撲が増える。この好循環を続けていきたいですね。
新横綱鶴竜にとっては厳しい場所になりました。自分らしさが全然出てない、平常心はどこへいったんだというところ。来場所は奮起しないといけないですね。白鵬はいつも通りすばらしい、ハルマは序盤は苦しみましたがちゃんと持ち直しました。キセは来場所につながる数字、菊は来場所カドバンの数字。
今場所はベテランがアミーと豊響以外軒並み負け越し。中堅どころもなかなか厳しい。栃煌山は10勝しましたが、ゴーエードーはハチナナやってる場合じゃない。豊真将はようやく戻ってきましたね。上を狙って引き続きがんばりましょう。
そのかわり若手ががんばりましたね。勢が11勝で敢闘賞。最も成長した力士になるでしょうか。来場所も続けることが大事。大砂嵐と照ノ富士、新入幕の佐田の海ががんばりました。特に照ノ富士がいい。来場所楽しみです。
遠藤は大相撲人気をがっつり支えてくれています。その割に4枚目でナナハチは悪くない数字。負けてるのも全員実力者だし、鶴竜も倒してる。来場所は勝ち越していけるでしょうけど、前に出てないのが気がかり。もっと前に出よう。オマエが勝ち越せば大相撲は大きくなる。
ぎりぎり勝ち越しですが、碧山、玉鷲、魁聖はいい相撲をとっていました。旭秀鵬、蒼国来も終盤までは快調だった。栃乃若はいよいよ以前の状態に戻ってきました。じっくりいきましょう。妙義龍はなんとかハチナナは情けない限り。じっくりやってほしくないですが、調子を戻していきましょう。
いい流れになってきてますが、地方場所でどれだけお客さんを集められるか。名古屋は試練になりそうですね。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です