世界フィギュアスケート選手権2014(5):女子シングルSP

川崎昇格。超うれしいマイク松ですこんにちは。早速5-2ということで活躍してます。ほんとトロントに見に行きたいわー。
さて、世界選手権はいよいよ女子シングルSPです。32人。

世界フィギュアスケート選手権2014、女子シングルSP。実況は住田さん、解説は杉田さん、ゲスト解説に安藤さん。よろしくどうぞ。
イスラエルのネッタ・シュライバーから。「テイク・ファイヴ」。富井が「背中が裸エプロンぽい」といっています。そんなことないよ。ステップからの3Loは流れよくいきましたが、普通のところでつまづきました。3S+3Tはセカンドで転倒。無理したかなー。2Aはシングルに。スピンはまずまず。ステップもよく上下の動きを入れてます。安藤さんはこの大舞台で1番滑走なのにがんばってるとのこと。確かに最後までしっかり演技できました。43.39。
杉田さんと安藤さんがいれば実況いらないんじゃないかな…?
韓国のキム・ヘジン。オリンピックにも出てた。「シェルブールの雨傘」。3Lzは助走が長かったですが成功。キャメルスピンはまずまず。レイバックスピンのポジションがいいです。きれい。3F+2Tはちょっと止まり気味。2Aはしっかり。安藤さんはスピードをもっと出そうとアドバイス。ステップはエッジワークにキレありますね。ほかのエレメンツを鍛えていくのが課題か。51.83。
カナダのガブリエル・デールマン。次代を担う選手の1人。「アンジェリカ」ほか。3Lz+2Tは幅のあるいいジャンプ。3-3もいけそうです。3Fはステップアウト。ロングエッジみたい。ビールマンスピンはまずまず。キャメルスピンは回転が速かったです。カナダ選手権よりもしっかり鍛えてるみたい。ウォーレンからの2A、ステップと体がよく動いてます。大舞台を踏んで成長してる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技でした。55.72。
オーストリアのケルスティン・フランク。「ボヘミアン・ラプソディ」。3Lz+2Tは助走が長かったですがまずまず。レイバックスピンはあんまり難しくないポジション。ステップをここで入れてきますが、エッジを深く使うべきと安藤さん。次の3Sはダブルに。キャッチフットスピンから、スパイラルからの2Aはよくできました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。そんなに悪くなかったよ。落ち込まない。44.11。
スイスのアンナ・オフチャロワ。「ジプシーズ・フォーク・ミュージック」。クリスマスツリーみたいな衣装。最初にスピードがあるし、3Lz+2Tもきっちり成功。表情があると安藤さん。3Loもうまくいきました。ロシアの選手だったのですがスイスにいったみたい。でも笑顔が大きくてロシアっぽくない。2Aからレイバックスピンはビールマンポジションもきれい。やっぱりロシアは新型MSが余っていて、こういう国籍を変える選手も出てきているんでしょうか。ステップも躍動感あるし、最後のI字スピンでフィニッシュ。十分でしょう。54.19。
イギリスのジェナ・マッコーケル。この大会で引退だそうです。てっきりいつまでも滑るんだと思ってました。「イマジンド・オーシャン」。3F+2Tから決めてきました。ステップからの3Tも決めました。いいぞ。レイバックスピンはキャッチフットポジション。いいんですこれで。マッコーケルはこれで十分なんです。2Aも余裕ありました。ステップも精一杯力を出して。イギリスの女子シングルをずっと支えてきたマッコーケル。ほんとおつかれさまです。50.56。
ノルウェーのアンネ・リーネ・ヤシム。「マリア・アンド・ザ・ヴァイオリン・ストリングス」。マカロワが前滑ってた曲や。3S+2Tから入りました。3Loも流れがある。キャメルスピンのポジションは相変わらずきれいです。強みですね。Y字ポジションもしっかり決めるコンビネーションスピン。つなぎの部分から2A。もうちょいジャンプが高ければいいんでしょうけど、まあなんでもできないですよね。ステップはエッジワーク中心に。最後は得意のレイバックスピンでした。49.48。
スロバキアのニコール・ラジコワ。「愛のイエントル」。3Lz+2Tから入ります。ステップからの3Sは回転あぶないと杉田さん。レイバックスピンは回転が速いです。ステップは足下と表現をしっかりやってます。うまいですね。2Aも決めました。シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。これは出来よかったですねー。49.24。
ベルギーのカート・ヴァン=ダーレ。「レ・ミゼラブル」より。3Sはコンビネーションになりませんでしたがジャンプ自体は成功。フライングキャメルはまずまず。ステップはもう少し目線を上げると印象が変わると安藤さん。なるほど。2Aはなんとか。次どうするかな。3T+2Tはコンビネーションつけました。臨機応援にできましたね。コンビネーションスピンは回転速かったです。全体のまとまりがつけばいい演技にできそう。46.05。
韓国のパク・ソヨン。サン=サーンス「白鳥」。3S+3Tをしっかり成功!しかもいいジャンプです。3Lzはステップアウト。うーんこっちも決めないと。レイバックスピンからビールマンポジション。しっかり。2Aも問題なし。ステップは表情もついてます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。早速全体がまとまっている選手きました。しかも3-3もいけたし。57.22。おートップにきました。
アメリカのポリーナ・エドモンズ。きましたねー。アメリカの次世代の希望。「ベサメ・ムーチョ」。手足が長い。3Lz+3Tはセカンドで手をつきました。ステップからの3Fは高さもありました。フライングキャメルもいいし、ステップも元気な部分としっとりとした部分を両方見せられる。音楽変わってレイバックスピンが速い!ビールマンも今までで一番速い。2Aからコンビネーションスピン。最後にひと踊りしてフィニッシュ!さすがですねー。60.59。
チェコのエリスタ・ブレジノワ。リンクサイドにブレジナいました。余裕やな。「タンゴ・アモーレ」。3Lz+2Tはセカンドは手あげ。いい出だし。3Loはあぶないところでしたがもちこたえました。キャメルスピンもがんばってる。あと1つきめよう。2Aはでかいジャンプであぶないところでしたががんばった。やっぱお兄ちゃんがきてるから根性みせてます。ステップもまずまず。でもいいところが見つかった。ジャンプだ。ここから全体を磨いていきましょう。49.34。パーソナルベスト更新。兄も喜んでる。
デンマークのアニタ・マドセン。「死の舞踏」。3Loは転倒。のっけから豪快に。3S+2Tはうまくいきました。レイバックスピンは止まりそうですががんばった。2Aは成功。ちょっと普通に滑ってるところが多いか。ドーナツスピンは得意そう。ステップは疲れててもがんばってます。もっと特徴を出していくのがこれからの課題か。44.15。
オーストラリアのブルックリー・ハン。きました。おもしろい選手。「プレイヤー・フォー・テイラー」。3T+2Tから入ります。その前にもしっかりステップを入れていますね。スパイラルから3Loは流れもあった。キャメルスピンはドーナツスピンからさらに変化。これはいいスピンです。安藤さんも評価。2Aからレイバックスピンは速い!すばらしいです。そしてステップはエッジワークと体のキレがあります。いい演技でした。53.20。意外にそんなに出ないか。
リトアニアのインガ・ヤヌレヴシウテ。すごい名前だ。「サムソンとデリラ」より。スパイラルから2A。3Lz+2Tもいいジャンプです。3Fはアウトエッジだったか。でもテンポよく決めてますね。ドーナツポジションもうまくできてる。ステップはメリハリやスピードをつけるようにと安藤さん。いい選手になりそうなので、いいコーチがついてほしいです。47.20。
フィンランドのユリア・トゥルッキラ。「火の鳥」。ラテン系の火の鳥の印象ですね。3T+3Tを跳んできてます。いいぞ。3Loはシングルになってしまいました。これは痛い。ジャンプに比べるとスピンとかはもっと迫力出していきたい。2Aからのコンビネーションスピンももっとパワフルにいけるはず。基礎はできてると安藤さん。やっぱフィンランドってそういう評価なんですね。レイバックスピンでフィニッシュ。45.57。
ロシアのアンナ・パゴリラヤ。ロシアはパゴリラヤが出てきました。安藤さんも注目。3Lz+3Tをあっさり決めてきました。しかも高い。つなぎの部分のステップも速いし、3Loのあとの動きもきれい。キャメルスピンのポジションもロシアンクオリティ。2Aの流れもあるし、コンビネーションスピンのウインドミルが鬼みたい。ステップもディープエッジに長い腕を振り回してる。レイバックスピンでフィニッシュ。これはすごい!さすがでござる。66.26。でました!すごい!
スペインのソニア・ラフエンテ。「死と乙女」。3Fは転倒。勢いがなかった。3Lo+2Tでコンビネーションはリカバー。でも今季の不調は続いてるみたいですね。2Aは流れありました。ステップはよくがんばってます。レイバックスピンでフィニッシュ。本来の出来にはまだまだかかりそうですが、それでもしっかり演じてました。43.94。
カナダのケイトリン・オズモンド。カナダの次世代の希望。「リッチマンズ・フラッグ」。スピードに乗った3T+3Tは高さありましたね。いい出だし。3Lzはエッジがインサイドだったか。そして次のスピンできっちり乗れませんでした。勢いつきすぎたか。これはきつい。またぽかがでましたね。イーグルから2A。ばっちりです。ステップはほんとにダイナミック。よく体が動いてます。ポニーテールもうまく使うんですよね。最後のコンビネーションスピンもばっちりでした。あのスピンがもったいなかった。62.92。あのぽかがあってもこの点。
ウクライナのナタリア・ポポワ。「アランフェス協奏曲」。3Fはこらえました。3S+2Tはまずまず。ジャンプをまとめると戦える。2Aもいけました。スピードをもっとつけていけばいいけど、今日は慎重に決めてるんですね。ステップまでとても慎重。もっと躍動感だそう。最後のビールマンは止まりそうでした。まあそういう考え方も必要や。50.32。
エストニアのエレーナ・グレボワ。「恋は邪魔者」より。3T+3Tを成功!しかも結構いいジャンプ。ステップからの3Sはツーフットになりました。2Aもシングルに。跳び急いでしまいましたね。SPはまとめてくるイメージでしたが。ステップはチェンジオブペースがきいてる。コンビネーションスピンでフィニッシュ。あまりないジャンプミスが出てしまいましたね。これはきつい。48.09。
次の第5グループはすごい豪華ですねー。
浅田真央。きましたね。がんばれ。「ノクターン」。速い。3Aもいい出来でした。跳ぶ前のカーブが変わってると杉田さん。よう滑ってる。3Fも加点つきます。コンビネーションスピンもオリンピックよりも上がってる感じ。キャメルスピンも軸ばっちり。3Lo+2Loも余裕をもって成功。ステップもほんとに体の動きがやわらかく、本来の伝えたいメッセージを伝えてる。メリハリ、スピード、エッジワーク、チェンジオブペース、上半身の動き、躍動感、すべて入ってます。ビールマンスピンでフィニッシュ。うわーきた!これが浅田の演技か。余裕を持って、緊張から解き放たれた無心の演技、真の自分の滑りができました。というか花束がすごい!餅まきみたいになってる!がんばれフラワーガール!すごい!78.66。レベルが違う。
村上佳菜子。気合い入ってます。「ヴァイオリン・ミューズ」。3T+3Tは高さありました。どーんと。スピンから3Fもちょっと回転が微妙とのこと。そうなんや。2Aはばっちりでした。ステップは大きな表現。すごい気迫を前面に出した滑り。レイバックスピンでフィニッシュ。すばらしいですね!会場の雰囲気に後押しされました。60.86。うーんやっぱり回転不足をとられてるみたいですね。
鈴木明子。いい演技を。「愛の讃歌」。3T+3Tを決めてきました!スムーズなジャンプ。3Lzもしっかり。キャメルスピンはキャッチフットでスピードアップ。レイバックスピンは回転が速いです。すごい思いが伝わってくる。これも最後ですからね。2Aもばっちり!3つそろいました。ステップはほんとに天衣無縫のエッジワーク。その中に至上の物語がありました。コンビネーションスピンでフィニッシュ!よっしゃ!これはいい演技!すばらしかったです!またすごい餅まきが!71.02。いい点でました!
イタリアのカロリーナ・コストナー。「アヴェ・マリア」。今日もゆったりとした入り。そこから一気に加速。3F+3Tを決めてます。すごいな。昔のコストナーでは考えられないです。3Loもばっちり。スパイラルからキャメルスピン。会場の空気がどんどんきれいになっていきます。レイバックスピンも1つのポジションをじっくりみせる。流れのある2Aからステップ。全てのエッジに浄化作用が。もう美しいとかすばらしいとかじゃなくてありがたいの域です。コンビネーションスピンでフィニッシュ。これもすばらしかったですねー。実況陣もだまってしまいました。77.24。これもすごい点出た。
中国の李子君。またちょっと大きくなったか。「タンゴ」。3Fはステップアウトでコンビネーションにならず。3Lzは決まりましたがコンビネーションにしなかったですね。もっとがつがついこうぜ。コンビネーションスピンはしっかりいけてます。2Aはしっかり。ステップも含めてよくがんばってますが、やっぱり順番が悪い。レイバックスピンのオリジナリティはしっかり出せました。54.37。
アメリカのグレイシー・ゴールド。アメリカの希望。グリーグ「ピアノ協奏曲」。のびやかな入り。スピードに乗って3Lz+3T、決めてきましたね。レイバックスピンも回転が速い。キャメルスピンも。このへんはレベルアップしてきてます。この向上心が持ち味。ステップからの3Loはしっかり、2Aも成功。上半身のコントロールがいいので、少し軸がぶれてもリカバーできるとのこと。なるほど。ステップからコンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技!というか結構詰めてきてるんですね。まあゴールドもまだまだこれから。がつがついかないとね。70.31。
また最終グループにやつがいるよ。すごいよ。誰かわざとやってるんじゃないか。
アメリカのアシュリー・ワグナー。アメリカのエース。「クレイジー・ダイヤモンド」。3Lz+2Tは回転が足りなかったか。シットスピンも軸ばっちりだし、コンビネーションスピンもしっかり。杉田さんのいうようにワグナー世代にはいっぱいいろんな選手がいましたが、ワグナーは残ってるというのは基礎がしっかりしているということか。3Loはなんとか、2Aはしっかり。ステップはほんと気合い感じます。安藤さんも背中で表現できるということ。背筋のことだと思うのですが確かに。最後のレイバックスピンも決めました。63.64。うーん回転が足りなかったか。
ドイツのナタリー・ヴァインズィール。最終グループにいますが、オリンピックで場数も踏んできましたからね。「フィーヴァー」。3T+3Tを決めてきました。よっしゃ。ステップからの3Lzも成功。1つ1つの要素の確実性を上げてきてますね。レイバックスピンもキレよく手早く。2Aも成功。ステップに表現力も出てきたし、表情も出せるようになってきた。ちょっと前まではいまいちなその他大勢の1人だったのですが、最近はみるたびにうまくなってます。このままのびたらヨーロッパでもトップクラスにいけるかも。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技でした。60.82。
ロシアのユリア・リプニツカヤ元帥。もう1回みられますわ。「愛はまごころ」。最初からスピードに乗ってます。3Lz+3Tと軽やかに、計算通りに。2Aは幅も出てますね。キャメルスピンは後半に加速。ステップも軽々と、しかもリズムと音楽にしっかり寄り添いながらも計算通り。スーパースパイラルのあとすぐに3F。180度開脚のキャンドルスピン。180度開脚のI字スピンでフィニッシュ。最後は元帥に珍しく笑顔でした。今日はご満足の様子。おおーフラワーガールが忙しそうです。というかフラワーガールと変わらないな。74.54。こんだけやって3位かというお顔ですね。
フランスのマエ・ベレニス・メイテ。「クエスチョン・オブ・ユー」。3T+3Tはしっかり成功。ジャンプの確実性あがってますね。3Loも成功。キャメルスピンも安定してます。やっぱりメイテもみるたびにうまくなるな。2Aは余裕。コンビネーションスピンも1つ1つのポジションをしっかりやってます。ステップは相変わらずリズムをよくとってる。最後のビールマンスピンもいいスピンでした。ノーミスな上にしっかり向上してます。61.62。
イタリアのバレンティーナ・マルケイ。なんかおかしい。なんでこんなに最終グループが多いんだろう。ISUにファンでもいるんだろうか。やっぱりマルケイは最終グループだよな、みたいな。「帰れソレントへ」。3T+2Tはもともと3-3の予定だったみたいですが、無理しなくていいですよね。3Lzは転倒。あんまりないのにな。2Aはオーバーターン。レイバックスピンはきれいなポジションでした。ゆるやかなステップでもいい雰囲気を作ってます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりましたね。50.27。タイムバイオレーションをとられてるみたいですね。でもFSにはいけるそう。
スウェーデンのヨシ・ヘルゲソン妹。まだヨシが残ってましたか。意外な展開だ。3Lzは手あげでしたがステップアウト。3T+3Tは回転不足。まあもともと3-2だと思ったら。コンビネーションスピンはてきぱき。がおーっていう表情がいいですね。2Aは流れありました。キャメルスピンからレイバックスピンはとても軸がしっかりしてますね。妹もがんばってるみたい。いつか2枠とれるようになって、姉と出られるといいのに。最後はステップからがおーって顔でフィニッシュ。いい演技でした。54.96。おおいい点出た。
○SP終わっての順位:
1. 浅田
2. コストナー
3. 元帥
4. 鈴木
5. ゴールド
6. ポゴリラヤ
7. ワグナー
もう今回は浅田とコストナーが別次元過ぎましたね。浅田はオリンピックでほんとに無心の境地に達し、コストナーは悲願のオリンピックメダルを手に入れました。今までもすごかったのですが、オリンピックを経て真の意味で覚醒した感じ。敵はお互いしかないみたいです。というか敵味方という概念すらない。あるのはいい滑りだけです。
3位はリプニツカヤ元帥。たくさんのお客さんの前でいい演技ができてお喜びのご様子。これはうれしい。喜んでいただけて何よりです。鈴木が4位にきました。このメンバーで4位は立派です。5位はゴールド。同じく立派。ポゴリラヤが6位。ロシアの層の厚さを印象づけました。ワグナーは7位。がんばってます。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。