フィギュアスケートグランプリシリーズ ファイナル2010(3):男子シングルFS

<SPまでのあらすじ>
戦国大名織田信成は桶狭間では今川義元(高橋)の不意を突くもすでに出発したあとという空振りを演じるが、持ち前のひざの柔らかさでSPトップに立つ。しかし最大のライバル、武田信玄(パトリックちゃん)が上杉謙信(トリプルアクセル)と和睦し(なんとか跳べるようになり)ついに甲斐を出発、上洛を目指す。まともにあたってはきつい信成は、上洛寸前に信玄の体調が悪くなることを願いながら、武田軍を迎え撃つ。果たして信玄の体調は大丈夫なのか?信成の戦いの行方は?まだ生きてる義元や家康(小塚)の逆転上洛はあるのか?
***
あんまりこういってはなんですが、ファイナルは6人しか出ないのでレビューが楽なマイク松ですこんにちは。でもいろんな選手がみられるからクチピーみたいなおもしろいやつもみられますので、ほんとにこういってはなんですね。
今日はファイナルの男子シングルFS。ついにSPトップに立った将軍、日本の盟主の座はすぐそこに!

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、男子シングルFS。実況はカクザワ、解説はサノさん。
フローラン・アモーディオ。FSではいきいきがんばってほしい。「ブロークン」ほかマイケル・ジャクソン・メドレー。3Aは今日はばっちりきまりましたね。これでのっていこう。3A+2Tは間にタッチがあったか。3Loはダブル。でもまずまずの序盤。はい、ここからしっかりダンスパートになってきますよ。さすがのCiSt。気合いが違いますね。その調子です。素地がしっかりしてるからみやすいし。スピンも無難に。ここでマイケル・ジャクソンパートになってさらにギアをあげましょう。3T+3Tはツーフットになったか。3Lzはおっけー。3Fも決まりました。もっといけアモーディオ!3Lz+2Tも成功。2Aでジャンプおわり。そしてSlStはあとのことは気にせず全力で。会場もあとおししてますね。スムーズなポジションチェンジが光るスピンでフィニッシュ。よしよし!いくつかミスはありましたが、大きな一歩といえるでしょう。よくやりました。トータル201.90。なんかふしぎなきのこみたいなのもってる。なんだろあれ。
とりあえず実況陣はジャンプの種類を説明してくれませんか。ずっとのんびりみてるだけですよ。
トマシュ・ベルネル。ベルネルのおなじみな日本語横断幕がでてますね。クワドルプルに挑戦するらしい。無理せずがんばれ。「マイケル・ジャクソン・メドレー」。事実上アモーディオとかぶってます。最初は4Tに挑みますが3Tになりました。これでいいでしょう。3A+2Tもスムーズ。3Loもおっけーです。今のベルネルの100%を出してほしい。CiStは足下はさすがにうまい。上半身の動きはアモーディオの方が元気だけど。スピンは上から見てもマイケルっぽい。スローパートのなにげない手の動きはうまいですね。カクザワはいつも空気の話しかしませんよね。山本七平か。3Aはしっかり決まりました。おっけー!でも次の3Lzはダブルに。3Sは成功。もうちょいだ。3Fは予定ではコンビネーションだったらしい。3Lzはオーバーターンになったが2Tつけてます。これでジャンプおわり。SlStはさすがの技術。大きな動きでもエッジのなめらかさがすごい。スピンでフィニッシュ。いくつかのミスはありましたが、今のベルネルの100%がしっかり出せたのではないでしょうか。みんなまだまだこんなものではないことはわかっているわけですから。じっくりあせらず。私はあと3回変身できるんですよ的な復活を。213.64。
小塚崇彦。これは期待したいところです。リスト「ピアノ協奏曲第1番」。動きはいいですね。しっかり動けてるしスピードもある。4Tは着氷あぶなかったですがしっかり降りました。これはでかい。3Aは流れもあるきれいなジャンプ。3Lz+2Tは3-3にはならなかったですが大丈夫。安定したスピンからCiSt。すばらしいエッジワーク!技術だけで音楽表現ができる領域に入ってきてます。3A+2Tは軸が傾きましたがしっかり確実に。3Fもおっけー。3Lz+3Tはセカンドをなんとかつけてますね。3Lz単独はおっけー、3Sも成功しました。SlStは上半身をよく動かしているとサノさん。思い出したように技術解説を。でもその通りですよね。最後のスピンはまったく動かなかったですね。すばらしい演技でした。FSもがんばりましたね。ファイナルの舞台でできることはやったんじゃないでしょうか。237.79。
高橋大輔。襟がサメの背びれっぽい。「ブエノスアイレスの冬」。4Fに挑んできましたがツーフットになりましたね。回転も足りなかったか。3Aはおっけー。3Loもしっかり決まりました。ここからあげていきたいところです。CiStは音楽との調和のレベルが上がっている感じがありますね。順調でござる。3F+3Tはセカンドでタッチがありました。そして3Aで転倒。惜しいですねー。でもつなぎの部分は雰囲気をよく出してます。3Lzは成功。3Sもうまくいきました。3Lzは降りていましたが転倒。SlStはさすがに乗り切れなかったですねー。スピンでフィニッシュ。予想外の転倒がありましたが、でも4Fに挑んだのはすばらしかったですよね。このファイナルの位置づけから考えて、ナイスチャレンジといいたいです。219.77。
パトリックちゃん。カクザワ「こわいこわいパトリックちゃん」。妖怪か。「オペラ座の怪人」より。昨日の4Tは回転不足とられたみたいですが今日はパーフェクトですね。3A+2Tを決めてきました。うわー今日はよさそうやでー。3Lzも流れがある。つなぎの部分も雰囲気もりもり出してます。そしてSlStでどしどし物語を紡いできますね。うわーすごい。スピンもまったくぶれない。これは保存版になりそうな勢いだ。音楽変わってのびやかなスケーティングから3A。これは手をつきました。転倒してないからおっけー。3Lzはステップアウトしましたが2Sをつけてますね。これ成功したら何になるんだろう。3F+3Tはなんとか成功。3Loもきれい。2Aはその前の入りがきれいですね。CiStはさらにレベルアップ。音楽との調和と技術が高度に融合してます。すごい。高速スピンでフィニッシュ!ぐわー!やったー!すごい演技きましたね!全体的にパーフェクトではないにせよ、将軍に強力なプレッシャーにはなりそうです。今日のステップはすごかった。259.75!
織田信成将軍パパ。がんばれ将軍!グリーグ「ピアノ協奏曲第1番・第2番」。4Tのコンビネーションに挑みますが転倒。あがー。これはでかいけど踏みとどまれ!3A+3Tはすばらしい出来。3F+3Tもとてもキレのあるジャンプ。CiStはよくがんばってます。スピンは安定したクオリティ。3Lzは流れがきれい。3Aはちょっとタイミング的に大丈夫かと思いましたが問題なかったですね。ふしぎなけんけんみたいな動きがあった。3Loも成功。3Lo+2T+2Loも成功しました。でも2Aを成功させたのにそのあと転倒。あーもったいない。MOTTAINAI。CiStはがんばってました。スピンでフィニッシュ。うーん逃げ切るにはきついか。将軍の滑りはできていたのですが。242.81。2位は死守しました。
○最終順位:
1. パトリックちゃん
2. 織田ちゃん
3. 小塚ちゃん
4. 高橋ちゃん
5. ベルネルちゃん
6. アモーディオちゃん
ということで武田信玄は東海道を西進中に体調悪化、というシナリオはあっさり裏切られました。むしろ普段より元気な感じで無事上洛成功。足利将軍大喜びという結果になりました。信成包囲網をあしらいかねたのか将軍の天下統一はもう少し先になりそうです。大丈夫、カナダ選手権で信玄は甲斐に帰るので。
パトリックちゃんはファイナルで今シーズン一番の演技をみせましたね。最後のコリオステップとかすばらしすぎ。ただでさえ滑れば滑るほど点が出るのに、3Aでも転倒せず、あのステップ見せられたらそりゃ点出ますよね。いいものみました。ファイナルのチャンプも手に入れ、着々と成長を続けるパトリックちゃん。これからもいい演技見せてほしいものです。
2位は将軍。ここにきて2回転倒してしまいましたね。だいぶ緊張があったのでしょうか。それでもジャンプがしっかり跳べればパトリックちゃんとも互角に戦えることがわかったのは個人的には大きいことなのではないかと。早く完璧な演技がみたいです。2本そろえれば天下統一できる。
3位は小塚。確実に毎試合進化を続け、そのスピードは加速しているようです。その1歩1歩が頼もしい。今回は3位ですが十分存在感を見せました。4位は高橋。練習中のけがが影響しているらしいという話も聞きますが、確かに2転倒は最近なかっただけにびっくり。世界選手権ではしっかり体調整えてほしいです。もう自分一人の身体じゃないんだから。
5位はベルネル。これほどすばらしい5位があるでしょうかといいたいです。ようやくファイナル5位まで戻ってきたベルネル。復活までもう少し。ここまで待ったんですからいくらでも待てますよ。とにかくじっくり、じっくり復活してください。6位はアモーディオ。オマエの存在感は十分に見せてくれました。自分らしいスケーティングを貫いていけば、フランスを背負う力は自然についてきますよ。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズ ファイナル2010(3):男子シングルFS への4件のフィードバック

  1. iyagiri のコメント:

    最後の総括に全面同意です!
    特に織田くんの
    >ジャンプがしっかり跳べればパトリックちゃんとも互角に戦える
    は、まさに!
    素晴らしいジャンプを持っているのだから、自信を持って信玄に挑んで欲しい。
    ベルネルへの愛あるコメントに泣けました。
    私もゆっくり待っています。
    パトリックちゃん含め、これだけの選手達でもSP・FSともに完璧な演技を揃えることが難しい、
    フィギュアスケートってなんて過酷な競技なのかと。
    でもその分、素晴らしい演技に出会えた時の感動はひとしお…
    選手達の途方も無いチャレンジを、こちらもしっかり腰を据えて応援したいとあらためて思いました!

  2. おたか のコメント:

    これは来たか!?と思ったファイナル・・・今回は残念でした。
    SPの4−3成功には全身震えましたし、やった!桶狭間!でしたが・・・
    ここで、完成系をみたらもったいないし、次の全日本、うまくいったらワールドと
    舞台は続くのでぜひこの大河ドラマ続けて下さいね〜!
    フリーの前の<SPまでのあらすじ>にはうけました!まだまだ続編が続く事を祈って・・・(笑)

  3. Beth のコメント:

    久々にコメントさせていただきます!誠に遅ればせながらブログ復活嬉しいです。待ってました!
    最終順位、みんな可愛いですねw
    私もトマシュへの愛あるコメントに胸がいっぱいです。
    昨年のファイナルは本人も観ているこちらも顔面蒼白でしたが、あれからもう一年かと感慨深いです。
    4Tは3Tになっちゃいましたが、それを引きずらない強さが今年の彼にはあります。頼もしい。
    試行錯誤が続く中ですが、私もじっくり待ちます。待てます!
    女子はシズニーの優勝、嬉しかったですね!本当に見応えのある良い試合でした。
    フェンス越しのシズニー陣営の喜びようや、演技後、喜びが湧き上がるシズニーの表情…胸いっぱいです。
    フラットちゃんの復活をあわせて祈願しましょう。

  4. マイク松 のコメント:

    みなさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    >iyagiriさん
    将軍的にも手応えをつかんだのではと勝手に考えておりまして。きっとやってくれますよ。
    ベルネルは待つ価値のある漢ですからね。いつまでもいつまでも待ちますよ。
    >おたかさん
    将軍の挑戦が続く限り大河ドラマは2年でも3年でも続くでしょう。その挑戦見守りたいです。きっと史実とは全然違うドラマが(笑)
    >Bethさん(いつのまにか復活してました)
    紆余曲折あってここまで戻してきたベルネル。ここであせってもしょうがないですからね。今こそフィギュアスケートの応援の文化をもって、ベルネルを待ちたいところです。がんばってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。