ハッピークリスマス!ミッキー兄さんがシャクホー

昨日のスポーツニュースで北の富士さんが今年の大相撲はどうでしたか?という質問をされていました。そんな着火剤を投入してはだめだと思ったマイク松ですこんにちは。もちろん「平凡な一年」に始まるぼやきタイムが始まったのはいうまでもありません。早送りされてたし。
そんな平凡と評された大相撲ですが、平凡じゃない人もいましたよ!もちろんミッキー兄さんです。もちろんってことはないですが。
しばらく名前を聞かないと思ったら、現在のアジトである焼き肉屋さんで雇っていた外国人が不法就労していたため、タイホされてしまったことはすでにお伝えした通りです。北の富士さんもこのニュースを耳にして「また土俵の危機が迫っている…」「大気が…大気が怒りに満ちておる…」と感じ、ぼやきタイムに突入されたものと思われます。大ばば様耳が痛いです。
しかし今日はクリスマス。ジーザスの慈愛が人々に降り注ぐ日です。ということでミッキー兄さんも罰金の略式命令が出てシャクホーされたそうです。ありがとうございます!
ちなみに罰金は兄さんが50万円、いっしょにしょっぴかれた店長が30万円。即刻納付でシャクホー。めでたい!これでミッキー兄さんも(比較的)おだやかな年末年始を送れそうですね。よかった。来年の目標はずばり「タイホされない」ですね。人として当然の目標ですよね。
それにしても波瀾万丈なミッキー兄さんの相撲人生。大学横綱→期待の若手→永世関脇→スランプもうヤダ→マダイ→ハチナナ→永世大関→トバーク→ツイホー→タイホ→シャクホー。うん、20年後には大河ドラマですね。タイトルはずばり「永世大関」。オープニングでは荘厳な音楽とともに惑星直列のイメージが。「PROVIDENCE」の文字。いきなり広い海でマダイのイメージ。出演者紹介。稽古場で期待の若手をかわいがる。「KEIKOBA」の文字が躍る。やがて国技館へ。白星黒星が画面上を流れ、それらが集まって「8-7」の文字を形成。それが爆発すると煙の中に携帯をもったエナツカサさんが。国技館から天空へ上昇し、エンジェルたちが舞い踊る天国へ至る。画面に「ETERNAL」の文字。こんなオープニングでいいでしょう。
ジーザスの誕生日はみんなが愛と慈愛のもと、寛容の精神を持つ日です。たのしい人も、ラブラブな人も。しんどい人も、ぼっちな人も。タイホされた人も、シャクホーされた人も。メリークリスマス&ハッピーホリデー。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。