フィギュアスケートグランプリシリーズ2013 アメリカ大会(2):女子シングルSP

東京ドラマアウォード最高賞にあまちゃん。めでたいマイク松ですこんにちは。そろそろBD-BOX買う時期ですかね。
今日はアメリカ大会、女子シングルSPです。

フィギュアスケートグランプリシリーズアメリカ大会、女子シングルSP。実況は森下さん、解説は荒川姐さん。
アメリカのキャロライン・ジャンから。というか20歳になったんですね!そしてまだ20歳なんですね!「オペラ座の怪人」。3Lo+2Tから入りました。3-3はなくても安全にいきたいですね。しかし3Fは抜けて前向きに降りてきてしまいました。スピンはまずまず。スパイラルから2Aはしっかり成功。おもしろいポジションのスピンからステップ。丁寧に踏んでいると荒川姐さん。最後のレイバックスピンでフィニッシュ。まずまずといったところですね。この試合しかGPSはエントリーしてないらしい。45.76。
アメリカのサマンサ・シザリオ。「フィーヴァー」。20歳ですがシニア初参戦。3Lo+3Loから決めてきました!セカンドは真上という感じですが、きれいに降りました。3Fはなんとかもちこたえましたね。2Aはだいぶ斜めになりましたが問題なく降りました。ジャンプはいけてますね。スピンはてきぱき、ステップはよく体が動いてます。元気。最後のコンビネーションスピンもしっかりまとめました。いいですね!これからしっかり高めていきたいところ。53.51。
ロシアのエレーナ・ラジオノワ。14歳のシニアデビュー戦。ちっちゃい!細い!「アンナ・カレーニナ」。滑りはスピードありますね。3Lz+3Tはしっかり決めました。練習では決まってなかったそうですがしっかり成功。喜んでいます。また複雑なポジションでのスピンがすばらしいです。ステップは手がよく動いてるし、表現力もありますね。シットスピンも回転が速い。ここからジャンプを2つ残してます。3Loも流れよく成功。イーグルから2Aもまずまず。最後はおそろしい柔軟性のレイバックから、すごい細いビールマンスピンでフィニッシュ!またえらいの出てきましたね。全然体もできてないしシニアにくる意味あるんかなと思いましたが、これだけできてればジュニアですることは特にないですよね。ちゃんと食べて大きくなるんやで。67.01。ぎゃー。頭が骨付き肉みたいだ。
グルジアのエレーネ・ゲデバニシビリ。おー珍しくこの時点で結構絞ってきてますね。ジャンプは跳べるようになってるかな。「ロマンス」。3Lz+2Tは3-2にしてますが、ちゃんと成功。スピードありますね。3Tも流れのあるいいジャンプ。質が非常に高いですね。スピンも安定してるし流れをまったく切らない。2Aはフォロースルーもよかった。よしよし。シットスピンからステップ。このへんはメリハリがあるし、チェンジオブペースが絶妙。エッジワークで物語が紡げてますね。最後のI字スピンもいいポジションでした。いいですねー!ちゃんと決まるだけでおっけーです。ここからあげていけばいいでしょう。56.68。あのジャンプ構成でいいスコアです。
フランスのマエ・ベレニス・メイテ。わりとフランスで戦う感じでしたけど、今回はアメリカにも。「クエスチョン・オブ・ユー」。スピードに乗って3T+3Tはセカンドでステップアウト。でもいいジャンプです。3Loはしっかり。フライングキャメルスピンは回転が速い。持ち味ですね。2Aは大きいジャンプで余裕ありました。ステップは音楽に合わせてしっかりメリハリをつけてます。こういうのもできるようになりましたか。年々成長してますね。最後は回転の速いレイバックスピンからビールマンでフィニッシュ。パワースケーティングでした。それでないと。55.84。ベネ。
イタリアのバレンティーナ・マルケイ。今年もがんばってます。マルケイは有香ちゃんについてよくなってますよね。「帰れソレントへ」。ステップからの3Sから入りました。3Lz+2Tもおっけー。3-3跳べばいいってもんじゃないですよね。できることをやればいいのです。スピンもしっかりしてるし曲の情感を表現してます。2Aはクリーンなジャンプ。レイバックスピンは軸が安定。ステップはまたエッジを使えてるし、表情がすばらしい。最後のスピンもしっかり表現できました。充実してますね。59.25。やりますね!
ロシアのエリザベータ・タクタミシェワ。オリンピックシーズンにどんな演技できますかね。「ラテン・メドレー」。最初のジャンプは1T+3Tでセカンドで転倒してしまいました。ぎゃー。3Loはばっちりですね。スピンからステップはしっかり曲にあわせてます。これだけきっちり曲にフィットするとは。しっかり滑ってきてるようですね。2Aは成功。つなぎの部分も曲にあわせてるし、表情がすばらしくつけてます。しっかり詰めればいい演技になりそう。高速スピンでフィニッシュ。53.20。みんな苦い顔をしています。
スウェーデンのヴィクトリア・ヘルゲソン姉。「ミステリー・ワルツ」ほか。3T+2Tは安全策ですかね。3Loもいいです。レイバックスピンは軸がぜんぜんぶれないですね。2Aもしっかり。ジャンプは決まってますね。こうなったら姉のペース。ほんとにスピンの安定感はすばらしい。ステップはよく伸びていると荒川姐さん。ワルツにのったリズミカルなステップでフィニッシュ。なかなかクラシカルなよさがありましたね。よしよし。58.80。
アメリカのアシュリー・ワグナー。「クレイジー・ダイヤモンド」。かっこいい曲選んできましたねー。3F+3Tからばっちり決めてきました!さすが。目線の使い方もうまいし、気迫を表現してます。スピンも安定。3Loを決めて大きく吼える演技。何かに変身しそう。2Aもしっかりです。そしてステップではロッカバラードの情念をがっつり表現。さすがアメリカズスケーター、最後のビールマンスピンはゆっくりでしたが、あえて見せつけるような演技でした。もうここまで仕上げてきましたか。69.26。いい点でました!パーソナルベストです。
浅田真央。この衣装とても浅田に似合ってますよね。いいことです。「ノクターン」。すごいスピードだ。そして3Aをしっかり決めてきました!少なくとも一か八かのジャンプではない、積み重ねを感じましたね。3Fは単独ジャンプ。入りもすごくよかった。コンビネーションスピンはポジションが1つ1つ正確だし、回転が速いです。フライングキャメルも同様。音楽をよく聴いてますよね。3Lo+2Loを跳んでジャンプ終わり。ステップはその中に1つの物語がありますおよね。それでいてよく滑ってるしエッジワークもなめらか。レイバックからビールマンスピンでフィニッシュ。はーいばっちりでーす!最後にいい笑顔で終わってるのが何よりです。73.18。ぎゃーきました!
○SP終わっての順位:(火山情報があったので)
1. 浅田火山
2. ワグナー火山
3. ラジオノワ火山
4. マルケイ火山
5. 姉火山
6. ゲデバニシビリ火山
1位は浅田。まあ3Aの分だけどーんとリードしてますが、それよりも滑りの質がほんとに高い。ようやく佐藤夫妻の指導が実りの秋を迎えてますね。いつも速いしなめらか。いい滑り出しになりました。FSもやってくれるでしょう。でSPもまだまだよくなりそう。
2位はワグナー。ワグナーらしさをもっと出せてるみたいで何より。こうでないとですね。ワグナーのいいところは自分の持ち味を見失わないことです。3位はラジオノワ。演技はすばらしいですが、とりあえずごはんたべてください。
4位はマルケイ、マルケイはあれでいい。ヘルゲソン姉は5位。6位はゲデバニシビリ。手応えありの演技でした。
今「へるげそんあねは」って変換したら、姉歯って変換されました。びっくり!

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズ2013 アメリカ大会(2):女子シングルSP への2件のフィードバック

  1. きゃわい のコメント:

    マイク松さん、こんばんは。
    今季の浅田には、3年間の積み重ねという言葉がぴったりきますね。
    どなたか「3年間皆勤賞」で浅田を表彰してほしいものです。
    そして、ワグナーさん。自分の持ち味を突き詰めてきたって私も思いました。
    ワグナー軍曹って言葉が浮かんだのですが、それよりも、鬼の風紀委員長?
    たるんだチャラ男を気迫と一睨みで一掃しそうな勢いを感じました。
    スケーター―が自分の良さを見失わない…素晴らしいことですね。

  2. マイク松 のコメント:

    きゃわいさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    今シーズンもよろしくお願いします!
    鬼の風紀委員長はちょっとツンデレっぽいイメージがありますが、僕は軍曹の方がいいと思います!ワグナー軍曹!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です