NFL2010 week12 GB@ATL

耳鼻科に行ってきたマイク松ですこんにちは。耳の中は自分でなんとかしようとしてはいけないということがわかりました。なんか書くのがはばかられるようなひどいことになっていたようで。しばらく通おうと思います。近所の耳鼻科は大人気のいいところでした。
耳の不調に苦しんでいる間にNFLももうweek12ですか。早いでござるな。今週はMNFがSF@ARZというすばらしいマッチアップ。ARZはポストワーニャーおじさんの育成に失敗、核戦争後の都市みたいになってしまってます。こんなセカンドインパクトは久しぶり。ファン・アンド・ガン、あるいはスパリアーショックともいうWASのあの頃に匹敵するのではないかと思います。
ということでGB@ATLをみておこうと思った次第です。めもですが。
・week12, GB@ATL。実況は野瀬さん、解説は宍戸さん。
・前半最初は渋すぎる試合展開、FGで点を取り合います
・両チームともディフェンスがよくて、オフェンスの調子もいいのに点が入らない
・GBはエンドゾーンまであと1ydのところで、QBスニークにいってファンブルロスト、タッチバックになってしまいました、ランがなかなかしんどい事情もあったか
・逆にATLはゴンザレスにTDパスを通してゴンザレスダンク、前半はATLリードで終了
・後半に入ってまたGBは同じようにエンドゾーン前、やりなおしとばかりにロジャースがエンドゾーンに飛び込んでTD!こわいですが勇敢です、これで同点
・ATLは前半に引き続いてターナーのランが好調、スネリングとかわるがわる担当しながら、最後はターナーが走り込んでTD!リードを奪います
・4Q終盤、時間がない中GBがロングドライブ、反則があって下がってもくじけず前進
・エンドゾーン前で時間がない中またフォルススタートがあって罰退、それでもエンドゾーン左のネルソンにロジャースがTDパスをヒット!ロジャースはすごい!
・時間は残り1分、もうオーバータイムだろうと思ったところで、キックオフリターンで前進し、フェイスマスクがあってさらに前進したことで雰囲気が変わります
・フィールド中央からライアンがパスパスでちびちび前進し、なんとかFGレンジに
・Kブライアントが47ydsFGをしっかり決めました、これで試合終了、GB 17-20 ATL
・ライアンもロジャースもとてもよかったですね
・ライアンは24/28,197yds,1TD、ロジャースは26/35,344yds,1TD
・レシーバーもがんばってたし、何よりディフェンスが両チームともすばらしかった、締まったいいゲームでした
・ATLはランをしっかり出せたのと、大事なところで反則で進めたのが大きかったかも
・いやーいいゲームでした、2人のQBとも勝たせてやりたかったです

カテゴリー: NFL パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。