大相撲3月場所2012:番付発表チェック

東京から帰ってきたマイク松ですこんにちは。すごい雪でしたねー。まんまと大混乱に巻き込まれてしまいました。きつかった。でこっちで仕事をすませて、明日はまた東京です。もう雪はいやです。
さて、明日からあったかくなるらしいですが、そんな春を呼ぶ春場所の番付発表がありました。チェックしてみようと思います。
1. 把瑠都が東の正大関に、三役は入れ替わり
上位陣はもちろん白鵬はひとり横綱として、大関陣は把瑠都が東の正大関。綱取りを目指してがんばるらしいですが、ほんと気合い入れてほしいですね。もちろん残りの大関のみなさんも。大関間の争いはおもしろくなってほしいです。
三役ですが、東の関脇は鶴竜として、西にアミーがあがってきました。もうなんというかどさくさにまぎれて。さらっと。いつも三役に上がるとあんまりよくないですが、あったかくなってくるし、ノープレッシャーでがんばってほしいです。
そして小結にガガがあがってきました。ついにここまできましたが、先場所の思い切った立ち合いがあればそれなりに戦えるはず。三役でじっくり力をためて一気に大関取りといきたいところです。西は栃煌山。
2. 前頭上位は充実の面々
前頭上位は三役から落ちてきたのと下からあがってきたので妙に充実しています。これはおもしろくなりそうな場所ですね。
筆頭は妙義龍と栃乃若。マイクいちおし力士が東西に。ありがたい話です。ここでしっかり勉強しておきたいですが、あんまり負け越すのも。時天空、旭天鵬、栃ノ心、阿覧などがどれだけがんばるかですが、できればこのへんで細かく勝っておきたいですね。
豊ノ島、豊真将、ゴーエードーもこのあたりに。がっつり大勝ちのチャンスもありますよ。
3. 幕内中位は充実の新鋭が多く競争に
幕内中位は松鳳山、高安、千代の国、隠岐の海、佐田の富士という新鋭どもがみんな東にいます。いい取組がいっぱいみられそう。
対して西には豊響、豪風、雅山といったベテランが固めています。このへんをどのように倒していくかが昇進の鍵となるだけに、しっかり考えて、しかも元気よくとりたいところ。
4. 幕内下位は期待の新入幕&返り入幕多数
幕内下位はついに勢が新入幕を果たしました。土佐ノ海が引退相撲をした次の場所で新入幕とはなかなか空気を読むやつ。伊勢ノ海部屋の希望の星、とにかく幕内にとどまり続け、勢いよくあがっていかないと。
他方で返り入幕も、若の里、宝富士、玉鷲、宝智山、翔天狼と5人も。玉鷲が戻ってきたのはありがたい話ですが、若の里の強さにはあきれますね。すごい。なにげに宝智山が返り入幕の常連になってきたのは注目です。
幕内の面々も勢いある若手が増えてきましたが、新しい時代の大相撲に着実に近づいてきています。とにかく土俵の充実ですね。充実、充実ゥ!

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

大相撲3月場所2012:番付発表チェック への2件のフィードバック

  1. YM5 のコメント:

    http://blog.livedoor.jp/kwangakusumo/
    意味もなく関学を検索したら、こんなブログを発見しました。
    大きく分けると彼らもファイターズの一員なので、角界入りしたら、いつかこのカテゴリーで紹介出来るといいですね。
    右のカテゴリーにカレッジ大相撲が出来る日を、楽しみに待ってますw
    自分がその大学の学生になった気分になれるのが、学生スポーツの魅力ですよね。
    フットボール部に出稽古に行ったら面白いかもですね。
    ライン戦をやったらきっと盛り上がるでしょう!

  2. マイク松 のコメント:

    YM5さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    あそこの相撲もがんばってほしいですね。なんかでかい人はきそうなんですが。

マイク松 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。