フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 ロシア大会(4):女子シングルFS

今日から12月らしいですね。信じたくないので信じません、12月って一番嫌いな季節なんですよ、昼は短いし、寒いし、世間は浮かれているし。ひねくれ者の世捨て人、富井です。少ない楽しみはフィギュアスケート。フリーはどうなるんでしょうか。解説は荒川さん、実況は清水さん。
クリスティーナ・ガオ。「リベルタンゴ」。3Fはコンビネーションにならずにステップアウト。2Aは成功し、昨日よりは調子がいいのかと思ったのですが、3Lzで転倒。次の3Fでも転倒、がんばって。3Loは両足着氷、1Sと音楽も悲しげに聞こえてしまいます。こうなると他のエレメンツも何となく力が入りませんよね。それでも最後のジャンプ3T+2Tは成功させました。終わった後もうリンクの上で泣き出してしまうガオ。荒川姐さんの情報によると春は順調だったのですが、夏に怪我をしてしまってまだジャンプを取り戻せていないようです。うーん、中国大会はそれほど悪くなかったのに菜。残念な出来ですが、この悔しさが更に成長させてくれるでしょうね。117.77。
アメリ・ラコステ。「エビータ」より。3Loはいいジャンプですね。3Lz+2Lo、3S+2Loとジャンプが決まると見ているこちらも安心しますね。ステップも上下動が大きいですねエッジは少し浅いような気もしますが。2Fになってしまいましたが、3Lo+2Loの最初のループも高さがある、というかこの人、ループばっかりだな。トーループが1つもないって珍しい!2Aは降りた後にちょっとかかとが刺さって動きが止まってしまいました。それに動揺したのか次も1S。本当にトーループ跳ばなかったのはびっくり。148.48
レイチェル・フラット。「火の鳥」。3Fはちょっと危ない感じだったけど大丈夫。3S+2Tもオッケー。3Loもすごく慎重に跳びました。カナダ大会よりは調子を上げてきたようですね。2A+2T+2Loとここまでジャンプを成功させてきましたが、次のサルコウが2Sに。スパイラルはきれいですね。3Lo+1Tとなんとかコンビネーションに。2Aは大変良い感じで跳びました。もうちょっとアクセル増やしてもよかったのではないかな。最後のSlStはフラットらしい上手さがありました。火の鳥っぽい。今シーズンからコーチも変えて、カリフォルニアに移ったそうで(スタンフォード大?)、そういうところで調整不足だったのかもしれませんね。全米選手権は期待できそうです。147.63
アグネス・ザワツキー。北米女子が続きますね。みんな国内選手権にあわせているんだろうか。「ラプソディー・イン・ブルー」。2A+3Tはトーループで転倒。次も2Fとちょっとジャンプミスが続きます。レイバックスピンの後、3Lzは高さはあるのですが、ランディングがちょっと乱れてしまいました。3Lz+2Tも着氷はもう一つですが、高さがあります。3S、3Tと成功させましたが、3S+2T+2Loとなってしまい、サルコウが3つめの2回跳ぶ3回転ジャンプのためノーカウントだそうです・・・もったいない。最後のポーズはかっこいい。まだ17歳なのに貫禄ありますね。149.38
シジミ習慣、私も欲しい。
今井遥。「マイ・フェア・レディ」。滑りがきれいですね。3Loは単独で。3Lzは回転不足に。3T+2Tは高さがあっていいですね。3Lo+2Tとここでコンビネーションに。遥ちゃん、計算できる子だ。スピンもいい。このジャズの選曲も有香ちゃんぽいよね。3S+2T+2Loのあと、スパイラルがきれい。音楽が盛り上がってきたところでの2Aがかっこいい。SlStもジャズっぽいちょっとユニークなポーズが入っていてカワイイですね。しかし、次のレイバックスピンでバランスを崩してしまいちょっと残念。でも最後のスピンはしっかり回転し、チャーミングが決めポーズ。ちょっと不思議な雰囲気のする今井にマッチした面白いプログラムになっていますね。今日は赤いジャケットの有香ちゃん、ありがたいです。154.76
キーラ・コルピ。「アイ・ガット・リズム」。スカートがアンシンメトリーになっている黒い衣装が上品で素敵。最初は2T、1Sとジャンプの出来がもう一つのよう。2A+2Tはオッケー。FSSpは荒川姐さんも「上手いですねー」と漏らす美しさ。3Lo+2T+2Loは素晴らしい、しかし2S+2Tとノっていけないようです。3Lo、2Aはオッケー。SlStにも古き良き時代的な品があります。ジャズでもコルピがやるとひと味違いますね。ジャンプは残念ですが、スケーティングやスピンはやはりレベルが違うなと思いました。160.92
ソフィア・ビリュコワ。「トゥーランドット」。3T+3Tを成功させて会場からも完成。3Lzは両足着氷。3Loは難しい入り方。LSpはビールマンになってからちょっと速度が落ちるのがもったいない。3Lo+1Tと何とかコンビネーションに。3Sは高い。180度足を上げるスパイラル、美しいなあ。2A+2Tも成功。シットスピンもいいですね。2Aも成功させて、ほぼ完璧な出来ではないですか。由希奈マニアで死ぬほどトゥーランドットを見慣れた人間からすると、やや一本調子の滑りだったのがちょっと物足りなく思いますが(それ以上に音楽の構成が不思議)でも、素晴らしかった。166.07
アデリナ・ソトニコワ。あ、タラソワさん、来てるけど痩せてる!体調は大丈夫だろうか。「愛の夢」。3Lz+3Loはバランスを崩しましたが、何とか成功。すごいな3Fは高いですね。2A+2Tもきれい。3Fで転倒、残念。180度開脚のスパイラルはきれい。3S、3Lo、2Aとジャンプもよくまとめました。その後のCCoSpが美しいですね。その後に急に再び盛り上がってSlSt。こんな曲だっけ?最後のFCCoSpもいいですね。お、トゥクタミシェワとミーシンコーチが客席で見てる。169.75
アレーナ・レオノワ。どこのクラブの姐さんかと思うような髪形でレオノワ登場。大相撲では前の方の席でお見かけしますけれども。美人ママっぽい。「弦楽のためのアダージョ」ほか。いいスピードで3T+3T、3Lo、3Lzとどのジャンプも素晴らしい質のジャンプ、そしてスピン。そして顔の前で手刀を斬る・・・あれ、このプログラム、安藤のと同じ?3Fもいいですね。3S+2T+2Lo、2F+2Tとここまで立て続けにジャンプを成功させましたが、最後2Aで転倒。もったいない。SlStも激しいですね。最後のコンビネーションスピンに至るまで隙のない構成。とてもいい出来だと思ったのですが、最後に2Aで転倒したためか、頭をぽんと叩くレオノワ。180.45
浅田真央。「愛の夢」。すぐにトップスピードにのり、完璧な2A。3F+2Loも見事。3Lzは片手をついてしまいました。しかし何事もないように見事なスピン。音楽との調和が素晴らしい。2Aはコンビネーションにならずに単独に。3F+2Lo+2Loは成功させましたが、2Sになってしまうなどちょっとしたジャンプミスが。レベル4のSlStの後、3Loは成功。流れが良いためか、最後スパイラルで終わるのが昨シーズンよりしっくり来ますね。ジャンプミスはちょっと多かったですが、これぞ浅田真央、という世界は揺らぎませんね。しかし・・・レオノワの上になるかな?とちらっと思いましたが、大丈夫でしたね。183.25。一位になっても佐藤コーチも表情を変えませんね。ちょっと面白かった。
1 浅田ダワ
2 レオノワ
3 ソトニコワ
4 ビリュコワ
5 セレブダワ
1位の浅田は多少ジャンプでミスしても安心してみていられますね。成功したジャンプがきれい。フリップの高さなんて素晴らしい。まだ完璧な「愛の夢」は成功していないと思うので世界選手権には「愛の夢」といえば浅田真央という決定版を滑ってもらえればと思います。なぜか私の中では「愛の夢」と言えば李成江なので書きかえて欲しい。
2位はレオノワ。2Aで転倒がなければ優勝だったかも、というぐらいの出来。それにしても刈屋アナの心を鷲掴みにしたワキワキのキュートなレオノワはすっかり都会の水(モロゾフ?)で変わってしまったのですね。銀座のお姐さんかと思いましたよ。何だかショック。その上、SPはフェルナンデスっぽいし、FSは安藤っぽいし、なんだかなぁ・・・来シーズンはレオノワオリジナルをお願いしますよ。それでもファイナルに進出するし、確実にステップアップしているのは見事。
3位はソトニコワ。中国大会よりは良かったように思いますが、やはり残念。身長が伸びたり過剰に期待されたりといろいろあったんだと思いますが・・・。と言いつつ、どちらも3位に入っているので十分すぎる結果なのです。が、それでも期待してしまいます。今年は怪我に気をつけて、来年はもう少し滑りやすいプログラムにしてもらってください。
4位はビュリコワ、期待が低かっただけに驚きの成績。一歩ずつ着実に進歩してますね。5位はコルピ。怪我を治して欧州は銀メダル以上を狙ってください。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 ロシア大会(4):女子シングルFS への4件のフィードバック

  1. ゆみさまま のコメント:

    こんにちは、富井副部長さま。
    レオノワちゃんについてのご感想、私もそっくり同じ感想を持ちました。
    ジャンプが安定してきて上手くなっているのはわかるのですが、彼女のオリジナリティが見えてこないのですー。
    あれはモロゾフがいけないと思うのですが、なんだか哀しくなりましたよ。

  2. nago のコメント:

    こんにちは。いつも読むのを楽しみにしております。
    チェンジャンの「愛の夢」! なつかしーですねー。
    選曲を知った時に何の冗談かと思ったのも良い思い出です。
    富井さんは書き換えたいですか。そうですか。
    …そうですよね。うんうん。

  3. のんのん のコメント:

    わたしも富井さんやゆみさままと同じでレオノワ嬢はもうちょっとレオノワオリジナルで・・・。
    2年前のロシアン民謡すきだったなー。
    懐かしのチェンジャン愛の夢!クーリックがいきなり駆けだし、イーグルから3A跳んだ優雅なリストとロシアの公爵夫人との愛の夢がすべてぶっ飛んだあの日。
    いや、カルガリーのSP素晴らしかったです。中国選手のキスクラに座ってるのをみると嬉しくなってしまいます。

  4. 富井副部長 のコメント:

    ゆみさままさん、nagoさん、のんのんさん、コメントありがとうございます。
    >ゆみさままさん
    >ジャンプが安定してきて上手くなっているのはわかるのですが、彼女のオリジナリティが見えてこないのですー
    そうなんですよね。元々スルツカヤを目指していたはずなのに・・・。スルツカヤのように個性的なプログラムを来シーズンはお願いしたいですね。
    >nagoさん
    >選曲を知った時に何の冗談かと思ったのも良い思い出です
    そうなんですよ。初めて見た時はほとんど坊主の「愛の夢」でびっくりしたのですが不思議に忘れがたくて・・・
    >…そうですよね。うんうん
    そういわれると、李成江を忘れてはいけないような気がします(笑)
    >のんのんさん
    >クーリックがいきなり駆けだし、イーグルから3A跳んだ優雅なリストとロシアの公爵夫人との愛の夢がすべてぶっ飛んだあの日
    オリンピックチャンピオンの思い出も色褪せるあのインパクト!なんだかみなさんの話を聞けば聞くほど、貴重な物を見たような気がしてきました(そうだったっけ?)
    コーチとしてもがんばっているようで嬉しいですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。