フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 ロシア大会(3):女子シングルSP

みかんの美味しい季節になりましたね。だんだんみかんの甘みが増してくるのと共にフィギュアスケートのシーズンも深まってきました。みかんは心の太陽だ~、富井です。解説は荒川姐さん。実況は清水さん。
ソフィア・ビリュコワ。ロシアの17歳。「セブン・イヤーズ・イン・チベット」。3T+3Tは流れもあっていいです。3Loもオッケー。スピンの回転が速い。イーグルからの2Aも成功。SlStの身のこなしも良くてこれからどんどん上手くなりそうです。欲をいえばもっとスピードがあるといいかなあ。しかし、ロシアの女子はジュニア世代にどんだけこのレベルの選手がいるのかと、唖然。56.30
アデリナ・ソトニコワ。昨シーズンのジュニアチャンピオン、15歳。「ボレロ」。この大会の公式ポスターにもなっているそうですよ。3Lzで転倒。しかし次のジャンプを3F+2Tで挽回、3Fは高さもあります。スピードもありますね。2Aを跳んだ後にすぐに足を高く上げて・・・難しい。ビールマンスピンの形も見事。SlStはよく音に合わせていますね。中国大会よりはこの難しい音楽をものにしているところはさすが。それにしてもシニアデビューにしてこんな難しい曲に挑戦しなくてはいけないのでしょうか。タラソワ道は厳しいなあ。57.79
アグネス・ザワツキー。「ハーレム・ノクターン」他。3T+3Tは2つめの着氷で転倒。3Lzはオッケー。ザワツキーのビールマンスピンも回転が速くてきれい。SlStも上手ですが、なんか心ここにあらずみたいに見える・・・昨年はもっと踊りまくっていた印象があるのですが。2Aは見事。演技が終わってにっこり。53.81。この得点で3位とは、この大会レベル高いなあ。
クリスティーナ・ガオ。「To love you more」。相変わらず細いなあ。3T+3Tの予定が1つめでバランスを崩してしまい3T単独に。そして2Aで転倒、1Lzと今日はジャンプが全て失敗。がんばって。ステップもいつもに比べるとちょっと伸びがないでしょうか。うーん、残念。やはり太ももの細さが気になります。しっかり食べてパワーをつけよう!39.64。
アメリー・ラコステ。うむ、ラコステはいい太ももしておる。「サテンドール」。2Aは跳んだ後もきれい。3Lo+2Loも成功、2Lzと単独ジャンプは失敗してしまいましたが、ここまでの選手に比べて力強い滑りそしてスピンも意外に回転が速い。SlStはジャズぽいけど欲を言えば、もう少し華やかさが欲しいところ。最後はちょっと音楽に合わなかったけど、どうよ、と迫る表情と肩の筋肉が素晴らしいです。50.63
今井遙。メンデルスゾーン「無言歌集109番」。3F+2Tは成功。3Loは素晴らしいジャンプ。ゆったりした曲調なのにスケーティングのスピードやスピンの回転が速いので軽やかで優雅に感じます。2Aもオッケー。CiStも素晴らしい。やっぱり有香ちゃんの指導がすごいのでしょうか、シズニーばりのスピン、スケーティング、いい影響を受けています。難を言えばドキドキするので袖をつけて肩にもフリルとかつけて欲しいです。有香ちゃんも満足の笑顔。55.20
レイチェル・フラット。「エデンの東」。3F+2Tは成功、3Loも良し。フラットちゃんのスピンもきれいなのですが、このロシア大会では普通くらいか。2Aも成功した!イナバウアーも美しい。ステップは曲想とマッチして素晴らしいですね。まだ19歳だというのにフラットちゃんもベテランの仲間入りなのか?世代交代が早すぎますね。53.36。あれ?もうちょっと得点がでるかと思いましたよ。
浅田真央。「シェヘラザード」。さすが滑りが素晴らしい、リンクのつかい方が他の選手よりかなり大きいような気がします。2Aは高いし幅もあるし、3F+2Loもオッケー。3Loも成功。SlStも音によくあっていますね、細かいけどよく滑ってる。スピンも異国情緒たっぷり。あっという間に終わってしまいました。ああ、さすがは佐藤先生だわ。シニアデビューした頃のような輝きを感じます。64.29
キーラ・コルピ。「虹の彼方に」。黄色もすてきですが、去年の水色が良かったな。3T+2Tはきれいですが、ちょっと残念。得意の3Loもオーバーターン。スピンは優雅。しかし1Aになってしまい、ジャンプが全部もう一つ。それでもSlStは美しいのでジャンプミスを忘れそう。最後のポーズまでミュージカルを見ているようです。55.81
アレーナ・レオノワ。「パイレーツ・オブ・カリビアン」など。すごい歓声。頭がザンバラ髪になってる。荒くれっぽい。3T+3Tは高いですね。3Fも成功。2Aもほとんど間をおかずに跳んできました。こうジャンプを固めるのがモロゾフっぽい。そしてゆっくりとレオノワ劇場。どこまでがステップなのかよく分からない、セクシー、やんちゃと峰不二子並に大活躍。最後も首をかき斬るポーズ。うむ、大成功である。63.91
1 シェヘラザード王
2 海賊王
3 ボレロ王
4 チベット王
5 セレブ王
1位は浅田、輝きが戻ってきました。ジャンプ1つに一喜一憂しないって、これは安藤も通った道ですね。今シーズンのSPはプログラムも個性的でとても似合っているし、全てが良い方向に向かっていると感じます。そして2位はレオノワ。ジャンプが揃えばここまでできます。あとは安定感を身に付けるだけで、そういうのモロゾフが得意とするところだから今シーズンは安定していい成績を出しそう。でも、先シーズンまでのキュートなプログラムが好きだったけれども。
3位はソトニコワ。トゥクタミシェワが2回優勝をしたのに、ソトニコワかシニアに上がって苦戦しているのはプログラムが難しすぎるからでしょう。それでも中国大会よりしっくりしてきているところはさすがの実力だし、ジャンプミスがあっても高得点なのもすごい。でも・・・ここまで苦労することあるのかなという気がしたり。去年の白鳥の湖は見事だっただけに、少し残念。4位もロシアのビリュコワ、がんばりました。フリーも楽しみ。5位のコルピは今年ジャンプで苦戦中。怪我で調整不足なのかなあ。欧州、世界選手権に照準をあわせて調整して欲しいです。・・・て、まだフリーが終わってない!楽しみ。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 ロシア大会(3):女子シングルSP への2件のフィードバック

  1. ボヨヨン大王 のコメント:

    うちの王妃がショートのコルピの衣装を見て「黄色コルピ」(くすっ)って言ってたのは秘密です。

  2. 富井副部長 のコメント:

    ボヨヨン大王さん、コメントありがとうございます。
    >コルピの衣装を見て「黄色コルピ」(くすっ)
    なるほど!そういうことだったんですね!!
    さすがセレブ同士分かりあえるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です