フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 カナダ大会(3):男子シングルFS

NFLを見ていると、ペイトリオッツ×スティーラーズというチームの試合でパトリック・チャン×エマニエル・サンダースという奇跡のマッチアップがありました。この試合に関しては、エマニエルが圧勝でしたよ、うむうむ。実況は大西アナ、解説は田村さん。
エラジ・バルデ。「マイケル・ジャクソン・メドレー」。3A+2Tはアクセルのあとにターンが。3F+3Tは成功したので、のっていけるかと思ったら、3Lzは転倒してしまいました。続く3A、3Lzも転倒。ジャンプは決まると高くていいのですが、残念。2Sになってしまいましたが3Tはなんとかこらえました。気を取り直してステップの前にマイケルばりのポーズ、SlStはちょっとスピードがなかったかな。2Aもスピードなく跳んでしまったせいかステップアウト。うーん、今日はバルデの日ではありませんでしたが、これもいい経験にして欲しい。151.57
ロス・マイナー。「アンタッチャブル」。3Aはいいジャンプですね。続けて3A+2Tで、3Aの後手をつき、3Lz+2Tももう一つ。しかしCiStはさすがアメリカ代表になるだけあるなという美しさ。3S+2T+2T、3Lz、3Loと高得点にはなりませんが、きちんと決め、スピンは定評通りきれいなポジションで回っています。特に欠点がないので、ジャンプで高得点が取れるようになったら安定してアメリカ代表になれるような気がします。202.36
ケビン・バンデルペレン。「仮面の男」。4Tは成功!しかし気が抜けてしまったのか1Aに、3Lzはオッケー。相変わらずゆっくりとしたSlStですが、音楽に合っているといえばあっているような気も。2S+3T+3Tと最初が2回転になっても3-3をつけるところがさすが。2F+2Tと次も2回転で疲れたのかと思ったら次は3Fにしました。ステップの後2Lo、3Sとへろへろになったのかいつも以上にぞんざいな感じのスピン。やっぱり疲れているんだろうな。179.21。残念ですが、もう出てくれるだけで嬉しいよ!次は欧州選手権で表彰台を狙って欲しい。
アレクサンドル・マヨロフ。「フラメンコ・ボレロ」。3A+2Tはまずまず。1Lzと抜けてしまいましたね。3Aはオーバーターン。マヨロフはお母さんが振付らしいですが、結構難しいことを要求しますね。3F+3Tはなんとかがんばりました。ステップにもうちょっとスピードが欲しいところ。3F+2Tもなんとか持ちこたえましたが、3Loは手をついてしまいました。3S、2Aとふらふらになりながらも転倒もなく終了。へとへとになってステップと最後は崩れ落ちるようなフィニッシュ。うん、お母さん、SP、FS共に要求レベルが高すぎるよ!177.84
アンドレイ・ロゴジーン。「ポエタ」ほか。またモテ路線だ・・・。3Tは4Tを予定していたらしいけど、きれいなジャンプ。3A+2Tみたいなんだけどあれはどうなっているんでしょうか。続く3A、3Sはきれいに。3Lz+2Tもオッケー。3F+2T+2Loも成功。3F、3Loときちんとジャンプは入っているんだけど、ジャンプとジャンプの間が物足りないなあ。SlStも上手いですなあ。続くChStもフラメンコっぽいステップ。さすがジュニアチャンピオン。193.40。
デニス・テン。「アディオス・ノニーノ」。きっちり髪の毛をセットして、アホ毛なし。4Tは手をついてしまいましたが成功。3Aは見事ですね。3Lz+3Tもいいですよ。おお、今日はいいテンが見られそう。スピンの回転も速い。2A+2T+2Tはオッケー、アクセルからの3Fは手をついたか。2Lzのあと3Loで転倒、うーん惜しい。3Sはなんとか成功。こういうドラマチックな曲の方がデニス・テンは映えますよね。SlStもかっこよかった。最後はちょっと疲れてしまったけど、今日はらしさが発揮できて良かったと思います。212.39。
アダム・リッポン。「G線上のアリア」ほか。上着が薄い茶色のひだひだ衣装でギリシャ彫刻っぽさを増しています。動き始めたポーズも神々しい。4Lzに挑戦しましたが、回転不足。3Aはステップアウト。落ち着いて欲しい。3Loはなかなか。CiStでは曲と動きが相まって妖精みたいですね。もう少しスピードが出たら優勝しちゃうな。3Aで転倒、残念。3F+3Tはオッケー。3Lz+1Lo+3Sと両手を挙げた3Lz。このルッツは良かった。2Aのあと美しいスピンで終了。うーむ、全体的に惜しい。選曲や振付がとてもいいと思うのできちんとジャンプが入れば。いやーこのプログラム、すごくいいですよ。217.97。
パトリック・チャン。パトちゃんも上が赤でパンツが黒。デニス・テンと同じですね。今年は男子は赤、女子はピンクが多いような気がするのですが、風水か何かでしょうか。「アランフェス協奏曲」。4Tでは豪快に転倒。しかし4T+3Tは成功。苦手の3Aもきまりました。CiStもスピードはそれほどでもないけどすごい滑らかですね。そして何もないところで転倒しましたが、3Lzは成功させました。3Loも斜めになりながら成功。3Fもオッケー。3Lz+2Tはスピードがなくても成功。2Aもなんとか。うーん、調子が悪いのかな。まあ、パトちゃんの最高ではありませんでしたが、4T+3Tは成功させるあたり、さすがです。お、コーチが全身真っ赤だ。253.74
高橋大輔。「ブルース・フォー・クルック」。4Fは回転不足かな。3Aは成功しましたが、3Sで手をついてしまいました。CiStは難しいビートにあったステップですね、さすが。3Aでステップアウト。3F+3Tはきれいに入りました。3Loもオッケー。3Lz+2T、3Fもいいですね。ChStもお色気多めで最後のスピンもステキです。しかし、本来の迫力がない様な気も、もっと情熱的な滑りが欲しい。そこがしばしば田村さんが指摘してた右膝の回復が・・・ところなのですかね。それにしてもすごいプレゼントの数です。パトちゃんよりかなり多いですよね。カナダなのに大人気!237.87
ハビエル・フェルナンデス。「リゴレット」ほか。4Tは手をついてしまいました。4Sは見事!しかし3Aで転倒してしまいました、もったいない。CiStはワルツのリズムに乗り優雅。スピンもいいですね。3A+3Tも見事ですね。ステップからの3Lz+3T、3S、3F+2Tと後半に難しいジャンプをこなしますが、最後が2Loに、残念。ChStはちょっと疲れてしまったように見えますが、がんばって。最後のスピンもへろへろ。しかしよかった。フェルナンデスはオーサーコーチがあっていますね。正統派のプログラムにフェルナンデスの持ち味がとけ込んでとても面白いです。250.33
1番 サード・パトちゃんくん
2番 センター・フェルナンデスくん
3番 セカンド・高橋くん
4番 ライト・リッポンぽん
5番 レフト・テンくん
1位のパトちゃんはまあ順当でしょう。そんなにいい出来ではなかったものの、一応4T、4T-3Tが入ってますし。それより驚きが2位のフェルナンデス。こんなに伸びるものですか!上品な滑りが評価しやすいのではないかと思います。その上ジャンプがいいし。3位の高橋の人気ときたら、一体誰のホームなのかと思いましたよ。田村さんがスケート靴が軽いのを使っていると言っていたのでそういうところがもう一つスピードがのらないところだったのかな。シーズンが深まっていくのが楽しみです。
4位のリッポンはプログラムが非常に好み。やっぱり有香ちゃん夫妻てすごいのだな。ご両親を抜いてしまうんじゃないかと思うぐらい、移ってきた選手が良くなってます。デニス・テンもアメリカ大会よりずっと良かったし、国内では無敵だろうからゆっくり調整して世界選手権にあわせてきて欲しい。もっとできると期待してます。
ケビンは今回は残念だったけど、日程がベテランにはきつすぎましたね。次や、次。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 カナダ大会(3):男子シングルFS への2件のフィードバック

  1. MT のコメント:

    カナダ大会は、パトリック・チャンのFSの衣装がどうなっているか楽しみにしていました。JOからきらきらがふえたかなぁ、、、と思っていたら、全然違う衣装でびっくり。黒パンツにサイドに赤いライン、、、すてきジャージ?
    来週の中国杯も楽しみですが、その次のNHK杯はペアとアイスダンスが見られるのでもっと楽しみです。ダンスの解説は有川りえさんだそうで、それも楽しみ。
    もちろんお二人の記事も楽しみにしております。

    • 富井副部長 のコメント:

      MTさん、コメントありがとうございます。
      >黒パンツにサイドに赤いライン、、、すてきジャージ?
      ああ、なるほど!確かにすてきジャージ(納得)!・・・次はもっと違うのが見たいですねぇ。
      >ダンスの解説は有川りえさんだそうで、それも楽しみ
      楽しみですね!!私はBSのゲストで太田由希奈さんがでるというのでそれも楽しみにしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。