土俵を作れば、彼らがやってくる

シアトルから帰ってきたマイク松ですこんにちは。結局首領はみつかりませんでした。この街のどこかにいるのかもしれないと早朝さんぽをしていたら、シアトルのランドマーク、スペースニードルにでくわしました。あの展望台にいるのかもしれないと思いました。

さて、富井が書いてくれたように、今日は2回目のフィールド・オブ・ドリームス・ゲームが開催されました。昨年同様雰囲気のある試合。なんか選手たちもすごく楽しそうにプレーしていたのが印象的でした。

まめちしきとしては、このゲームで国歌を歌ったアーティストは、もとDENのエリック・デッカーの奥さんだそうです。デッカーいい選手でした。あとBS1はフィールド・オブ・ドリームスをネタバレしないように説明するため、ディレクターさんが2日かけて描いた紙芝居みたいな絵で説明していました。こういうのほんとすばらしいと思います。全部あれで紹介すればいいです。

フィールド・オブ・ドリームスといえば、”If you build it, he will come”「それを造れば、彼がやってくる」ですよね。いろいろ想像を掻き立てられます。1回目のFODGのあとに描いた記事はあの屋根が動けば、彼らがやってくるでした。

そもそも最初にやってきたのは、シューレス・ジョー・ジャクソンでした。ヤオチョー事件でトゥイホーされた選手です。そういえば事件でトゥイホーされた人って、最近いましたよね。作ればやってくるんでしょ?

ドヒョー・オブ・ドリームス

あらすじ:

ジャパンの片田舎で農場を営むフレディ・ミッチェルさんは、ある日の夕方、トウモロコシ畑で謎の声を聞いた。「土俵を作れば、彼がやってくる」と。ミッチェルさんはとりつかれたように土俵を作りました。

ある日ミッチェルさんの娘は、土俵で四股を踏んでいる力士を見つけた。それはトゥバーク事件で角界をトゥイホーされたミッキー兄さんでした。

ミッキー兄さんの焼き肉屋はシンコロの影響で苦しんでいた。しかしその土俵には、夜な夜な角界を去った力士が集まってきた。エナツカサ、オータケ親方、ロホー、ハクロザン…、そして普通に角界を去った双羽黒、曙、戦闘竜、把瑠都…。そしてミッキー兄さんのにおいを嗅ぎつけてやってきた朝青龍…!彼らはミッチェルさんの土俵の影響でかつての力を取り戻し、ミッキー兄さんに挑む。

ミッキー兄さんはミッチェルさんとの自分探しの旅を経て、プロビデンスと完全に調和、復活した力士達を寄せ付けない強さを見せつけ、リアル横綱を超えた真の永世大関として君臨する。

ミッチェルさんは執念で行方を捜していた勇み足の2人についにみつけられてしまうが、ミッチェルさんの娘はこの摂理土俵でプロビデンス場所を開催したら、相撲ファンが集まってくるからそこで一儲けすればいいと提案し、ミッチェルさんの生業も完成。プロビデンス場所には各地からたくさんのお客さんが集まってくるのでした。おわり。

やはり夢がある!どこに土俵作ればいいんかな?廃工場とか?恐山かな?

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。