エンジェルスが代行の代行の采配で勝利

ゴールデンカムイ読んでます。めっちゃおもしろい。早く最終巻読みたいです。読んでよかったマイク松ですこんにちは。

さて、勝ったり負けたりのエンジェルス、今日は軍神オータニは1安打1盗塁でしたがチームは勝ったようです。でも采配が注目されています。

今のカントクはマッドンカントクが解任されて、ネビンカントク代行なのですが、そのネビンが先日の乱闘で退場になり、今日はモンゴメリー・ベンチコーチが代行の代行になったそうです。なかなかないですよね。

この事例、種いも球団オリックにも使えるんじゃないでしょうか。オリックといえば休養ですよ。MLBではおそらく休養wwwwwww元気なのにwwwwwwみたいに思われると思うのですが、実質は休養明けの復帰はないわけですからね。なんで休養wwwww(略)

しかし乱闘に参加すれば、堂々とカントク代行が采配をふるえるわけですし、それが一時的なもので、復帰もさせられれば、休養に移行することもできるのです。いわばお試し代行です。何試合か代行でやってもらって、流れを変えることもできるでしょう。何より正直、カントクを休養させても大して強くならないということがよくわかると思います。

問題はどうやって代行にシフトするかですよね。意図的に乱闘を引き起こすのはよくないですし、選手同士の対立をあおったりするのもよくない。退場するのはそのときのカントクだけでいいのです。次に早いのは審判を侮辱することですが、へたに「シライwwwwww大人げないwwwwww」などとディスると、退場にはなりますが審判の印象がすごい悪くなりますよね。ちょっと不満そうな顔をしただけで詰め寄られたりするかも。

だけど判定に文句つけたりするのも、逆に罰金だけですんだりしたらおかねのとられ損ですよね。ほしいのは出場停止なので。微妙なニュアンスを審判にはくみ取ってもらいたいです。

ここまで書くと「カントクがほんとに何試合か休養したら?」と思われるかもしれませんが、変にマスコミに勘ぐられると、チームの動揺を誘うかもしれませんからね。要は「カントクは退場になって出場停止になってほしいけど、チームにも選手にも悪影響を与えない」ことが大事なのです。ここまで考えて有効な手段、それがこれです。

判 定 に だ だ を こ ね る

たとえば微妙なボール判定があったとします。そこでカントクが登場。軽く確認したあとで、「い~~や~~~今の絶対ストライク~~~」とだだをこねます。ホームベース上でじたばたと。ここでポイントは、選手はカントクのだだを「いけませんよカントク!審判の判断なんですから!」などとさりげなく審判側に立つことです。これで審判を味方につけます。

そして「ぜ~~ったいストライク~~~」とだだをこねながら、センターライン方向へ転がっていきます。ベンチ方向に転がると納得したと思われますからね。インプレーにできないので審判も困ります。そしてある程度いったら、次のカントク代行候補じゃない人が迎えにいきます。この人も遅延行為に加担したと思われるかもしれないので。足をひっぱって「カントク帰りましょう!審判さんも困ってますよ!」などとひきずったりしますが、カントクのだだはエンドレス。「い~~や~~~」などとうまくだだをこねて時間を使います。遅延行為は退場になると思いますし、審判につっかかったりしていないので、そこそこの迷惑ですむでしょう。

無事退場宣告を受けたら、選手とコーチで協力して、カントクをひきずってベンチに帰りましょう。お客さんも拍手喝采。無事試合再開です。翌日からは何試合か、代行が試合を担当します。

もし他のスタッフを代行に使いたい場合は、まさしく代行の代行が必要なので、代行がだだをこねていきましょう。そのときの一番偉い人でないと代行をやっちゃいけないわけじゃないでしょうけど、流れ的にお膳立てしたいですよね。

これで無駄な休養にさよなら!来シーズンはカントクのだだにご期待下さい!

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。