NFL2021 カンファレンス・チャンピオンシップまとめ

オリンピックの開会式はまだですが、その前に早速ミックスダブルスカーリングをやってて、早速みたマイク松ですこんにちは。中国×スイス戦おもしろかったです。

さて、オリンピックの前に、NFLはカンファレンス・チャンピオンシップの試合がありました。いずれも熱戦でした。

AFCはCIN@KC。こりゃKCじゃないかなと思ってみていたら、いきなりKCはヒル、ケルシーさん、ハードマンと3ドライブ連続でTDをとります。21-3とリードしていい感じですが、いつもとは逆の展開ですよね。一抹の不安を抱きながらも点が入らないよりはいいなと思っていました。そしたらCINはペリンにTDパスを通して前半終了。後半はパントパントのあとFGをとり、INTをとって返しのドライブで早速チェイスにTDパスを通します。2ptも成功させ同点。いやな感じ。その後はFGをとりあって、なんとかOTに持ち込みます。KCが先にオフェンスでしたが、ロングパスをキャッチできず、それをディフェンスがダイレクトキャッチしてINTに。そして返しのCINオフェンスで、FGを決めて試合終了。CIN 27-24 KC、CINがスーパーボウルにいきます。

NFCはSF@LAR。これはLAR有利かなと思ったら、しばらくINTもあって点が入りません。ディフェンス合戦か。1Qの終わりにようやくスタッフォードからカップにTDパスが通りました。しかしすぐSFもガロッポロがサミュエルにTDパスを通して同点。そのあとFGを決めて、前半はSFがリードします。後半もLARは4thダウンギャンブルに失敗、返しのオフェンスでキトルにTDパスを通して突き放します。しかしそこからまたLARがカップにTDパス、4Qに入っては2つのFGを決めて逆転します。SF最後のオフェンスはINTになり万事休す。SF 17-20 LAR。LARがスーパーボウルにいきます。

LARは予想通りだったのですが、まさかKCがCINに負けるとは。しかも最初いい感じだっただけに。やっぱり最初は点取られないとだめなんですかね。バーロウはCINを見事に復活させました。LARはスタッフォードをわざわざトレードしてきたかいがありました。そういえば今までスタッフォードはポストシーズン0-3だったのですが、今シーズンで3-3にしたのはおもしろかったです。

スーパーボウルはLAR vs CINですよ。誰が予想しましたかこれ。正直見るのを忘れそうで怖いです…。

カテゴリー: NFL パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。