カーリング男子オリンピック世界最終予選2021:日本×イタリア

「マトリックス リザレクションズ」みてきたマイク松ですこんにちは。みると3部作を見返したくなります。マイク松ですこんにちは。それこそ目と耳と頭と心で楽しめる映画ですねー。

世界最終予選は男子のイタリア戦。強いですよイタリア。

カーリング男子オリンピック世界最終予選、日本×イタリア。実況は金城さん、解説は敦賀さん。

イタリアはゴニン、アルマン、モザネル、レトルナス。今大会は2位のチームです。

第1エンド、早速ガードを置いてくる。ハウスにいい形をつくっているのは日本の方。イタリアはまだよくアイスが読めてない感じです。縦に並べて1点とらせる形をつくりました。イタリアはダブルテイクアウトで2点を狙いますが、ピールになってしまい、日本が1点スティールしました。

第2エンド、フリーズ合戦になりました。すんごい縦に並んでる。ナンバーワンをとりあう形ですが、イタリアは3点を狙ったラストストーンも、2点にとどまりました。まあ2点はとれた。

第3エンド、イタリアは中に入れたストーンを早速守ってきます。日本はガードをテイクテイク。イタリアは離れたところに2つ置き続けて、1点をとらせるパターン。日本はばっちり真ん中において、1点とりました。

第4エンド、日本はセンターガード、イタリアはコーナーガード。ホックラインオーバーをやってしまって一手遅れます。その間にコーナーガードの後ろにイタリアが置きました。しかしイタリアのミスもあって日本はいい形で1点取らせる形になってきた。しかしガードの後ろにおいたストーンをテイクするのにガードにひっかけてしまい、イタリアが2点とりました。もったいない。

第5エンド、前にガードがいっぱいたまって、ごちゃごちゃする展開。お互いにガードの後ろにストーンを置きあいますが、日本はドローでナンバーツーしかとれず。ラストストーンは難しいリフレクションショットになりますが、うまくいかず、イタリアが1点スティールしました。

第6エンド、日本はコーナーガードおきますが、イタリアはぽいぽい入れてきます。クリーンな展開にしてきて、日本のストーンもダブルテイクアウト。なんとかガードに隠したいのですが、ちょっとみえてるだけですぐテイクされます。1点とるしかできませんでした。

第7エンド、日本はガード置き続けるしかない。イタリアはぽんぽんテイクしてきます。そしてヒットロールがほんとうまい。日本はトリプルテイクアウトを狙いますが、2つのみ。イタリアが簡単に2点とりました。

第8エンド、前にガードがいっぱい並んできたぞ。ごちゃごちゃする中で日本はガードの後ろに2つ並べてきた。イタリアは難しいショットを狙うが惜しくも決まらず。むしろ1点にするためにガードしてきます。日本はランバックで逆転を狙いますが、惜しくも当たらず1点になりました。

第9エンド、日本はガード、イタリアはハウスに入れます。センターからフリーズ合戦になりましたが、日本は1点あげてる場合じゃない。しかしイタリアは出されにくいところにおいて、日本はうまくテイクできず。イタリアが2点とりました。ここで日本がコンシード。日本 4-9 イタリア。

さすがイタリア、いいようにやられてしまいました。日本も強くなってるのに。あの強さはどこにあるんだろう。

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です