フィギュアスケート世界選手権2021(5):男子シングルSP・後半

何気なくテレビをつけたら「進化する野球 挑戦者たちの戦い」という番組をやっていたのですが“ナレーター落合福嗣”って書いてあってびっくりした富井です。すごく普通にやってますけど、あなた落合博満監督の息子さんですよね?立派になりましたね。
さて、男子シングルSPの続き。さすがに知ってる選手ばかりが出てきます。解説は岡﨑さん、実況はエース・小林千鶴さん。
ベラルーシのコンスタンティン・ミルユコフ。初出場の26歳。「くるみ割り人形」より。人形のようなマイムから。4Sは成功。おお、やりましたね。3Aも見事な着氷。コンビネーションスピンも回転が速い。すみません、26歳初出場なのでなめてました。3Lz+3Tは間にターンが入りましたがちゃんとコンビネーションに。シットスピンもOK。キャメルスピンはもうちょっと回転が足りないみたい。ステップシークエンスはもう一つかな。しかしよくできたのはないでしょうか。初出場でこれはすごいと思います。78.86。見事フリーに進出です。おめでとうございます。
鍵山優真。「Vocussion」衣装が替わりましたかね?このピチピチした動きがよい。4S+3Tも素晴らしい高さと幅。4Tも滞空時間をすごく長く感じます。キャメルスピンも回転軸が美しい。3Aも素晴らしい。ステップシークエンスも動きがいいですね。フライングシットスピンも回転が速い。そこからコンビネーションスピンへの動きも良いしスピンコンビネーションもいい。あっという間に終わりました。もう動きが止まらない。野生の子どものヒョウみたいな愛らしさと躍動感。100.96にガッツポーズ。お父さんも泣き出しそうなぐらいうれしそう。
エストニアのアレクサンダー・セレヴコ。「Bout it」19歳。長い手足を上手く使っています。3Lzになってしまいましたが予定では4Lzだったそう。高さはありました。3Aはよくコントロールされています。コンビネーションスピンは回転が速くて良い。コンビネーションジャンプは2F+2Tになってしまいました。ステップシークエンスは切れのある動き。難しい入り方のキャメルスピンもOK。シットスピンも回転が速い。コンビネーションジャンプが残念でした。70.74
チェコのミハル・ブレジナ。「Baby did a bad bad thing」もう30歳ですか。4回目のオリンピックを目指しているそうです。4Sは転倒。飛ぶ前に前傾しすぎでしたね。3F+3Tは軽い感じでとてもよいジャンプ。シットスピンはやや短いとか。3Aもよいジャンプでした。ステップシークエンスは上手いですね。緩急が素晴らしい。キャメルスピンも美しいポジションですがこちらもちょっと短くてレベル3。コンビネーションジャンプはとてもよかったそうです。81.43
アゼルバイジャンのウラジミール・リトヴィンツェフ。「Concerto de Espana」動きがロシアっぽくて美しい。4Tは斜めになりましたが着氷。長い構えからの3Aでしたがこちらも着氷。キャメルスピンは難しい形から。3Fは転倒してコンビネーションジャンプになりませんでした。ステップシークエンスは優雅で良いですね。踊れる選手。足替えのコンビネーションスピンはかっこいいのですがちょっと短い部分がありました。コンビネーションスピンはOK。回転はとても速くて良いです。68.43
アメリカのヴィンセント・ジョウ。「ヴィンセント」美しい滑りですね。4Lzは両手を挙げたジャンプでしたが転倒してしまいました。4S+3Tは両方とも回転不足のよう。キャメルスピンは回転軸がきれい。3Aも転倒。珍しいですね。足替えのシットスピンははとてもいいい。ステップシークエンスもややミスが目立ちます。コンビネーションスピンは手の動きも美しい。あー、得意のジャンプが決まりませんでしたね。いろいろ調整が難しかったのでしょうか。70.51
韓国のチェ・ジュナン。「Dark pastral」4Sは美しいジャンプ。3Lz+3LoもOK。キャメルスピンもいいですね。長い構えからの3Aでしたが成功。シットスピンも回転が速くて美しい。ステップシークエンスも岡﨑さんからのダメ出しなし。コンビネーションスピンも美しい。ちょっと最後音楽より終わるのが長かったようでしたがノーミスですね。91.15。うれしそうです。
宇野昌磨。「Great Spirit」素晴らしいスピードからの4F。アガル!4T+2Tになってしまったのは残念。キャメルスピンも美しい。トレードマークのイーグルもかっこいい。3Aは着氷した後に転倒。シットスピンも素晴らしい。コンビネーションスピンも素晴らしいです。ステップシークエンスはスピードもあるしかっこいい。あー、転倒がもったいなかったのと3Tがつかなかったのも・・・。でもかっこよかったから良い。コーチのランビエールが「3T,please!!」と言ってました。そうですよね。92.62。ミスがあってもこの点が出るのはさすがです。
中国の金博洋。漢字が簡単なのでつい漢字で書いてしまう。ボーヤン・ジンです。「Trio in D mechanisms」4Lzは転倒。4T+2Tはなんとかセカンドジャンプをつけました。キャメルスピンはOK。3Aは見事決まりまいた。シットスピンは回転が速くて良い。ステップシークエンスは面白い動き。コンビネーションスピンもOK。最後のポーズがおもしろい。77.95
フランスのケビン・エイモズ。エイモズのプログラムはいつも個性的でいて芸術的で大好きなので楽しみにしていますが、今回はどうでしょうか。「Indigene」ほか。のっけから不思議な動き。今回はアフリカ系の動き。4Tは流れはよかったけど回転がやや足りないのかな。3Lz+3Tも流れのある美しいジャンプ。美しい形のキャメルスピン。3Aはバランスを崩しかけましたが持ちこたえました。シットスピンも素晴らしい。コンビネーションスピンもすぐに形が決まります。ステップシークエンスは音楽にぴったり合ってます。いろんなところでビートを感じています。最後側転宙返りが見事決まりましたがこれが違反じゃないかと(片手をついた側転はよい)。おお、ディダクションはありませんでした。よかった。88.24。大満足です。
カナダのキーガン・メッシング。エド・シーラン「パーフェクト」この人も良いんですよ。のっけから良い滑り。素晴らしい4T+3T。こんなミドルテンポの曲でも全く退屈させない滑り。3Aもよいです。キャメルスピンもいつまでも回ってそう。3Lzも幅があります。シットスピンも回転が速い。ステップシークエンスもツイズルが素早くて曲に合ってます。コンビネーションスピンもややバランスを崩したところもありますがみごとリカバー。今日は年に一度のスーパーメッシングデー。やりました!ノーミスです。93.51。絶対フリーもそろえて欲しい!!
ラトビアのデニス・バシリエフス。「La grand tango」メッシュのセクシー衣装が上品に見えます。3F+3Tは成功。3Aはやや回転が足りないかな。シットスピンは得意の高速回転仏像的な。3Lzは良いジャンプ。コンビネーションスピンはタンゴらしい美しいスピン。キャメルスピンは面白い形。ステップシークエンスはタンゴっぽくて素晴らしい。お客さん入ってたら盛り上がっただろうな。81.22
アメリカのジェイソン・ブラウン。「シナーマン」また難しい曲ですね・・・。3Fは流れの中で跳んでます。3Aはやや回転不足かな。フライングシットスピンはめちゃかっこいい。ただ滑るところがかっこいい。3Lz+3Tも見事。ステップシークエンスも曲を上手く使ってます。こんな動きスケートじゃなくてもできないよ。コンビネーションスピンもものすごく回ってる。足替えのスピンコンビネーションも素晴らしい。コンサートみたい。曲とスケーティングが一体になってました。難しい曲だけにこれだけ滑ると加点もすごいでしょう。91.25
羽生結弦。衣装からもあふれるスター感。生きるスター。「Let Me Entertain You」すごすぎてまず笑ってしまいます。素晴らしい滑り。4Sは成功。ハニューさんにしてはつまり気味かな。4T+3Tは完璧。キャメルスピンもキラッキラ。イーグルもかっこいい。歓声が聞こえるんだけど空耳?3Aは高い。すごい。シットスピンもポジションを変えるたびにかっこいい。ステップシークエンスも外連味が効いてて素晴らしい。コンビネーションスピンもすごい。やっぱり歓声が聞こえます。なんで関係者全員見に来て声援送ってるって事?というか、人が!増えてる!!ジャージ着た人たちばかりだけど!!そりゃ、ポール・マッカートニー来てたらみんな見に来るよね?みたいな感じかな。106.98
イタリアのダニエル・グラッスル。ミューズ「Dig down」コロナに感染して練習できないときもあったそうです。4Lzは見事着氷。3Aは着氷が乱れました。シットスピンの回転も速い。3Lz+2Tとセカンドジャンプがうまくつけられませんでした。キャメルスピンは見たことない形。ステップシークエンスも曲によく合ってて面白い。でも羽生くんの後だとちょっとスピードが物足りないな。コンビネーションスピンも独特。かっこよかったです。79.43
イタリアのマッテオ・リッツォ。「Arranged piece」ほか。4Tは両足着氷。3Aは余裕のあるジャンプ。キャメルスピンも回転軸がきれい。ステップシークエンスは一滑りが長くて優雅な滑り。3Lz+3Tも成功。フライングシットスピンもポジションの変化がスムーズ。コンビネーションスピンも美しいです。あっという間に終わりました。やっぱりリッツォ上手ですね。このイタリアの2枠を守りたい。83.30
アメリカのネイサン・チェン。「アストゥリアス」ほか。相変わらずシンプルな衣装ですね。すごいスピードからの4Lzは転倒。珍しい。イーグルからの3Aは成功。良いジャンプですね。キャメルスピンはちょっと乱れました。そのあと滑っている部分があまり何もしてないように見えましたがここで心を整えていたのかと思うぐらいここで完璧な4F+3T。すごい。すぐにシットスピン。これはOK。ステップシークエンスはリズムの取り方がかっこいい。背中がかっこいい。コンビネーションスピンは音楽にぴったり合ってていいですね。後半は素晴らしかったな。98.85。4F+3Tが転倒を帳消しにしましたね。
ジョージアのモリシ・クビテラシヴィリ。「アムステルダム」この人も普段着でやってきたみたいな衣装。4S+3Tは間にターンが入りました。3Aもステップアウト。フライングキャメルスピンはOK。4Tもステップアウト。シットスピンは大丈夫。ステップシークエンスは長い足が映えますがやっぱりネイサン・チェンのあとだとゆっくりだな。コンビネーションスピンはいいですね。最後が鐘で終わるのが謎なエンディング。ジャンプミスが残念でしたね。74.66
○SPを終えての順位(呼び方は個人の感想です)
1.スターハニューさん
2.子ヒョウカギヤマさん
3.シンプルウエアネイサンさん
4.髪を切ったコリヤダくん
5.絶好調メッシング
6.平常心ウノさん
7.踊るジェイソン・ブラウンさん
ーーー個人的に順位を覚えておきたい選手ーーー
9.芸術家エイモズ
12.つるつるすべるハンやん
23.(ギリギリフリーに進めた!)100万ドルの笑顔ドノヴァン・カリーヨ!!!!!!!
1位は無観客試合をスタジアムロックフェスに変貌させた羽生さん。完璧な羽生さんではありませんでしたがそのスターの輝きたるや。よかったです。2位の鍵山はライジングスターの輝き。100点満点でしたね。3位のネイサン・チェンももう一つでしたが、4Lz転倒で4F+3Tをやってくるあたり「パンがなければケーキを食べれば良いじゃない」とばかりのネイサン・チェンしかできない挽回の仕方でした。すごい。
4位はお久しぶりねのコリヤダくん。出てくればこれぐらいできますよと貫禄を感じました。定位置の最終グループでのノーミスが見たい。5位のメッシングはこれぐらいやれる子なのは十分わかってますがノーミスを2つ続けることができるのか。できればメダルとってもおかしくないのです。そしてカナダに2枠を。6位の宇野はもったいなかったですが、気にせずフリーも我が道を。逆にジェイソン・ブラウンはヴィンセント・ジョウがフリーに進めなかったので(!)がんばらなくてはいけない立場に。でもネイサン・チェンがなんとかするでしょうから、ただ美しいジェイソン・ブラウンの世界を見せて欲しいとも思います。
9位がエイモズ、12位にハン・ヤン(金博洋より上だった!これもびっくり)と推しがフリーに進めてとてもめでたい。特にドノヴァン・カリーヨは23位と24人しか進めないフリーにギリギリで通りました。きっと小林さんのテンションも上がっているはずです。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。