2020年の記事を振り返る

先ほど強引に仕事を納めてきたマイク松ですこんにちは。終わったとはいってない。
もう今年もあと1日ちょいしかない。今年の記事を富井と振り返ってみます。ばたばたしてましたからねー。よく続けたと思います。

<1月>
富井:1月だ。この頃はまだ世界もそこそこ平和だった…。
松:まだクルーズ船も発症してなかった時代です…。
富井:そんな時代にオレは、のり弁をホモフィーで売れといっていたのか。
松:平和な時代でしたね。のり弁たべたくなります。
富井:今NFLはプレーオフ前だけど、THのことについて書いてたな。
松:今年は活躍してほしいですよね。その一方でマッカウンの登場もありました
富井:ささいなことだけどおもしろかった。そして今年の初めはなんといってもKCだな。
松:0-24から逆転したときに、これはスーパーボウルいくかもと思いましたね。大事ですからね。
富井:そしてTENを倒してスーパーボウルに。うれしかったなー。
松:まあタネヒルさんもよくがんばりました。
富井:そしてもう忘れてたけど、徳勝龍が優勝したのって今年だったんだな。
松:もうちょっと前かと思ってました。ほんとだったんですかね。あれ。
<2月>
富井:2月だ。もうすぐ世界が大変なことになるけど、最後の日常があるときだったな。
松:そうですね…。スーパーボウルが普通におこなわれただけよかった。
富井:そうだ、KC優勝したんだな。ほんとにうれしかった。
松:相手のSFも強かったですし、ほんとにいい試合でしたよね。今シーズンはどこが出るのか、たのしみになります。
富井:プロ野球キャンプ2020における節分動向、毎年やってるけどいい記事だよな。
松:来年って節分2/2なんですよね?気をつけてくださいよみなさん!
富井:それとは関係ないけど、ハラカントクが獅子にかまれてるのをとりあげてるな。
松:別にめでたくもないんですよ?顔芸でそんな感じに思ってる人いるかもしれませんけど。ただの顔芸です。
富井:2月はカーリング三昧。男子決勝女子決勝、いい試合だったな。
松:おもしろかったですよね。この辺まではまだ平和だった…。今となっては…。
<3月>
富井:3月だ。もうころなういるすの影響満載だな。
松:世界中が震え上がっていた頃ですよね。
富井:早速オープン戦が無観客になったり
松:このへんの対応はやむを得ないですよね。オリックはどうせ無観客も同然みたいな書き方ですけどね。
富井:どこも同じだからな。その流れか3月場所が無観客場所に
松:このへんの対応はさすが早かったですよね。どうしても技能審査場所よりはましだと思ってしまうのですが。
富井:四大陸はぎりぎりできましたね。紀平が優勝したり。
松:欧州選手権もシニシナ・カツァラポフ優勝したり。できた試合はよかったですよね。
富井:とりあえずNFLは終わってから感染拡大だったからよかったけど、そんな中でブレイディさんのTB移籍は盛り上がったな。
松:ブレイディさんが長くやってくれるのはいくらでもやってほしいんですけど、AFC東からは出てほしかった。叶いました。あとなにげにタネヒルさんが長期契約ゲットというのもいいニュースでした。
富井:3月場所は結局オッキー兄さんはハチナナ。むしろ吉兆という書き方だな。
松:まあ激しく負けても人柱なので吉兆なんですけどね。それよりはハチナナの方が。
富井:すごい論点だな。この時点でフジナミさんが感染したけど、味覚障害を世間に広めた功績は今でも大きいよ。
松:この頃はシャザイとかしてたけど、今考えたら軽くプレスリリースするだけでいいですよね。さすがフジナミさん、もってるものが違います。
富井:いろんなスポーツが中止になってやることないから、ミッキー兄さんの写し絵の話してるな。
松:感染拡大地域は今からでも間に合いますよ。土俵入りでもさせましょう。
<4月>
富井:4月だ。状況は悪くなってる。今じゃたいしたことないけどな。
松:第一波の最高720人とか、今東京だけでいってしまいますけど、あのときは世界の終わりを感じました。
富井:毎年やってたエイプリルフールもやってないしな。
松:この事態がうそであってほしいと
富井:まず1日にイトーヒカルのオンライン取材。今は当たり前だけどな。
松:こんなのがネタになるんかと今思いますよね。まあzoomとかも当時は新鮮でしたものね。当時って8ヶ月前ですけど。
富井:ソーシャルディスタンスネタもあるな。今はなつかしいな。
松:それだけニューノーマルが根付いてきたということなんですかね。
富井:オリックベストナイン。なにしろ野球が延期になってるから、こういう企画多かったよな。
松:種いもベストナインという矛盾した概念を生み出してますよ。
富井:この頃に3密という概念が出てきて、たくさん記事を生み出してるな。
松:密ってやっぱおもしろいですよね。蜜みたいだし、あんまり使ってない概念でおもしろいんですよね。
富井:3つの密を避けるスポーツはおもしろそうだし、その続きの避けなければならない密もたくさんあげてるな。
松:密という言葉を楽しんでますね。そろそろ108の密がそろいそうなんですけどね。
富井:どうしても瞬間的に密になる相撲をぶつからない稽古手長相撲があるな。
松:考えておいてあれですけど、手長相撲って今の時代にすごいバエると思うんですよね。いっぺんやってほしいです。
富井:NFLではグロンカウスキーさんが復帰と、テイサム・ヒル2年契約。今につながってるな。
松:4月の契約が12月以降に効いてくる。NFLはおもしろいです。
<5月>
富井:5月だ。感染者数も減って世の中も徐々に明るさを取り戻しつつある頃だな。
松:今思えばこの頃にいろいろやっておきたかったですね。自粛だけでこれだけ減らせるのはすごいですわ。
富井:オリックぬりえはステイホーム企画。そうかな?
松:ぬりえにしていいものとわるいものがありますよね。
富井:人生8勝7敗尾車親方の本。すごいタイトルだな。
松:僕らのずっといってきたことがまさか取り上げられるとは。この年になるとすごい重要ですよね。
富井:この頃は5月場所も中止になってる。今だとめちゃくちゃ安全な状態だけどな。20人台だよ?
松:状況的には理想的ですよね。きんきゅーじたいせんげん出てましたけど。
富井:ネガティブコメントでデスメタル、いい企画だよな。まだ誰もやってないのかな?
松:絶対おもしろいですよね。コストナーが北京に意欲も、コストナー意気軒昂だなと思ったの思い出します。
富井:東京はともかく北京はあるといいんだけどな。引き続き安全な相撲を考えたりしてる。
松:このときに高橋のアースジェットが出たのが本当に心強かったです。
富井:当時は気持ちを本当に明るくしてくれたよな。今見ても最高だな。そこからアースジェット・オン・アイスをその1その2の2回考えてるわ。
松:あの頃はアースジェットのことだけ考えてれば気持ちがなぐさめられました。
富井:プロ野球は6月開幕を模索していたけど、ハンシンの株主総会がおもしろかったな。
松:確かに無敗ですけど!みたいな。ハンシンのポジティブさはハンシンがある限り続くんですね。
富井:ただのネタ記事だけどな。夏の甲子園がなくなって、冬の凶世羅ドームを提案してるな。実現しそうにないけど。
松:確かに8月に第二波がきましたけど、今はそのときの2倍以上ですからね…。
<6月>
富井:6月だ。ようやく野球が始まることになり、練習試合から始まったんだな。
松:うれしかったですよね。オリックは早速負けてますけど。
富井:オリックアラートは結構おもしろいアイディアだけど、今はほんとのアラートにとられそうだな。
松:正直オリックの負けなんぞ、感染拡大に比べたらどうでもいいですからね。
富井:そろそろテレビ番組収録のストックがなくなってきて、プロ野球伝説のプレーみたいな番組がでてたな。
松:これはこれでとてもおもしろかったですよね。ころなういるすのせいで起きた唯一よかったことかも。
富井:「麒麟がくるまでお待ちください」はすごい番組だったけど、猛牛になるまでお待ちくださいもおもしろかったな。
松:どれだけ待てばいいのですかみたいな、万里の河みたいになりますね。
富井:おーこのへんからほとんど野球ばっかりになっていくな。
松:実際ほとんど野球しかニュースがなかったですからね…。
富井:無観客の観客席をどうやって埋めるかというのは、今でもわりと変わらない問題だな。
松:もう無観客はそれでいいやんみたいな話にNFLとかはなってますけど、あっちは観客席を埋める人たちも大変、みたいな感じなんですかね。
富井:開幕に向けて一足先に12球団カントク座談会もあったな。リモートでもできるからな。
松:ニシムラカントクが変革を強みとしてあげてましたが、このときから不安でしたよね…。
富井:いろいろ課題があるのが強みて、ポジティブな高校生でもいわんよな。まあその対策のために徳を積めとわれわれもいってるわけだが…。
松:でも現実に開幕戦も負けてますしね。もう徳を積むくらいしかないですよね。
富井:ハンシン戦はニシさんがいいバッティングで存在感を示し、もとオリパゥワーを発揮していたな。
松:そしてオリックは順調に負け数を伸ばしていました。こんな時代でしたけど、例年通りでしたね!
<7月>
富井:7月だ。世間は第二波におびえていたな。
松:徐々に感染者数が増えてきてましたもんね。やっぱくるんだ第二波みたいな感じでした。今にしたらそれほどでもないですが。
富井:相変わらず野球の記事ばっかりだけど、Tポーズってのはなんだったんだ?
松:まあ普通にやる機会が少なかったことに尽きますよね。僕としては百姓一揆のあとで処刑されるはりつけの農民みたいになってもよかったんですが。
富井:よくねえわ。全然関係なく、プロビデンス御三家が出てきてるな。
松:御三家はいいですけど、やはりプロビデンス三兄弟のおさまりのよさにはかなわないですよね。
富井:7月はなんといっても、ホークスのロボット応援団の衝撃だったよな。
松:あれは第二波のときにはいいアイディアでしたし、結局最後まで続きましたからね。もっとがっつりうつしてほしかったです。
富井:結局7月場所は観客をちょっとだけ入れられることになりましたが、実際相撲も少し変わったな。
松:お客さんの重要性をみんなわかったんでしょうね。技量審査場所じゃないところで。
富井:あ!そうそう、ニシさんの事件あったわ。これは明日も出てくるかな?
松:ハンシンにいっていいことばかりじゃないことがこれでわかったでしょうね。オリックはマスコミも寄りつかない。取材砂漠だ!
<8月>
富井:8月だ。感染は縮小していったけど、スポーツの季節ではなかったな。
松:今度は自力でここまでもってきましたからね。第三波もできたらこうしたいですね。
富井:7月場所は照ノ富士が優勝。すばらしい結果だな!
松:夢がありますよね。ほんとに今年の照ノ富士はすばらしかった。なかなかないですよこういうの。
富井:オリックは相変わらず弱かったけど、感染対策もなかなかよかったな
松:もはやここまでやらないといけないのかというレベルになってますね。落ち込まないことも確かに対策なんですが。
富井:そこから代走ボーイズの話になってくるんだが、これやってたあとにニシムラカントク解任につながるんだよな。
松:われわれが感じていた末期感がやはりフロントにも広がっていたんですね。誰でも感じるんだ。汚れているのは土なんです!とかいってましたもんね。
富井:他では横浜が宇宙ユニとかやってたな。
松:こういっちゃなんですが、この年CS出られなかったわけですから。弱いところがやってることはまねしないにこしたことはないです。
富井:われわれとしてはペッパーくん破壊とかスポットくん倒れるとかでいじるしかなかったよな。
松:反乱軍の攻撃かと思っていたのですが、普通に帝国軍に抑え込まれましたね、野球の方はですけど。
富井:明るいニュースとしては、アレックス・スミスの夜明け。今のこの事態、教えてやりたいくらいだな。
松:アクティブに戻ってきただけで記事は書けましたけどね。まさか。テイサム・ヒルの研究のことも教えてやりたいです。THに。
富井:このときなぜか美味しんぼブームがあって、種いもの動かし方もあったな。
松:カントクならずとも、人を動かす立場の人は読んでほしいですよね、美味しんぼ。
富井:コレは期待できますな!
松:それは本物の富井副部長ですね。
<9月>
富井:9月だ。なんかとっても忙しくて、野球と相撲とNFLが重なって大変だったな。
松:でもそれがとてもありがたいことでしたよね。NFLも開幕したから。ころなういるすもわりと落ち着いてたし。
富井:NFLのジャージの交換は郵便ってのもあったな。結局みんなやってるのかな?
松:よくわからないですけど、おもしろいアイディアですよね。他のところにも応用できそう。
富井:おうさきくんの話味わい深いな。ダークな設定はおもしろいまんがにつきものだからな。
松:設定はかなりSPIRITSのあれですけど、ブルベルに仕込んでおきたいですよね。失われた記憶とか。
富井:Get Wild グラウンド整備は妙にGet Wildがあうって話だったよな?
松:基本Get Wildはなんでもあうんですよ。料理とかでも。なんでもあいますよ。
富井:明るいニュースといえば、マサヨが大関になったことだよな。苦労が報われた。
松:今年大相撲ではいいこともありましたよね。困難があるぶんだけ。
<10月>
富井:10月だ。ころなういるすもわりと少なかったし、スポーツもおもしろかったな。
松:NFLもたくさん試合があったし、野球はシーズンもおわりですからね。
富井:どこまでメンバーが替わればオリックは楽勝なのかはいろいろ考えてみたいな。
松:内外野が全部いないとかね。みんなファウルグラウンドにいて。
富井:その続きで誰がV逸を数えているのかをみると味わい深いな。
松:V逸チェッカーの存在はおもしろいですよね。携帯に通知が。
富井:野球ついでに西武のぽっちゃり軍団に太陽にほえろ的なあだ名をつけようも考えたな。
松:あのあだ名はすべておすすめですよね。誰かつけてくれないかな。
富井:このとき楽しかったのはMLBのワールドシリーズ。激戦だったな。
松:とにかくフィリップスが最高すぎましたね。酸欠になるところまで。
富井:当サイトのMVPはフィリップスだよ。野球のおもしろさみたいなのを感じたな。
松:ドジャース方面ではウィル・スミスVSウィル・スミスですよね。来シーズンもあるかな。
富井:そしてNFLのおもしろさといえばアレックス・スミス復活だな。
松:そうですよ!このときはさんざんでしたが、のちにまた活躍します。
富井:同じ復活といえば宇良が十両に復帰だな。ご安全に!
松:しばらくはご安全に!
<11月>
富井:11月だ。ころなういるすは徐々に大変になってきてる。
松:急に増えてますよね。不安でしたが今に比べれば。もうこのへんだとこないだですね。
富井:いるかのタゴヴァイロアデビュー戦をみたときは、またフィッツパトリックに戻すのかと思ってたけどな。
松:なんやかんやで1戦ごとに経験積んでよくなってますからね。
富井:そんなタゴヴァイロアに比べて最下位が決定したオリック。1戦ごとに強くなるってすてきだよな。
松:ほかにいろんな経験をするくらいしかないですかね。りすの冬眠のお手伝いがおすすめですよ。
富井:アレックス・スミスを見守る会レポートは今季初勝利。アレックス・スミスでね。
松:このあと結構あっさりスターターになったんですよね。人生何があるかわからんっすね。
富井:日本シリーズは例の数字を追求する。難しいんだなあれ。
松:もうこれくらいしか楽しみがないのは事実でしたが、意外に黄泉瓜も全力で9点未満に抑えにきましたからね。みたかったなー。でも26-4も十分惨劇ですけどね。
富井:このような苦しい状況でもNHK杯があったのはうれしかった。いろいろ発見があったけど、やはり村元・高橋組だったな。
松:10年後くらいに日本でもアイスダンスが盛んになったら、あの演技は伝説になるでしょうね。
<12月>
富井:12月だ。というか今月だけど、第三波はやばいことになってきてる。
松:来年はいい年にとか全然いえなくなってきてますね。やばい。
富井:NHK杯は坂本のマトリックスが衝撃的だったな。今季いちのプログラムだわ。
松:振付師はマトリックスのことがよくわかってますよね。松生と山下もよかったです。
富井:12月は思いがけずテイサム・ヒル祭りがその1その2その3とあったな。ブリーズさんも少し休んでおいた方がプレーオフに力発揮できるだろ。
松:テイサム・ヒルもパス能力を証明できてよかったですね。でもその2のDENのヒントンはがんばりましたよね。
富井:あわせて見守る会もその2その3とあったな。
松:順調に勝ち星を積んでました。プレーオフ出られるかな…?頼む!
富井:頼むといえばいるかとKCの戦いもあったな。KC勝ったけど。
松:それなりにいい戦いはしましたからね。こっちこそプレーオフ出てほしい。
富井:年末らしくディクソンVSディクソンという不思議なニュースもあったな。どんどん比較したいな。
松:2人のウィル・スミスのニュースにも便乗していってますからね。今からたのしみです。がんばれいもソン!
富井:オリックのエスパードラフトの話もドラフトの期間じゃないのに出てきたな。ほんとに当たってるのかな?
松:はずしてるけど当たってるみたいな感じですよね。はずしてるけどはずれてるというのはただのはずれですよね。
富井:最後はハンシンに学ぶポジティブシンキング。ほんとに根拠なく明るくなるな。
松:いろんなところで今「あるぞ投手王国」を使ってます。励まされましょう。根拠なく。

富井:終わってから思うと、今年はこんな感じだったのに、いろいろあったんだな。
松:まあ今は大変ですけど、ころなういるすにも負けずいろいろスポーツやったんですね。あとはころなういるすがおさまるだけなんですが。
富井:来年はとにかくころなういるすがおさまるといいな。他に望むことはそんなにないわ。
松:スポーツも復活してほしいです。でもあまり期待せずいきましょう。
富井:みなさん、よいお年をお迎えください。
松:また来年!(あと少しだけど)

カテゴリー: スペシャル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。