大相撲に保健所のバックアップ

みんな大好きオリックは3連勝の後に3連敗で振り返ることができません、富井です。そんなに悪くないけど勝てないのがつらい。
そんなときに見つけた大相撲のニュース。9月場所開催はまだ決まってないようですが7月場所で力士に感染者が出なかったのは保健所のバックアップがあったからという記事を見つけました。

コロナ感染者0の7月場所 保健所のサポートで実現

問題ばかり起こる大相撲協会がなぜかコロナウィルス対策では隙を見せないのは「力士はお医者さんの言うことは聞く」というのが当サイト(というかマイク松)の見方ですが両国国技館ののある墨田区の保健所も協力してくれてたんですね。
墨田区といえば自宅療養者に支援物資も配るという事もしてます。行政がすごく頑張っているという印象があるんですが、ほんと行政って大事ですね。どこに住んでも同じだと思っていましたが同じじゃないって今年になって何度かみしめることか!
墨田区保健所の所長さんによれば5月に勝武士さんが肺炎で亡くなったことが非常にショックだったとのこと。あれは衝撃的なニュースでしたよね。本当に残念ですが、しかしそれが二度と起こらないようにと墨田区保健所の皆さんが頑張っていただいていることに感謝したいです。お忙しいと思いますが今後ともよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です