大相撲9月場所2010:千秋楽

ソフトバンクホークス優勝。福岡おめでとうといいたいマイク松ですこんにちは。今頃福岡は盛り上がっているでしょうねー。今度出張でいくときにはホークスネタで盛り上がろう。「今のホークスがあるのも鳥越のおかげですねー」とか「大道放出の呪縛をようやく取り払いましたねー」とか。
9月場所ももう千秋楽です。大相撲存亡の危機、出直し的再出発の場所でしたが、本当に白鵬がその勝ち星で引っ張ってくれました。新記録達成には今日のハルマ戦が最後の関門になるかもです。

千秋楽。実況は刈屋さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。リポートは東が藤井さん、西が船岡さん。
格段優勝力士をみると、白鵬以外はみんな日本人が優勝してる。こういうの久しぶりだけどどう読み取ったらいいんだろう。みんな幕内や十両に出世してしまうってことだろうか。
白鵬が横綱になって喫した黒星の内訳を示しているが、ハルマが7勝の次に多いのがミッキー兄さんの4勝らしい。朝青龍の3勝を上回っている。やはりこの連勝記録はこのおかげってことだね☆(←これは星になったミッキー兄さんを表しています)
春日王×栃乃洋。栃乃洋が立ち合い変化から左を差して寄り切り。なんとかかんとか幕内での勝ち越しを決めました。ベテランの必死のパッチということでしょうか。(必死のパッチの使い方を間違っている)
光龍×豊桜。豊桜立ち合い注文相撲にいくが不発、突き押しから豊桜の反撃を受けるが、土俵際で突き落とし。豊桜は突き押しで上回っていただけに残念。
土佐ノ海×武州山。おっつけあいになるが武州山が圧力をかけながら右上手をとりました。そして寄り切り。大負けしましたが土佐の正面切った堂々とした相撲には拍手を送りたいと思います。がんばったよ。
木村山×琴春日。琴春日は九州に幕内力士として出られるみたい。よかったね。今日はその喜びを表すように突き押しで木村山を圧倒しました。気合い入ってました。意外にリーチが長いのかも。
黒海×蒼国来。左四つになるが両方とも上手をとって引きつけあい。しかし蒼国来が胸を合わせずはずから投げで崩して寄り切りました。これはうまい取り口。パワーではかないませんからね。勝ち越しでうれしそうな蒼国来。
北太樹×玉鷲。なかなか立たない。早く立って。頭から当たる北太樹だが、玉鷲のいい突き押しで押しだし。玉鷲10勝しましたね!これは完全復活と見ていいかも。来場所もとにかく愚直に前にでないと。
猛虎浪×旭南海。立ち合いは旭南海。頭をつけておっつけようとしますが、猛虎浪は起こしてきます。前まわしを両者がとりますが、先に上手をとったのは猛虎浪。上手投げで転がしました。旭南海も立ち合いからの流れはよかったんですが。
臥牙丸×白馬。ガガが相手をよくみてしっかり見ながら突き押して押し出し。ガガは10勝目。白馬対策は落ち着いてとる、ということなのかも。
岩木山の引退会見。めっちゃ泣いてました。ほんとよくがんばりましたよ。個人的には部屋を継ぐ資格すらあると思います。おつかれさまでした。
高見盛×垣添。岩木山の分まで勝ちたいところの人造人間ですが苦手の垣添。立ち合い一気にもろ差しになられ、これはあかんと思ったら、そこから抱えて一気に体を入れ替えました。垣添も残しますが寄り切り。岩木山のパワーをもらったと考えましょうか。
琴奨菊×豪風。豪風頭から当たってもろ差し。菊も体勢を立て直そうとしますが、ここで意外に器用な豪風の足技。これで崩して寄り切りました。最近はあまり見せませんが、見せ所をわかってきたというか。これはうまい使い方でした。
霜鳳×栃ノ心。右四つがっぷり。栃ノ心が先につりますがこれは霜鳳がディフェンス。霜鳳は上手を切りに行きますが、このタイミングで栃ノ心が引きつけて寄りきりました。右四つのいい相撲でしたねー。
豊真将×旭天鵬。旭天鵬は36才。みえませんねー。旭天鵬は張り差しも逆に豊真将を中に呼び込んでしまって寄り切り。張り差しは相手を考えないとですねー。あ、でも豊真将は昔はわりと張り差しが効いてた感じでした。強くなったんですね。
土佐豊×若の里。左四つ憎み止めた若の里。土佐豊は土俵際で小手投げにいきますが、そこを若の里がすくい投げで逆に裏返しました。このあたりの力はさすが。そしてK.W.B.パゥワーのたまものですね。
時天空×徳瀬川。徳瀬川左の前まわしをとります。右四つでいい体勢。引きつけて寄りますが時天空うまくしのいでます。これはうまい。さらにぐいぐい引きつけて徳瀬川が寄り切りました。2-13という大負けは時天空もはじめてらしいです。四股四股。
嘉風×鶴竜。今日一番おもしろいのはこの一番かと。鶴竜張り差しに行きますが嘉風のガムシャリズムには通じず。突き押しで主導権を握ろうとしますが、鶴竜のはたきがうまく決まりました。
稀勢の里×安美錦。低く攻めて離れてとろうとするアミーですが、キセにかいなをたぐられ捕まりました。押し出し。まあ勝ち越してるからいいですよね。
朝赤龍×栃煌山。朝赤龍いい体勢をつくろうとしたところで勝手に崩ればったり。あーあ。栃煌山は関脇の地位で大勝ちしましたねー。
阿覧×魁皇。阿覧変化からもろ差しで寄り切り。満身創痍の老大関にそれはないやろ。そういう空気を読まない阿覧は悪いのか、それともいいのか。とにかく変化はよくないってことです。
把瑠都×琴欧洲。さすがのカロヤンのリーチに苦しむ把瑠都。それでもしっかり前を見て突いていきますが、カロヤンがうまくかわして中に入り寄り切りました。横の動きはなかなかカロヤンよかったですよ。
白鵬×日馬富士。右四つから一気にハルマでますが、踏みとどまった白鵬が逆に一気に寄り切りました。ハルマもいい立ち合いでしたが、一か八かの作戦でしたね。4場所連続の全勝優勝。すごいなー。
あ!花道で旭鷲山がいた!きてくれたんや!

今場所はほんとにほんとに白鵬に支えられた場所でしたね。連勝記録が伸びるとともに、これまでのメディアの雑音も消えていき、白鵬の放つ光に引きつけられていきましたね。あとは九州場所の初日を無難に乗り切れば、新記録は達成されるのではないかと。角界の救世主ですから、その資格は十分かと思います。
技能賞を獲得した栃煌山は立ち合いの圧力がつきましたねー。一気に大関候補に名乗りを上げました。ほかのオーゼキ候補が下の方にいる間にさっさとなってしまいましょう。来場所13勝くらいしたいところですね。ぎりぎりではだめです。
嘉風・豪風はダブル敢闘賞で尾車部屋はほくほくですね。でも全体的にいい相撲だったかといわれるとそうでもないような。まだまだ前に出る尾車イズムを追求してほしいです。個人的にはガガと玉鷲が気になるところ。ガガは落ち着いてとるということを徹底すればもっとのびますよ。玉鷲は玉春日のスピリッツをもっと体で表現すべき。それが正義というものですよ。
この存亡の危機に及んでまだ変化する力士がいるというのが信じられないですね。そこで星を拾っても、大相撲がなくなったらどうしようもないということをもっとみんなで考えましょう。大相撲を叩いてごはんを食べている人たちがたくさんいる限り、メディアの攻撃はまだまだ続くでしょう。唯一の解決策は土俵の充実しかないのです。九州場所はどれだけ観客を取り戻せるか、白鵬のがんばりにみんなで応えてほしいものです。
でもやっぱり相撲がある生活はすばらしい。それが再確認できてよかったです!

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

大相撲9月場所2010:千秋楽 への3件のフィードバック

  1. 桜もち のコメント:

    こんばんは、マイクさん。
    福岡の街は、盛り上がってます! ローカル番組では朝から大騒ぎ。職場でもホークス優勝の話題で持ち切りだし、たくさんのお店が優勝セールを始め、街ゆく人々の顔も、心なしかみんな輝いて見えます。これが、もし惜しいところで優勝を逃したりすると、街中がものすごくしょんぼりしてしまうんですよねー。福岡っ子って本当に単純だなぁと可笑しくなってしまうのですが、そういうところが魅力のひとつだと思う私は、ちょっと身びいきが過ぎるかもしれないですね?
    刈屋さん、北の富士さん、舞の海さんの実況・解説という嬉しい千秋楽なので、久しぶりにテレビで見てました。
    白鵬は、大相撲存亡の危機的状況のさなか、一人横綱の責任を見事に果たして素晴らしかったですね。戦っている姿、表彰式での引き締まった表情を見ていて「あぁ、美しいなぁ。」と思いました。今まで一度も九州場所を見に行ったことが無いのですが、すごく行きたくなってしまいました。大きな記録がかかっているけど、もしかしたら案外チケットも取りやすいかもしれないし… なんとかしたいです。
    ミッキー兄さんはまだ生きてますよー(笑) ☆にしちゃうのは、ちょっと可哀相! 兄さんは、もともと気持が優しすぎるくらいの人なので、そのことをよく知っている誰かが、(ミッキー兄さんのお父様がそうだったように) どこかの高校か大学の相撲部顧問に引き立ててくれたりするといいなと思ってます。
    >やっぱり相撲がある生活はすばらしい。それが再確認できてよかったです!
    本当にそうですね。でもそれだけじゃなくて、たくさんの人たちが「False Startがある生活はすばらしい。それが再確認できてよかった!」って感じていると思いますよ。再開してくださって、本当にありがとうございます。これからはじまるフィギュアスケートのほうも、富井さんとマイクさんの記事を楽しみにしています!
     

  2. みに のコメント:

    岩木山、お疲れ様でした。
    泣いてましたねー、最後声が裏返って高くて女性のような声になって
    しまって、もらい泣きしそうになりながらも笑ってしまいそうに、、、。
    真っ向勝負ながらきちんと考えられた巧い取り口、八艘跳びをしかけて
    きたバカモノをがしっとつかまえてちぎって捨てる正義の味方の小気味よさ、
    勝ったあとの花道の奥で、すちゃっと装着する眼鏡姿のキマリ加減といい、
    目がはなせない素敵な力士でした。
    ぜひ、その真摯な相撲を後輩たちに伝えていってほしいです。
    はい、相撲がある生活、False Startがある生活はほんとに素晴らしいです!!

  3. マイク松 のコメント:

    桜もちさん、みにさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    9月場所おつかれさまでした!
    >桜もちさん
    いやー数年来優勝に届かなかったですから。その喜び、僕も参加してみたいです。
    ぜひ九州場所みにいってあげてください!チケットは楽勝でとれると思います(笑)!
    あと過分なおことば、本当にうれしいです。ありがとうございます。フィギュアスケートも始まりますね!
    >みにさん
    岩木山の会見、結構胸に迫るものがありました。大学院いったりと知的な一面が、あのめがねにあらわれてましたね。きっといい力士を育ててくれるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です