ミックスダブルスカーリング世界選手権2018:日本 vs ポーランド、日本 vs ロシア

衣笠さん逝去。ご冥福をお祈りします。マイク松ですこんにちは。
今日もミックスダブルスカーリングです。ロシア戦だと思っていたら、ちょっとだけ先に短くポーランド戦をやってくれるようです。ジェンクーイェン!

ミックスダブルスカーリング世界選手権:日本 vs ポーランド。実況は佐々生さん、解説は石崎さん。
ポーランドはスタシュチャク、グジェルカ。日本は初戦のニュージーランドに続いて2戦目のエストニアにも敗れています。でもポーランドも3連敗で始まっているよう。
第1エンド、なかなかいい形ができている。ナンバーワンをとっているポーランドはガードをつくってくるが、ちょっと短かった。藤澤のラストストーンはうまく回り込んで相手のナンバーワンを押せました。2点とれましたね。
第2エンド、今度は日本がナンバーワンをもっていて、ガードにいきます。ポーランドのダブルテイクアウトはうまくいかず、かえってガードになったので、ポーランドもどうにもならず、日本が1点スティールしました。
このあと日本が3,4,5エンド連続でスティールをかまし、第6エンドはポーランドが2点とったようです。6エンド終了で6-2。
第7エンドは日本がパワープレイを使いました。ニュージーランド戦は使ってなかったですからね。ポーランドは最初にコーナーガードをずらしてシューターを中に入れるしっかりした出だし。藤澤の最初のショットは最初から短かったですが、山口がスイープでしっかり伸ばしました。日本のストーンがたまってきてる。ポーランド苦しいですね。最後のストーンは後ろに隠しましたが、2つのストーンの間にいる。最後のショットで2つの間を抜けて、テイクに成功。4点とりました。これでポーランドがコンシード。日本 10-2 ポーランド。
だいぶお互いの投げ方の特徴に加えて、ミックスダブルス特有の戦術を理解してきたことが大きいとのことでした。とりあえず1勝ですね。今まで藤澤がブラシを立てて目標にしてましたが、今回は藤澤は最初からスイープにまわってますね。そういう工夫があるのかな。

ミックスダブルスカーリング世界選手権:日本 vs ポーランド。実況は佐々生さん、解説は石崎さん。ロシアはコマロワとゴリアチェフ。コマロワはこの日20歳の誕生日だそうです。ゴリアチェフは23歳。若いペアです。
第1エンド、日本は中央のロシアのストーンにばっちりフリーズできました。そこからロシアのストーンがサイドに散らばる展開に。そしてロシアがダブルテイクアウトしてきました。日本はワンツーを作りましたがたてに並ぶことに。でもダブルテイクアウトは今度はできず、ロシアが1点とりました。
第2エンド、日本はガードの後ろでストーンをためてるいい感じ。しかしゴリアチェフのダブルテイクアウトが決まります。さすが。日本はしっかりテイクで形を作り、最後のドローでばっちり真ん中に入れました。1点は確実、もう1つはメジャーで日本でした。2点とりましたね。
第3エンド、ヒットアンドロールしあう展開に。ロシアの方がやはり少し正確ですが、日本もついていって、なによりシューターをちゃんと残してる。そして藤澤がダブルテイクアウトでロシアのストーンを全部出しました。ロシアは1点とるしかない。
第4エンド、山口のスイープはほんと力強い。ロシアはワンツーがいいところにきたのでガードにきますね。ロシアでもこういうときはガードなのか。日本はガードをはずしてシューター含め2つダブルロール。これはすごい。最後はロシアの置いたガードをかわさないといけないところでしたが、かわしてなんとか1点とりました。もう少しで2点だった。よくガードかわしました。
第5エンド、中央にストーンがならぶ中で、先攻の日本はナンバーワンをもって守る展開から、フリーズできたので1点とらせる展開に。うまく日本のストーンを残せたので、ロシアも1点とるしかありませんでした。これはうまく進んでますね。先攻のときの日本の攻め方がうまくつくれていて、相手に追いかけさせていると石崎さん。…ってロシアのラストストーンが短くて、日本が2点スティールしました!これは意外!普通に1点とられたと思って締めてました。霜がついてるかもという情報あったのですが。
第6エンド、ロシアがパワープレイを使ってきました。日本はコーナーガードを中央にずらすウイックショットが成功。自分のシューターは出てもいいんですね。日本がナンバーワンツーを作って、ロシアのストーンを減らす展開。ロシアがうまくBプランでナンバーワンをテイクしてから流れが変わり、ロシアが2点とりました。
第7エンド、日本が今度はパワープレイ。しかしロシアもセンターガードを作って攻めに行きます。そしたら藤澤はセンターガードをウイックしてシューターをハウスに入れるというスーパーショット。山口はロシアのストーンをガードをかわしてテイクしましたが、ロシアはスルーしてしまいました。ぎりぎり狙わないと。ガードのかわしあいで完全にこのエンドはリードして、ハウスに5つ入れてますね。ロシアはなんとかナンバーツーをとりましたが、日本はドローで2点とりにいくも、のびすぎて1点になりました。ここは2点とりたかった。
第8エンド、ロシアが日本のストーンをバックガードにできるような形でいいところにおいてきた。日本はタイムアウトをとって考えます。ロシアもタイムアウト。ロシアのショットはちょっとずれましたが、日本はちょっとだけ入るすきを与えてしまいました。ロシアが最後にワンツーとって2点とりました。エクストラエンドに。
第9エンド、日本はすばらしいスイープでフリーズをしっかり決めた。ロシアはタイムアウトをまたとりました。日本はダブルテイクアウトを決めましたが、ロシアのナンバーワンをテイクできなかった。ロシアは最後のショットでガードを割りました。日本もタイムアウトをとって考えて、最後はレイズでちょっと押してナンバーワンをとりました。試合終了、日本 7-6 ロシア。
ロシアに勝ちました!ほんとにロシアも技術すばらしかったし、ほんとに強かったですが、この試合は2人の力が十分に発揮されてました。アイスの変化をしっかり読んでいってましたね。グレイトでした。

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です