大相撲を屋外開催するという案が

トップランナーサカナクションの回をみたマイク松ですこんにちは。山口のキャラが強く感じられてよかった。そこまでのめり込んでるアーティストって最近みない。頼もしいですが耳はおだいじにしてほしいです。
さて大相撲は5月場所の開催があやぶまれていましたが、ヤオチョーの調査が遅々として進まない中で震災が起こり、5月場所どころかもう何もかも混沌としてきました。半年くらいしてみたら全然違うスポーツになってたりして。

  • 土俵入りで化粧まわしをしたまま猛スピードでぐるぐるまわる
  • 全員坊主
  • 行司が全身タイツ
  • 役職が全然違う名前に
    • 横綱→ホットケーキ
    • 大関→ちりとり
    • 関脇→リーマンショック
    • 小結→げんごろうぶな
    • 幕内→ありっちゃあり
    • 十両→終値
  • トランペットで応援歌を歌いながら応援
  • 重さ30kgの紫色の大玉を頭で押し合って勝敗を競う
  • 大相撲くじで勝敗予想

さて(さてじゃないですが)、5月場所について白鵬が、節電のために屋外でやってもいいんじゃないかという考えを示しました。まあ半分くらいすぽにちが付け足してますが。
でも江戸時代みたいでちょっとおもしろそうですよね。まず雨になったら中止。これが斬新。やってる途中に雨が降ってきたら、ウインブルドンみたいに呼出のみなさんが土俵にシートをかけて保護。テレビ中継も「現在雨のため取組を中断しています」って字幕が。まいた塩も雨に流れて。
それでも晴れの日になるとすごく開放的で、わあわあと声が聞こえてきて。もちろんつり屋根もないので太陽が降り注いで。本来の相撲の始まりみたいなのに戻っていきそうですね。
いろいろ困難もあるしどうせできないと思うのですが、しょうもない夢というか妄想がふくらみます。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。