ネガティブ療法や!G-光尊の暗い解説で種いも打線活性化

ダルビッシュ放出か。公式の記事だと信憑性高そうですが、確かにいいピッチャーですからね。問題はどこに移籍するかですねー。
さて、ニュースです。今日のラクテン戦でオリックが勝ちました。ほんとです。フェイクニュースじゃないです。連敗を止めたんですよ。確かに今日こっちでは激しい夕立に見舞われましたが。
カネコチヒロの調子はいまいちだったのですが、今日はなぜか打線がいっぱい援護したんですよね。ロメロが2発、ヨシダもホームランを打ちました。そのあと追いつかれそうになったんですが、なんとナカジさんが満塁ホームランを打ったんです。ほんとです。フェイクニュースじゃないです。打って勝つとかもう何年もみてない気がします。
一体何があったのか。答えが解説にありました。今日はオカさんとG-光尊。オカさんはよく見るのですが、G-光尊は両方に所属していたので呼ばれたのかもしれません。しかし光尊は持ち前のネガティブ思考で、オリックの悪いところばかり指摘していました。オカさんはわりと厳しいこといいますが、光尊の前では普通くらいでした。
しかしこれがわりといい方に向かっていたような。ナカジさんとかも光尊がなんやかんやいってるうちにホームラン打ちましたからね。思えば光尊は発芽はしていたものの、じゃがいもからトマトの木が生えたような不思議な選手でした。光尊が解説としてネガティブなことをいってると、種いもどもにいいことがあるのかも。
ということで光尊にはこれからも種いもの未来について悲観的なコメントを繰り返してほしいと思います。週末はトークショーがあるらしいですが、ファンをどん引きさせてほしいです。君は種いものために死ねるか!(The CoversCKBめっちゃよかったです)

君は種いものために死ねるか(死ねません) もとねた 歌詞
(セリフ)「昨日ひとりのいもが負けた 戦って戦って ひっそり負けた
あいつは何の取柄もない 素寒貧(すかんぴん)な種いもだった」
しかしあいつは知っていた熱い発芽を 発芽せず負けることを
どうして発芽しないのかとは 訊かない訊かない
でもあいつの借金は 何処へ何処へ埋めてやればいい
君は種いものために死ねるか
(セリフ)「君は種いものために死ねるか」
あいつの名はオリックマン
勝てない奴がいる 勝てないチームがある
だから倒れても倒れても 立ち上がる立ち上がる
俺の名前はオリックマン

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です