大相撲11月場所2016:14日目

サクラチル。まだ冬も本番じゃないのにと思うマイク松ですこんにちは。もう春は来ないってことでいいんでしょうか。

SHOCK (もとねた 歌詞)
もう行かないってキミの電話
ボクも今そう思っていた
テレパシーみたいでムナしい
ずっと休みだ補強もない
交渉なんかしなくてもいい
オリと春まで眠れそう
oh…若手の育成も
oh…進まなくたって イライラしない yeah!
ショックショック ホゲーな胸騒ぎ
チョーベリベリ最低ヒッピハッピショック
シューシュー選手が流れてく あしたからヤバイヤ
ふたりともイナイヤ
補強選手を2個もらった
金満球団は輝いてる
ファンは楽しくうたってる
すれ違ってくFAたち
ウデを組んだりけんかしたり
みんなどこへ行くんだろう?
oh… センターがあいてても
oh… きょうはオコらない イライラしない yeah!
ショックショック ホゲーな胸騒ぎ
チョーベリベリ最低ヒッピハッピショック
ヘイヘイ嫌な顔しない 補償があるから
あしたからヤバイヤ

九州場所は14日目。胸騒ぎはブギーであってほしいですね。

14日目。実況は佐藤さん、解説は正面が尾車親方、向正面が稲川親方。
千代翔馬×旭秀鵬。千代翔馬が突き押しからもろ差しで寄りきり。勝ち越し前で苦労しましたがなんとか。
妙義龍×荒鷲。右四つになりましたが荒鷲がかいなを返して崩して寄り切り。妙義龍も差してしまいましたねー。7-7で千秋楽。
北勝富士×輝。輝がいい立ち合いですが、まわりこんでねばる北勝富士。間合いを詰めて右を差して寄り切りました。立ち合いは押し込まれましたが、いなしたあとに輝の足が止まったと尾車親方。北勝富士勝ち越し。
佐田の海×千代鳳。差し手争いは佐田の海、と思ったら千代鳳が右差し。しかし佐田の海が回り込んで逆に寄りきりました。差したときは千代鳳かと思いましたが、これで負け越し。
逸ノ城×勢。勢がいい立ち合い。逸ノ城が上手をとりますが、前に出ながらそれを切った勢が右差しからくいついて寄り切りました。自分の相撲とれましたね。逸ノ城は悪い受け身が出た。
豪風×大翔丸。豪風変化。親方の前で。まあ親方来ると負ける傾向あるし。
千代大龍×貴ノ岩。千代大龍いい立ち合いで押し込みますが、土俵際でしっかり差した貴ノ岩が逆襲で送り出しました。千代大龍いい立ち合いだったのですが。
臥牙丸×栃ノ心。ガガがボーン・ディス・ウェイで押し込みます。栃ノ心はまわしをとって土俵際粘りますが、寄って寄って寄ったガガの寄り切り。あそこまでいったら負けられませんよね。
松鳳山×蒼国来。これはいい一番。激しい突き押し合いになりましたが、まわりこむ蒼国来をしっかり追って押し出しました。これがやはり松鳳山の相撲ですよね。勝ち越し決定。そんなにご当所力士がいいところみせられてないだけによかった。
豊響×宝富士。豊響いい立ち合いだったのですが、土俵際で宝富士の突き落としをくらってしまいました。
琴勇輝×英乃海。琴勇輝のもろ手がピンク英乃海の顔にもろに入って崩れてしまいました。突き倒し。ちょうどもろ手が入ってしまいましたね。
宇良は佐藤に敗れる。あとアミーが勝ち越しました。
石浦×正代。気がつけば3敗同士になってる両者。石浦が中に入って脇の下に頭を入れる形。マサヨも上手をとっていきますが、前に出た石浦が上手をとられても寄っていきます。マサヨは上手を引きつけていきますが、土俵際は同体。取り直しの一番はマサヨが左をねじ込んで今度は寄り切り。強さを見せました。でも石浦もよくやった。この一番はほんとに盛り上がり真sチアね。
魁聖×錦木。魁聖はたき込み。そんなあっさり相撲でした。
栃煌山×遠藤。遠藤が突き押しから左を差すのですが、栃煌山が肩すかしで下しました。遠藤も気がつけば7-7になってしまいましたね。
嘉風×玉鷲。強烈な当たりから玉鷲が突き押して突き出しました。嘉風のスピードに乗られる前に仕留めましたね。見事な相撲。
高安×千代の国。両者みていきますね。千代の国の突き押しを冷静にいなしながら、高安のはたき込みが決まりました。
御嶽海×隠岐の海。御嶽海の突き押しからの思い切った引きに隠岐の海も土俵の外にランナウェイ。
琴奨菊×碧山。碧山変化で菊ごろり。まあ汚い手ではありますが、菊もそんなに頭下げなくても。…北の富士さんみたいなこといってしまいました。
照ノ富士×稀勢の里。左四つになりました。照ノ富士もいい圧力かけてますね。そして上手は遠くしてます。キセが下手を引いて、右は抱えて寄り切りました。照ノ富士も上手に手がかかったくらいでしたが、その前に下手をとられてしまいましたね。尾車親方「なんでこの立ち合いが昨日できなかったんですかね」。あーキセさんは右はのびてますがいちおうとってたんですね。
日馬富士×白鵬。少し動いたハルマ、まわしをとって一気に出て行きますが、土俵際で白鵬が小手投げで入れ替わるように逆転しました。まあ白鵬も落ち着いてましたね。立ち合いの待ったはハルマが制限時間いっぱいを勘違いしてたらしい。
豪栄道×鶴竜。これで鶴竜は勝てば優勝。2度の待ったがありました。ゴーエードーいい立ち合いでしたが、鶴竜のいなしから送り出し。鶴竜優勝しました。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です