フィギュアスケートグランプリシリーズ2016 アメリカ大会(3):男子シングルFS

今日はアメリカ大会男子シングルFSのレビューをするんですが、どうも富井の話では、SPのリッポンの演技のときに客席に大型の鳥っぽいのがいたらしいですね。確かに「ほあーほあーほあーほあー」とかいう鳥の声が聞こえますね。リッポンの人気は鳥類にも及んでいるんだなと思うマイク松ですこんにちは。今日もしっかりチェックします。
さて、ようやくフィギュアスケートのレビューをします。日本シリーズがいい試合が多すぎて。しょうがなかったです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2016、アメリカ大会男子シングルFS。実況はカクザワ、解説は織田信成将軍。
ロシアのマキシム・コフトゥン。大丈夫かな。「アイアン・スカイ」。4Sはきっちり決めてきました。スピードはそれほどですが決まるのはいいですね。4Tも成功。いいじゃないですかコフトゥン。SPは散々でしたが。これからきっちりいこう。3Lo+3Tからコンビネーションスピン。軸はしっかり。もっとがんがんスピード出してほしいですね。3A+1Lo+3Sからキャメルスピン。3Aはしっかり降りて、3S+2T。堅実にいこう。3Lzは転倒。今いうたばかりなのに。ステップは上下の動きがもっとほしいか。コレオシークエンスから2A、シットスピンでフィニッシュ。だいぶ疲れてますね。コンディションはいまいちですが、自分の力はこっちということでしょう。ようがんばった。230.75。おー。
オーストラリアのブレンダン・ケリー。「パイレーツ・オブ・カリビアン」より。海賊というよりは宅配便屋さんという感じの衣装です。なかなかいい滑り。4Tは単独になりました。4Sはトリプルに自重。スピードに乗りきれなかったか。キャメルスピンは軸しっかりしよう。3A+2Tはアクセルは大きいジャンプ。表現はもっとがんばりたいですね。コレオシークエンスはなかなかいい雰囲気。3Lz+3Tはいけました。もともとは4回転だったか。3Aはステップアウトももちこたえた。3Fは転倒。跳び急いでますね。シットスピンで落ち着こう。3Tと3Loを決めてステップに。足下はまずまずですね。疲れてきていると将軍。なんとかコンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりました。211.76。コフトゥンの上にいけませんでした。
アメリカのティモシー・ドレンスキー。マリオ・フラングリス「サムタイムズ・アイ・ドリーム」。ゆっくりした入り。4Sに挑みますがダブルになりました。3A+1Tはなんとか1Tつけましたが。工夫した入りから3Lzは手をつきました。コンビネーションスピンはまずまず得意そう。ステップは慎重に丁寧にいってますね。もっと思い切りいきたい。3Aはいいジャンプ決めました。3Lz+2Tも成功。3-3いきたいですね。2A+1Lo+3Sも成功。コレオシークエンスはいいイーグルですね。3Fからキャメルスピン。スピンはいけてる。3Loからコンビネーションスピンでフィニッシュ。高速スピンよかったです。しっかりまとめてきましたね。ここからどう得意技を見つけていくかかも。226.53。パーソナルベスト。
ベルギーのヨリク・ヘンドリクス。おもしろい髪型。「バトル・オブ・ライフ・アンド・デス」。3Aはステップアウトでコンビネーションにならず。3A+2Tはコンビネーションをリカバー。3Sからシットスピン。なかなかいい表現ですね。ステップはよく進んでる印象。動きもいいですね。3Lz+3Tはなんとかコンビネーションにしました。3Lzは助走短い。3Fと決めてきた。3Lo+2Tを決めてキャメルスピン。大きなスピンです。コレオシークエンスはいいスパイラル。こういう柔軟性もあるか。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。おーがんばりましたね。ヘンドリクスも成長してきてます。224.91。
中国の金博洋。SP8位は意外でしたが、きっと追い上げてくるでしょう。「ラ・ストラーダ」より。4Lzを決めてきました!でかいジャンプです。すごい高さ。4Sはステップアウト。3A+1Lo+3Sは成功です。いいですね。FSは本来の演技か。おっ笑顔できてる。キャメルスピンから音楽変わって、コミカルさもみせてきてますね。4Tは転倒。あらー。4T+2Tは決めてきました。でかいですねー。シットスピンから3Lz+3Tもなんとか成功。クリーンではないですがなんとか。3Aはステップアウト。3Fでジャンプ終わり。ステップはやっぱり表現力つけてきてますね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。よしよし。今日はリベンジできましたね。245.08。
カナダのナム・ニューエン。コーチ変えたらしいですね。どういう影響があるかな。「パリのアメリカ人」。4Sは詰まりながらも成功。ちょっとプログラム自体がシンプルになってますね。ゆっくりになってるし。3Aは成功。確実な演技です。3Sからシットスピン。ここはてきぱきですね。コレオシークエンスはさすがの表現力といいたいですがまだいけるでしょう。3A+3Tは決まりました。これはいいジャンプ。3Lzはなんとか降りてます。3Loといい感じ。そして3F+2T+2Loを決めました。ゆっくりですがしっかり確実に。ステップはもうちょっとスピードがほしいですね。3Lz+2Tから最後はコンビネーションスピンでフィニッシュ。今は自信と技術を回復させてる途中なんでしょうねー。またいい滑りが戻ってほしいです。これが精一杯とはいえない。239.26。
ロシアのセルゲイ・ボロノフ。もう29才ですかー。「エクソジェネシス交響曲第3番」。4Tは結構安定していいジャンプでした。3A+2Tも成功。もっとつなぎがほしいですね。みんなアボットのこと思い出しますよん。3T+3Tは4-3の予定でした。跳びすぎ注意ですね。キャメルスピンはわりとゆっくり。ゆったりした気分になりますね。コレオシークエンスから3Aはいい高さ出してました。みんなこういこうぜ。3Fもいい。3Lzは成功。3Lo+2T+2Loから2A。ジャンプをとにかく確実に決めてきますね。それがボロノフさんの戦い方でしょう。ステップはスピードあります。がんばれがんばれ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。よっしゃいけましたね。上出来でしょう。最後はばんざいでした。245.28。おっ現時点で1位!
アメリカのアダム・リッポン。鳥っぽい声は聞こえるけど。おもしろいポーズからスタート。「フラミンゴの飛来」ほか。こっちが鳥だったか。ますます客席の人も鳥っぽい。4Tは転倒。3F+3Tは成功。やっぱり鳥いますね。3Sからキャメルスピン。もうちょいスピードを出したいですがわりとゆっくりですね。ステップはさすがの表現力。印象的な動きです。3A+2Tは成功。静かな曲なのに滑りにスピードが出てないですね。3Aは成功。鳥いますね。3Lz+2T+2Loも決めました。ジャンプは悪くないんですが。3Loから鳥を表現。コンビネーションスピンはさすがのレイバックポジション。これが持ち味です。3Lzは両手あげ。見事ですね。コレオシークエンスは思い出したようにスピードが出てきてる。コンビネーションスピンのポジションも独創的でした。持ち味は出てましたが、プログラムの完成にはもうちょいかかりそうです。261.43。トップにきましたね。
宇野昌磨。楽しみです。あれ?こっちにも鳥がいるぞ?リッポン鳥じゃないのかな。というか宇野の衣装かっこいいですね。「ブエノスアイレス午前零時」ほか。いい曲選んでる。さすが印象的な入り。4Fは成功。すごいキレですね。4Tも全然安定してる。3Loからキャメルスピン。終わりもかっこいい。ステップはいいエッジワーク。これこれ、こういうのがみたかったんですよ。コンビネーションスピンはメリハリのある終わり方。よく考えられてます。3A+3Tで後半。パワーとテクニックを兼ね備えてます。4T+2Tは難しい入りから決めてます。ジャンプも決めながら、雰囲気をキープして演じてますね。3Lzからすばらしい雰囲気のイーグル。こういうのができるようになってるのか。3連続は3Aで転倒してしまいました。3Sは成功。コレオシークエンスではさすがのイーグル。コンビネーションスピンでフィニッシュ。よしよし!これはいい演技ですね!こういう雰囲気に満ちた演技がみたかったです。279.34。本人は3連続の転倒が不満そう。
アメリカのジェイソン・ブラウン。よく戻ってきましたね。そして見た目も進化したかっこよさになってきてる。「ピアノ・レッスン」より。さすがにブラウンも4回転挑んでますね。4Tをきれいに決めてきました!なんやできるんやん。あとは自分の滑りするだけですね。3A+2Tも成功。ほーいい曲の解釈しますね。キャメルスピンも加速するいいスピン。ステップはメリハリとチェンジオブペースがいい味出してる。スピードを出しながらもなめらかな部分はなめらかに滑ってます。そうでないと。3Aは成功。コンビネーションスピンも回転がいいし大きなポジションがいけてる。スパイラルも180度開脚。そのまま3Lzにつなげてます。3F+3Tも成功。2Aとジャンプ決めてますね。コレオシークエンスはさすがの表現力。3Loを跳んで、最後は3Lz+1Lo+3Sを成功!これがブラウンの滑り、ブラウンの戦い方ですね。最後のコンビネーションスピンでフィニッシュ。これはすばらしい滑りです!いやー自分の滑りですね。さすがブラウン。よう戻ってきました。268.38。
おー宇野優勝です!グッドグッド。
○最終結果:(真田丸的に)
1. 宇野丸(出城要塞)
2. ブラウン丸(要害)
3. リッポン丸(平城砦)
4. ボロノフ丸(見張り台)
5. 金博洋丸(山城)
宇野がさい先よく優勝。金博洋がいきなりよくなかったのもありますが、わりと楽勝でしたね。すばらしい雰囲気をもったFSプログラム。完成型がたのしみです。宇野もすっかりかっこよくなってるし、世界の強豪の一角です。
2位はブラウン。昨シーズンの全休からようやく戻ってきましたが、さすがアメリカの戦力ですね。戻ってきてよかった。4回転もとてもよかったし、少しずつ4回転の数を増やしていくのでいいでしょう。1つ増えるごとに強くなれるからね。
3位はリッポン。今日はよくなかったですね。SPがよかっただけに。そんなむらのあるところもしょうがないリッポンだから。鳥が少なかったからかな。もっと呼んできましょう。4位はボロノフ。表彰台は逃しましたが悪くない滑りでした。ジャンプまかせ風まかせ。ボロノフさんの滑りです。金博洋は5位。SPで大爆発でしたが、FSはさすがの追い上げ。こういうこともありますよね。次いきましょう。
あとリッポンファンの鳥はどうもいるみたいですね。でも宇野のときにもほあーほあーいうてたような気がします。ものわかりのいい鳥だな。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です