フィギュアスケート欧州選手権2011(8):アイスダンスFD

今日はすごい雪が降りました。一気に八甲田山の気分だったマイク松ですこんにちは。映画もいいですが、やっぱり原作本ですよ。冬に読むとより恐ろしいですが、夏に読むと涼しくていいですよー。
今日は欧州選手権、アイスダンスFD。四大陸ももう迫ってきてますが、旅行にも行きたいしなー。

フィギュアスケート欧州選手権、アイスダンスFD。実況は小林さん、解説は藤森さんのゴールデンコンビ。優勝経験者がいないので初優勝になりそう。
グルジアのリード・ヤパリーゼ。ダンススピンから入ります。なかなか回転が速い。CuLiはいいポジションですね。アリソンはノーハンドですね。イーグルからCuLiにいきます。あぶなっかしい。ツイズルはまずまず。SlLiはスピードがあってスムーズ。リフトはかなり自信を持って臨んでいるみたいですね。CiStは足の運びになめらかさがほしい。RoLiはどしどしまわしてました。お互いにパンチパンチの振り付けがおもしろい。MiStはちょっと疲れてきたかスピードがなくなってる。がんばれ。最後のタイミングがずれたのもおもしろかった。でもうまくなってきてますね。リフトで点を取るという意欲が見えます。114.73。
ドイツのシガンシナ・ガーシー。ガーシーのおもしろポーズからスタート。おもしろい。人形マイムがなかなか堂に入ってますね。ツイズルは藤森さん「一応無難にこなしたかな」とかわいく。かわいいけどひどい。CuLiはポジションがすばらしい。ガーシーは額はあんなんだけどホールドは安定してます。CiStはしかし2人のタイミングがあってない。SlLiはそろーっと滑ってるのがおもしろい。ダンススピンは表現力あります。DiStはまずまず。RoLiから長いつなぎの部分を経てCuLi。人形をぶらさげてる感じ。最後も人形マイムで締めました。140.69。表現力はありますよね。
裏で寒そうにしているペシャラが。大丈夫か。
チェコのミシリベチコワ・ノバック。最初からとばしていきますね。CiStは1すべりがよく伸びてます。2曲目は踊りまくりの曲だが、ツイズルでミシリベチコワが止まってしまいました。ツイズルは難しい。CuLiからMiSt。この曲がお嫁サンバに聞こえてきた。ステップは表現も入れながら軽快に滑っています。スローパートに入ってSeLiはみせる作りになってますね。きれい。ダンススピンからまた「ヴィーナス」になって踊りまくり。RoLiで盛り上げてフィニッシュ。こっちはまだ2人の技量の差がある感じですね。ノバックにミシリベチコワが追いついてくればもっとよくなりそう。135.35。
フランスのキャロン・ジョーンズ。ローリング・ストーンズ「ペイント・イット・ブラック」ほか。なかなかおもしろい振り付け。ロボっぽい。StLiはユニークなポジション。滑りの中でもてきぱきとキレよく踊ってきます。CiStは軽快。曲に乗ってスムーズに滑ってきます。ダンススピンも雰囲気を作るのがうまい。CuLi+RoLiはしっかりジャッジの前でアピール。ツイズルはジョーンズがあんまり進まない。曲が水戸黄門みたいに聞こえてきた。MiStはちょっと流れが悪くなったか。RoLiでフィニッシュ。宇宙人ぽい、カー姉弟がやりそうな振り付けでしたがおもしろかったです。135.41。
ハンガリーのホフマン・ザボジン。衣装はけんかで服が破れたザボジンをさらに痛めつけようと狙うホフマンという感じです。「ジプシー・ウィッチ」。ダンススピンでは笑いにあわせてホフマンが暴れるというホラーな感じ。ツイズルはきれいに決まりました。やっときれいなツイズルがみられた。CiStはエッジが深く、入れ替わりもスムーズ。RoLiは激しく振り回してます。音楽表現がすばらしいですね。CuLiはホフマンの表現がグッド。SlLiはホフマンが180度開脚。音楽に引っ張られる感じもありますが、技量を十分に発揮してますね。MiStも一気に滑ってフィニッシュ!これはいい演技でした!しっかり曲を表現してダイナミックな演技。140.30。もっと出てもよかったが。
イタリアのファイエラ・スカリ。こんなところでもう出てきてますね。おおっスカリがええもん着せてもらってる。闘牛士と女優の恋の物語だそうですが、雰囲気だしてますね。ツイズルはよく進んでましたね。グッドです。CuLiはファイエラがどしどしポジションを変えてるのにスムーズ。CiStはさすがのディープエッジとユニゾン。スカリが振り回されるパートもあり。ダンススピンへの移行も切れ目なし。SlLi、CuLiを連続で。そのあと不思議ポジションとカマキリ拳法みたいなのがあった。あれなんだろう。しかしあっという間にスピードに乗ります。DiStもしっかり音楽をとらえてますね。激しいRoLiのあとフィニッシュはスカリが突然死するという衝撃的なものでした。さすがですね!どこかおもしろいところもあるのが魅力です。145.92。これが最後の欧州ということなのですが、まだ引退は早いですよ。
イギリスのカー姉弟。今日はシンプルできれいな衣装。「エクソジェネシス」。CuLiはシニードの激しさに比べてジョンの安定感がすばらしい。SlLiはその前の小さなリフトも含めてすばらしい出来。音楽と融合してます。ダンススピンも美しい。ツイズルは激しい回転ながらよく進んでました。SlLiは結構シニード姉さんがジョンのひざに激しく乗ってました。鉄のひざ。DiStは少し離れる場面もあったがスピードがあっていいですね。RoLiから追加のリフト、最後にCiStをもってきました。激しい部分をクールダウンするような丁寧なステップ。静と動のメリハリが演技全体に行き渡る、すばらしいプログラムでした。氷上のACIDMANかと。いやーよかったです。157.49。
ロシアのリャザノワ・トカチェンコ。「メキシコ」。DiStから。距離感のコントロールがいいというか、入れ替わりもスムーズです。CuLiはてきぱき。つなぎの部分も躍動感あるステップ、RoLi+RRoLiは激しすぎる振り回し方でした。やるなー。ツイズルもおっけー。ダンススピンはちょっとしたミスもありながらうまくリカバー。つなぎの部部でもしっかりディープエッジを維持。DiStは疲れてましたががんばりました。芸術性をしっかり追求しつつも勢いを大事にしているプログラムでした。145.05。もう1つ伸びてほしかったところ。
ロシアのイリニク・カサラポフ。「ドン・キホーテ」。おおっ王道プログラム。スムーズな滑りですぐにスピードに乗ります。CuLiはそのスムーズなエッジでなめらかに。ツイズルはよく動いてます。CiStはどんどん滑っていくのに2人のユニゾンもばっちり、まったく引っ張り合わない。それでいて曲の雰囲気はもりもり出してます。そのままRoLiの流れもきれいです。音楽変わって入れ替わる滑りもてきぱきしてます。CuLi+RoLiはちょっと足のひっかかりが手間取りましたが大事なし。あぶなかった。DiStはちょっと疲れてきた。もうちょいもうちょい。ダンススピンはイリニクの美しいポジションをいかした芸術性豊かなものでした。すばらしいです!おおっプチ井戸端が起きてる。イリニクのバレエの素養と、カサラポフのホールドが完全に融合してます。153.48。喜ぶカサラポフ親指長い!
ロシアのボブロワ・ソロヴィエフ。ロシアチャンプとして負けられませんね。「メロディ・オブ・ザ・ホワイト・ナイツ」。ツイズルはまずまず。CuLiはボブロワのポジションが柔軟。CiStはなんともラインがきれい。SlLiはボブロワが暴れまくっているのにソロヴィエフのホールドはばっちり安定。ちょっと見入ってしまいます。ダンススピンを経てDiSt。あっという間に終わります。そしてRoLiはソロヴィエフがぶんぶん振り回す。最後までスピードが全然落ちませんね。もう1回RoLiでとどめとばかりに振り回してフィニッシュ。これは叙情あふれるいいプログラムでしたね。おっとまたプチ井戸端が。藤森さんはポジションの美しさを絶賛してました。161.14。トップにきました!
最終滑走はフランスのペシャラ・ブルザ。チャーリー・チャップリン・メドレー。SlLiはノーハンドなのにスムーズなポジショニング。DiStはしっかりした表現とステップの美しさを融合。ツイズルもしっかり決めました。藤森さんがあまりしゃべらなくなってる。SlLiはブルザのホールドがしっかり。CiStは音楽に乗って美しい表現。足が近いしステップのタイミングもばっちり。CuLiのポジションもかっこいい。おもしろい音楽に乗ってダンススピン。ショートリフトもおもしろい作りでした。このペアがチャップリンをおもしろくやってもどこか優雅な感じはしますね。しっかりおもしろさも追求していました。167.40。勝利ですな。
○最終結果(水戸黄門的に):
1. ペシャラさん、ブルザさん、こらしめてやりなさい
2. ボブロワさん、ソロヴィエフさん、こらしめてやりなさい
3. カーさん、カーさん、こらしめてやりなさい(1つだけ童話風)
4. イリニクさん、カサラポフさん、こらしめてやりなさい
5. ファイエラさん、スカリさん、もういいでしょう
優勝はペシャラ・ブルザ。上位が軒並み出てなくて、ファイエラ・スカリが沈んだとあればある程度かたいとは思っていましたが、しっかりやりましたね。芸術性に加えてちょっとおもしろい振り付けも入れて。楽しめました。ようやく優勝。
2位はボブロワ・ソロヴィエフ。ロシアの力をしっかりみせましたね。隙のないいいプログラム。3位はカー姉弟。いつもながら楽しませてくれます。いつか欧州を制してもらいたい。4位はイリニク・カサラポフ。あの王道プログラムはもっと完成度を高めてがんばってほしいです。ファイエラ・スカリは5位。しっかり末脚使いましたが、あと2つくらい追い込めたかも。もっとだらだらやって優勝しようぜ。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。