おつかれさま、若の里

CDを一気に棚に片付けたマイク松ですこんにちは。わりと広々している組み立て式の棚をずっともっているのですが、あれが便利。でも取り出しにくい積み方をしているのですぐに探せません。いたしかゆし。
さて、以前にもお伝えしましたが、故郷への巡業のため、引退発表を先延ばしにしていた若の里。このたび青森巡業で、いい相撲を故郷のみなさんにみせられました。よかったですね。
無事にとはいかず、この日のほんの少し前にお父様をなくされてしまったのですが、それでも巡業で土俵をつとめることを選びました。そのかいあって大声援をもらい、すっかり引退興行みたいになってしまいました。素直に喜んであげた方がいいでしょう。
そしてなぜか最後の相手を遠藤が務めることになったそうです。ミッキー兄さんとのK.W.B.コンビの片割れ、K.W.B.パゥワーは受け継がなくていいですが、長く土俵を務めるその精神力は受け継いでもらいたいですね。まだ若いけど。
最後はなぜかキセに花束をもらった若の里。ほんとにおつかれさまでした。できたら最後の相手はミッキー兄さんにつとめてほしかったですが。まあ兄さんも草葉の陰から(死んでない)若の里におつかれさまをいっているでしょう。これからもがんばってくださいね!
長く土俵を務めるって、それだけでファンへの奉仕ですよね。それがクリーンな相撲であればなおさら。つとめたくてもつとめられないトゥイホー力士もいるんですからね!

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。