世界カーリング選手権2016 決勝T(3):日本 vs. ロシア

まあオリックが弱いというのはおいといて(お願いですおいといてください)、ラクテンが強いのが気になるマイク松ですこんにちは。今日もオリッククローザーが不安定なのを差し引いても(お願いです他にもありますがそれは差し引かないでください)、先制中押しだめ押しのセオリー通りのオフェンスです。いいスタートですね。
カーリング世界選手権は準決勝。ロシアは間違いなく強いので接戦になりそうです。なんとか。がんばって。

世界女子カーリング選手権決勝トーナメント準決勝、日本 vs. ロシア。実況は曽根さん、解説は石崎さん。
ロシアはイエゼフ、ラエバ、フォミナ、シドロワ。日本は変更なし。入場の時に踊ってます。これはいい感じや。
第1エンド、ロシアは最初から入れてきて様子見の展開だったが、ロシアがうまくテイクできずに残ったため、日本は2点狙います。当たったあとシドロワの必死のスイープで出るかと思いましたが踏みとどまりました。そしてシドロワのかなり距離のあるダブルテイクアウトが成功しました。さすが。このエンドはブランクになりました。
第2エンド、両チームがガードを置きまくる序盤。ガードはテイクされますが、ロシアが中に2ついれていきます。そこで藤澤がダブルテイクに成功。これは大きい。ブランクエンドになりました。シドロワのショットはほんとに精度高い。
第3エンド、ロシアのガードのうしろをめぐる展開。手堅く1個ずつ出していきます。両チームミスなくブランクエンド。3エンドまでブランクとは。
第4エンド、日本はガードを置いてきます。そしてテイクしたシューターがハウスに入っています。いいぞ。しかしロシアもかなり近い位置にある日本のストーンだけ出してる。精度高いです。鈴木のヒットアンドロールはうまくいってますが、ロシアも確実にヒットして出してきます。そしてガードの裏に回り込んだ時点でナンバーワンをめぐる攻防に。日本はいい位置にドローしたかと思いましたが、ロシアがいいショットで出してしまい、日本は1点とりました。
第5エンド、ロシアが4人スイープで距離を出してきました。すごい。しかし鈴木のヒットアンドロールですばらしい位置に置きました。今日は鈴木いいですね。ロシアのレイズテイクアウトからハウスの中の攻防に。日本のストーンがたまってきました。ロシアのストーンが短かったのに対し、藤澤のストーンはのびましたがなんとかハウスに残りました。ロシアはしっかりドローで1点とりました。前半で1-1とか。
第6エンド、両チームともガードから。ハウスの中の日本のストーンをレイズで狙わせる作戦にしたら2回目でロシアがうまくテイクできず。2点パターンを作ってきました。そして日本のストーンをテイクしようとしたらロシアのストーンにジャムしてしまいました。これはチャンス。ロシアはダブルテイクアウトでしっかりストーンを減らしますが、日本は確実に2点とりました。よっしゃ。
マーチングバンドが甲子園の応援みたいなのやってる。
第7エンド、日本はセンターのストーンを守りにいくガードをわんさか置いてきます。ラエバのダブルテイクアウトが偶然決まってしまいますが、藤澤がアフタースイープでうまくシューターを出しました。今日はよく藤澤がスイープしますね。しかしフォミナのダブルテイクアウトが成功。高度な展開ですね。日本のラストストーンでダブルを狙いますが1つのみ。ロシアが2点とりました。
第8エンド、日本が前に置いたガードをうまくはずせない間に、ハウスの中にロシアのストーンがたまってきた。どんどん難しいショットを要求される形にしていってます。日本はダブルテイクアウトを狙いますが1つずつになってます。難しい。1点取らされる形にはなりましたが、難しい配置で1点ちゃんととれました。
第9エンド、ハウス中央に両チームのストーンがごちゃごちゃしてきた。ロシアのビッグエンドだけは避けていく戦術。姉のショットが日本のガードに引っかかってしまったが、そのとんだストーンがかなり長い間かかってロシアのストーンを押し下げた。すごい偶然。日本のストーンをナンバーツーに押し込んでいくショットが成功。そして大詰めで藤澤のダブルテイクアウトが決まりました。シドロワのファーストショットが出てしまったため、日本はドローでいいところに置いて、ロシアに1点とらせる展開に持ち込みました。粘った粘った。そしてロシアのラストストーンがまさかのショート。日本が1点スティールしました。信じられない。いいドローでガードの後ろに隠してプレッシャーがかかったのはありましたが。
第10エンド、日本は真ん中に入れてきました。ロシアはガードを置いてきます。セカンドからガードをはずしてはテイクの展開。ロシアはサードからガードの後ろに回り込もうとします。日本はタイムアウトをとって慎重に検討し、ロシアのストーンをしっかり減らす作戦。藤澤のラストショットで確実に1つテイクし、とられても2点の形にしました。ロシアは2点とりました。ナンバーツーが微妙でした。さすがのシドロワも冷や汗という感じで笑ってました。延長戦に突入。
第11エンド、妹のウイックショットがスルーしました。しかし次はばっちり成功。ロシアはハウスの中のストーンをガードする展開。鈴木のヒットアンドロールがうまく決まりました。いい感じでハウスの中のストーンをテイクできています。1つ1つテイクして、残りはスキップの1投ずつ。シドロワのラストショットはガードから少し見えてるけど逆サイド。テイク決まってほしい。最後のショットが決まって日本2点とりました。試合終了、日本 7-5 ロシア。日本決勝進出です!
死闘でしたねー。両方ともほんとにミスが少なくて、1つ間違うだけで大事になりそうな展開を、ほんとに粘って粘って勝ったという試合。よく勝てた。ロシアほんとに強かった。あぶなかった。そしてあとは決勝ですか。スイス戦もいい戦いしてほしいです。

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です