世界カーリング選手権2016:日本 vs. スウェーデン

徳川秀忠役は星野源。秀忠はスーパー大事な役だと思っていましたが、想像の斜め上のキャスティングでした。これで決まった。このドラマはきっと歴史に残ると思うマイク松ですこんにちは。
カーリング世界選手権はスウェーデン戦。スウェーデンあんまり調子よくないみたいだし、なんとか勝てないかな。

スウェーデンはシグフリッソン、ウェネルストーム、ベルトラップ、プリッツのスーパーメンバー。日本は変更なし。
藤澤が始まる前にブラシでストレッチしてる。こういうのがみられるときは安心。
第1エンド、きれいな展開になるところが、スウェーデンのスルーがあって日本は1点とらせる展開に持ち込みます。しかしプリッツのすばらしいショットでブランクエンドに持ち込まれました。
第2エンド、日本はスウェーデンの2点以上を防ぐ展開。日本のレイズテイクアウトが失敗して、スウェーデンはストーンをためてきます。しかし藤澤のダブルテイクアウトが成功しました。そしてガードの本当に狭い間をすり抜けてスウェーデンのストーンをテイクアウトしました。スウェーデンは1点とらされました。今日は調子よさそうですね。
第3エンド、スウェーデンは最初からガードを置いてきます。日本も複数得点を狙いますが、スウェーデンはまたスルーがありました。しんどい。手堅く投げて2点取れました。よし。
第4エンド、なんだかガードがたまっていく展開。このエンドは両チームともガードに引っかけてしまいます。そのガードがじゃまで藤澤のテイクショットもスルーに。しかし次のショットでしっかりフリーズショットを決めました。スウェーデンは打つ手がなくなりラストショットはスルーにしました。うまくいってますね。
第5エンド、9時方向のナンバーワンを巡る争い。このエンドはガードをうまくすり抜けてきます。スウェーデンもいいショットを連発しますが、最後に藤澤のショットがうまくガードをすり抜けてテイクアウト。2点とりました。
第6エンド、ハウスの中でスティールを狙います。スウェーデンはまたスルー。結構難しい。ハウスの中でごちゃごちゃし始めました。日本はハウスの中でナンバーワンをとりました。そしてスウェーデンのラストストーンがスルーしてしまい、日本が1点スティール。ちょっと早かったですかねー。
第7エンド、日本はいい展開でしたが、ガードをテイクしようとして自分たちのストーンもテイクしてしまいました。あらー。しかし姉のショットが日本のコーナーガードに当たってハウスの中に入ってきました。おもしろい。ナンバーワンを巡る攻防ですが、藤澤のショットがダブルテイクアウト成功。スウェーデンは1点とらされました。いい感じで進んでるなー。
第8エンド、妹のウイックショットがばっちり決まる。うまいー。2つめは惜しくも失敗。日本のストーンがたまってきてる。スウェーデンのラストショットはいいフリーズでしたが、藤澤のラストショットでそれをきっちり出して、2点とりました。すばらしい。
第9エンド、日本は最初にスルー。スウェーデンのガードをしっかりテイクしていきます。中に入ったストーンもうまくテイクしていきました。しっかり1点とらせる状況を作りました。スウェーデンに1点、10エンドは後攻になります。
第10エンド、妹がウィックをきっちり決めました。コーナーガードに。あとはしっかりテイクするだけでした。しかしスウェーデンもしっかりスティールできるよう作り込んできます。さすが。しかし最後はダブルテイクで1点とって試合終了。日本 8-4 スウェーデン。
スウェーデンはほんと調子悪かったですね。もちろんスウェーデンにしてはというところでしたが、それでも日本のいいショットが4人それぞれができてました。総合力で相手を上回ってましたね。

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です