NFL2015 プロボウル2016

今年のスーパーボウルの日は全力でお仕事です。夜に帰ってからみることになりそうです。情報封鎖が課題のマイク松ですこんにちは。
さて、スーパーボウルの前にプロボウルがありました。今年のプロボウルはハワーイに戻りました。やっぱりプロボウルはハワイですよね。もう理由とか考えなくていい。
このプロボウルはウッドソンにとって最後の試合になるとのこと。しっかり楽しんでほしいです。
今年のプロボウルはジェリー・ライスおじいちゃんチーム(JR)と、マイケル・アーヴィンおじいちゃんチーム(MU)に分かれました。最初も両方とも威勢がよかったわけですが、さすがにライスおじいちゃんが相手だとアーヴィンもやや控えめ。昨年は「最高のチームとそこそこのチームの違いを教えてやる!」とかいってたのですが、今年は「選手に『ずっと背中を追い続けてきたんだ、勝たせてくれ』と頼んだよ」とかいっていました。
先発QBはJRがイーライ、MUがラッセル・ウィルソン。JRはKCのケルシーにTDパスを通して先制しますが、ウィルソンはジョーンズにTDパスを通して、早速2ptに挑んで失敗するなどアグレッシブなMU。そのあとINTでふたたびチャンスをつかんで、フリーマンにTDパスを通して逆転します。また2ptにいって今度は成功。
JRはOAKのカーがQBにきます。がんばっていたのですが、プロボウルはそれぞれのクオーターごとに2ミニッツがあって、クオーターが終わるとどこでも攻守交代になってしまうのです。時間切れでした。
そのあとはINTしあったり、点を取り合ったりしていたのですが、徐々にMUがリードを広げます。ウィルソンからブリッジウォーターにかわって、スプロールズにTDパスを通しました。カーは挽回しようとしますが、またクオータータイムになってしまいました。
後半はダグ・マーティンのランでTDをとりますが、すぐMUはブリッジウォーターがJAXのロビンソンにTDパスを通して突き放します。JRはテイラーにかわりますがまたINTくらったりしていました。
MUはTBのウィンストンにかわって、2TDとったりして、結局JR 28-49 MUとアーヴィンが勝ちました。よかったねアーヴィン。
おもしろとしては、マイケル・ベネットがマスコットと踊ったり、QBの位置に入ってTDとろうとしていたりしました。シャーマンがエンドアラウンドに入って22ydsマイナスしたりしていました。
プロボウルはほんとにピースフルな雰囲気で、こういうのはやはりハワイじゃないと。これからもハワイでいてほしいです。そしてライスおじいちゃんとアーヴィンの戦いというのは今後根付いていくでしょう。来年は誰になるかはわかりませんが、AFCとNFCの垣根をこえられるのが意外におもしろいですよね。

カテゴリー: NFL パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。