NFL2015 week17 NYJ@BUF

week16のNE@NYJをぱぱっとみていたのですが、そのときの大杜さんがおもしろかったマイク松ですこんにちは。ワイルドキャットを「ワイルドキャッツ!」といっていたり、フィッツパトリックを「パトリック」といったり。あと膠着状態を「硬直状態」といっていました。死んでる死んでる。
いよいよNFLも最終週。これからは情報をうまくコントロールしながらみていきたいと思います。ご協力よろしくお願いいたします。今日はNYJ@BUFです。2時間でまとめられています。

week17, NYJ@BUF。実況は野地さん、解説は河口さん。NYJは勝てばプレーオフ進出。大事な試合です。BUFは同じ地区のNYJを倒していい感じでシーズンを終えたいところ。
最初はパントパント。しかし押し込まれたNYJがパントで全然とばず、レッドゾーン手前からBUFオフェンス。そしてテイラーがスクランブルから一気にTDラン!相変わらずいいラン出しますね。BUF先制。
2Qに入って、BUFはエンドゾーン手前で止められ4th&1。少しでも点を取りたいところですが、ここで4thダウンギャンブルに。ウィリアムズがランで突っ込んでTDとりました!もう失うものはないBUF、河口さんも感心するガッツィーコールでした。
ここからようやくNYJも反撃。BUFのアンスポーツマンライクコンダクトで前進し、マーシャルを使って前進、一気にTDとりました。マーシャルは昔と違って今は感情コントロールできるようになったとのこと。それいるかのときにやってくれてたらなー。BUFがFGを決めて前半はNYJ 7-16 BUF。
後半はBUFが早速ファンブルロストしてしまい、NYJがいい位置でオフェンスするもFG。両者もなかなか互角です。BUFはFGで対抗しますが、フィッツパトリックの調子がよく、どんどんパスが通るNYJ。デッカーに最後はTDパスを通しました!デッカーかマーシャルをうまく使ってると河口さん。いいのもってますよねー。
モメンタムはNYJかと思ったら、次のオフェンスでいいところまで攻め込んだのにパスをマケルビンがINT!これは値千金です!BUFはランやスクランブルで時間を使って、FGを追加しました。
なんとかTDをとりたいNYJも、またパスをローソンがINT!ビッグプレーです。最後のオフェンスもタルプレイにINTされ万事休す。NYJ 17-22 BUF。
これでプレーオフはPITの結果待ちだったのですが、PITが空気読まずに勝ってしまいプレーオフ進出。NYJはプレーオフを逃しました…。アメリカの滅びの美学を体現する1つがNYJですよね。

BUFはテイラーが18/28,182yds+10att,51yds,1TD。今日はリーディングラッシャーでした。試合作れましたね。終盤の1stダウンに貢献。ギルスリーやウィリアムズもランでがんばってはいましたね。レシーブはワトキンスが11rec,136ydsと鬼の活躍。ほとんどレシーブを1人でがんばってましたね。ディフェンスは結構苦しめられていましたが、最後に3INTしました。もうちょっとランパス止めてたらと思いますが、大事なところで止めました。
NYJはフィッツパトリックが16/37,181yds,2TD,3INT。最後の3INTはきつかったですねー。でもここまでこれたのもフィッツパトリックのおかげですからね。がんばりました。ランはアイボリーが6att,81yds。レシーブはマーシャルが8rec,126yds,1TD、デッカーが5rec,50yds,1TD。今日も2枚看板ががんばりました。ディフェンスはハリスの2sckはじめよくBUFをとめてました。がんばりました。

カテゴリー: NFL パーマリンク

NFL2015 week17 NYJ@BUF への2件のフィードバック

  1. YM5 のコメント:

    リアルタイムではPHI@NYGを見ていましたが、録画していたG+ではあの野瀬さんと河口さん(当初放送予定だったMIN@GBがSNFに移動したため野瀬さんと放送した後にNHKに移動してさっきまで解説していた試合を収録)のコンビやっていたのでカットされていないフル映像で見直しました。
    が、カットされた部分もデッカーが捕って1stダウンと思ったらラインを出た後にフィールドに戻る、いわゆる捕球資格のない状態でキャッチしたためパントになったのが惜しかったくらいでこの試合に限っていえば2時間で良かったですね。
    TwitterではJETSファンの方がFGでもいい場面でINTを嘆いていましたが、BUFのHCがレックス・ライアンで、QBが元BUFのフィッツパトリックという事を考えると有利な条件が揃っていたんですよね。
    フィッツがINTを食らう2ミニッツ前に、野瀬さんがデッカーとマーシャルが揃ってTDを決めた試合は高確率で勝っているけど唯一負けたのがBUF戦という嫌な情報を紹介していましたが、空いていたアイボリーには目もくれず、フィッツがデッカーしか見ていない事を完全に読んで、デッカーに投げるよう仕向けたライアンの作戦通りでした。
    同じく野瀬さん情報でこの試合のスコアはJETSホームのTNFと全く同じスコアでしたが、前回の対戦も同じく最後にフィッツパトリックがINTを喫して負けているし、完全にライアンのプランがはまっていたので偶然同じスコアで負けた訳ではないのでしょうね。
    負けに不思議の負けなし、フットボールの準備の重要性を学ばせていただきました。

  2. マイク松 のコメント:

    YM5さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    NYJも結構なチャンスあったんですけどね。来年のQBどうするんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です