NFL2015 プレシーズンゲーム week1(3)

昨日作った本棚に本をしまいまくったマイク松ですこんにちは。いやーそれにしてもしまってもしまっても本が出てくる出てくる。読み返すいい機会ですが、読み返しているとどんどん時間がたちますね。
今日はプレシーズンゲームweek1の残りです。
<SF 10-23 HOU>
HOUが勝利。SF大丈夫なんですか。
HOUはホイアーが先発で2/4,67yds,1TD、次のマレットが10/11,90yds、サベージが8/14,97yds,1TDとみんなよくやってますね。結局先発って誰なんですかね。ランはブルーとやらが9att,59ydsなどなかなか。レシーブもいろんな人がとっててもう誰がエースなんだかわからん感じに全体的になってます。誰やっけ?ディフェンスはブラウンが2sck、ドラモンドが1INTなど相手をしっかりおさえてます。
SFはキャパニックはちょっとだけ。ギャバートが8/11,86yds,1TDですね。ランはヘインとやらが5att,63ydsといい感じ。レシーブは低調。ディフェンスはプレッシャーがあまりかかってないみたい。あんまりオフシーズンにいい話がなかっただけに心配です。
<TB 16-26 MIN>
MINが勝利。でもTBにもいい材料が。
MINはブリッジウォーターが先発も7/8,86yds。まずまずですね。しかしショーン・ヒルが8/9,104yds,2TDと張り切っているだけにもうちょいアピールしたかったところです。ランはウィリアムズが6att,44ydsと先週に続いていい感じ。レシーブはシーレンとやらが2rec,54yds,1TDほか多くの人に投げ分けられてますね。オフェンスよさそう。ディフェンスは結構やられてますが点はあげなかったみたい。
TBは全米ドラ1のウィンストンが先発。9/19,131yds,1INTとしんどそうではありましたが、ランでTDとってます。とにかく点をとるのが一番大事。徐々にNFLに慣れていってほしいです。ランはしょぼしょぼもマーティンはもう出てます。レシーブはマーフィーが4rec,54ydsなどなど。ウィンストンを支えてやらないと。そのためにもディフェンスもしっかりしないとですね。
<KC 34-19 ARZ>
お!KCが勝ってる!
KCはアレックス・スミスが先発したもののINTくらったりしてまだまだ。そのかわりダニエルが17/21,189yds,3TDと大暴れしてます。どうしたんや。ランは結構みんな走れてウェストが6att,49ydsなど。レシーブはウィリアムズが6rec,82yds,1TDと爆発してます。得点ができているのは心強い。ディフェンスは闘病生活を乗り切ったベリーが戻ってきているみたい。よかった。ランを止めてるみたいですね。
ARZは昨シーズン好調だったのにけがしてしまったパーマーが復帰。4/4,77ydsといい調子ですね。他はいまいち。ランももうちょっと走ってやりたいところですが、エリントンがランTDを決めている+2rec,59ydsとパスでもいい感じ。他もがんばろう。ディフェンスはランをもっと止めておきたいところ。
<IND 10-36 PHI>
PHIがよく点をとってます。
PHIはブラッドフォードはおやすみ。サンチェスはここぞとばかりにがんばっておきたいところ、2/7,52yds,1TDと点はとってます。そしてティーボウさんがNFLに帰ってきました。6/12,69ydsも、得意のランで4att,15yds,1TDと点とってます。ランはいろんな人が走ってます。レシーブは結構ヤードを稼いでトータル285yds。オフェンスは412ydsと活発ですね。ディフェンスはヤードはとられてますが点はそれほどあげてませんね。いい調子。
INDはラックは先発してますがTDとれず。ハセルベックが地味にがんばってます。ランはロビンソンが10att,44yds,1TDとまずまず。ルーキーか。レシーブはドラ1ルーキーWRのドーセットが4rec,51ydsと非凡なところをみせています。ディフェンスはヤードをとられすぎですね。

カテゴリー: NFL パーマリンク

NFL2015 プレシーズンゲーム week1(3) への3件のフィードバック

  1. YM5 のコメント:

    毎年の楽しみである日本とフィラデルフィアでチャット or Twitterで話しながらリアルタイム観戦をする日曜深夜が帰って来ました。
    サンチェスはマクナブを思い出すような浮き球の連続に加え、TDパスも上手く捕ったアグラーが相手のミスタックルを利用してガラ空きな30ヤードを走りきっただけという65点くらいの出来でした。
    バークリーはTDこそなかったものの上手く纏めており、78点とこの日のQBでは一番評価してもいいですね。
    ティーボウも大半が一ヶ月後にはいなくなってるであろう連中相手に60点程度のパフォーマンスと落ち着きのない姿を見せて生き残りが厳しいと感じましたね。
    ティム・ティーボウはこれしか出来ないという幅のなさを自分で晒したTDもスナップ前から俺が行く!と言わんばかりの気迫が漂っているのに注文通りTDを許したINDにちゃんとやれよとむしろ日本のファンは苦笑いでした。
    オフェンス以上にエド・レイノルズにエリック・ロウと若手DBが活躍してくれたのが収穫でしたが、一流選手相手にこれが出来るのか注目したいですね。
    更に、来週のBAL戦は運のいい事に仕事が5ヶ月ぶりに日曜休みなのでこちらもリアルタイムでまーや、ブラッドフォードのオクラホマルームメイトのPHIデビュー戦を応援したいと思います。

  2. YM5 のコメント:

    連続コメント失礼します。
    この試合のMVPと言ってもいいケニョン・バーナーですが、パントを捕ってから走り出した瞬間に行ったと確信したパントリターンTDはプレシーズンながら本当に興奮しました。
    でも、RBはまーや、マシューズ(こいつもいい出来でした)、スプロールズと数が揃ってるんですよね。
    スプロールズの負担を減らすためにもリターン専任に残すか、掟破りのRB4人体制にするか。
    去年のタッカーもそうですが、層が厚いポジションは誰を残すか難しいですね。

  3. マイク松 のコメント:

    YM5さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    次の試合はブラッドフォード、出てくるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。