フィギュアスケート世界選手権2015(6):女子シングルFS

カズさん「『もっと活躍しろ』って言われているんだなと」。もちろんカズさんの度量の大きさは賞賛されるべきですが、それでこの件は丸く収めていいのかなと思うマイク松ですこんにちは。人の批判しておかねをもらうのはしょうがないとして、野球界の代表みたいな顔しないでほしいです。シェイム。
さて、フィギュアスケートもファンの健全さでスポーツとして発展していきたいですよね。今日は女子シングルFSです。

世界フィギュアスケート選手権2015、女子シングルFS。実況は小林さん、解説は中庭さん。中庭さんはテクニカルスペシャリストもやってらっしゃるみたいです。いつの間に。
ドイツのニコル・ショット。FS残れましたね。ニーノ・ロータ「ロミオとジュリエット」。最初の3Fはシングルに。3T+1Lo+3Sは決まりました。がんばりましたね。キャメルスピンもいいポジション。ステップはもっとスピードがほしい。しっかり滑れてはいるだけに。2Aからコンビネーションスピン。ちょっとよく動いてますね。3Loは流れがありました。3Sはダブルに。2Aは成功。コレオシークエンスを挟んで3Tにいきますが、転倒してしまいました。レイバックスピンでフィニッシュ。ジャンプはもっと決めていきたかったですね。体はしっかりできてるだけにもっとできるはず。がんばってほしいです。127.56。
スロベニアのダシャ・グルム。FS残れた。よかったね。「ウォー・ヒーロー」。3Lzから入りました。いいジャンプ。3Fも成功。スピードは出てないですが、慎重に決めています。2Aはステップアウトも、3T+1Lo+3Sは成功。まずまずの出だしですね。コンビネーションスピンは安定してます。3T+2Tはセカンドで手あげ。2A+2Tもうまくいった。コンビネーションスピンもポジションチェンジがスムーズ。シットスピンからステップ。ここはもっとリンクを広く使いたい。コレオシークエンスはイーグルやスパイラルで。2Fでフィニッシュ。おおーこれはいいいい演技になりましたね。ジャンプもよく決まったし。137.45。
カナダのガブリエル・デールマン。もっとあとで滑る選手ですが、上を狙いましょう。「アランフェス協奏曲」。3Lz+2T+2Loはサードでオーバーターンもいいですね。ここからステップ。さすがよく動いてます。よく滑ってるし。2Aは転倒。幅のあるジャンプでした。キャメルスピンはキャッチフットポジションに。3Lzは成功。3Sもいけました。3Loは回転不足ですね。前向きにおりました。2A+2Tはなんとかいけましたが、3S+2Tで2Tを3回目で跳んでしまいました。ここはノーカウント。うーん。レイバックスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。あの2T跳びすぎはしんどいですね。133.57。
跳びすぎというルールがなかったら織田信成将軍も世界チャンプだったかもしれない。跳びすぎのない世界。
ノルウェーのアンネ・リーネ・ヤシム。「アンジェ・パッセ」。3Lo+2Tから入ります。ループ得意。3Fはオーバーターン気味。3T+2T+2Loもしっかり決まりました。3Loも成功。まずまずの序盤。キャメルスピンはキャッチフットポジション。回転が速いです。シットスピンも回転が速い。スピンは武器です。2S+2A+SEQになりましたが本来は3-2。3Sは手をつきましたが2Aはいけました。コレオシークエンスにしてもわりとスピード出せてます。コンビネーションスピンはジャンプによる足替え。ステップはちょっと疲れてきたか。ミスを最小限にしてがんばりました。139.75。トップにきましたね。やった。
ラトビアのアンジェリーナ・クフバルスカ。FS残れました。「ムーラン・ルージュ」ほか。最初の表現はほんとにしっかりしてますね。3F+2T+2Loはターンが入りましたがなんとか。3Lzもフォロースルーがかっこいい。2A+3Tを決めてきました。いいですね!3S+2Tも成功。シットスピンはゆっくりになりました。コレオシークエンスでいいスパイラルを決めてきます。滑りもいいですね。3Fは転倒。コンビネーションスピンはポジションがいいですね。ステップはもっとスピードがほしいところ。しんどいところだけどがんばれ。3S、2Aを決めて、レイバックスピンでフィニッシュ。これもすばらしいポジションでした。いいFS滑れましたね。いい指導者についてもっと大きくなってほしいです。141.54。
イタリアのジアダ・ルッソ。「アット・ラスト」ほか。最初にスパイラルから2Aで入ります。大きなジャンプ。3Sは手をつきました。イーグルから2Aも決まった。アクセル得意なんですかね。3S+2Tはセカンドで手上げ。3Tは途中で降りてしまいました。レイバックスピンはポジションがきれい。ステップは1つ1つの滑りがとてものびてるし、表現力もある。体も動いてる。なかなかできますね。3Tは転倒。3Fはダブルに。シットスピンはまずまず。コレオシークエンスは微妙なポジションのイナバウアー。コンビネーションスピンでフィニッシュ。もっと難しいジャンプが跳べるようになってほしいですが、滑りのうまさみたいなのはありますね。いちおうイタリアチャンプです。120.11。
スウェーデンのヨシ・ヘルゲソン妹。「スノー・ホワイト」より。3Lzは手をつきました。2A+3Tはしっかり成功。スピードも出てます。3Loからキャメルスピン。おもしろいポジションです。3Lz+2Tは間にターンが入りました。3T+2T+2Loはしっかり決めてます。ジャンプの調子はまずまずか。3Sはダブルに。コンビネーションスピンは最後は止まりそうでしたがビールマンにしました。ステップは見せ場。よく体が動いてるし長い手足をいかしてます。2Aからコレオシークエンス。こっちはもっとがんばりたい。コンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりました。もうちょっとヨシにしてはジャンプ決めていきたいですね。155.35。
グルジアのエレーネ・ゲデバニシビリ。「カルメン」。新しいプログラム。スピード出てます。3Lzは手をつきました。あやうく転倒。3Fも手をつきました。がんばれ。2Aは転倒。しかも結構痛そう。がんばれ。ステップはさすがの技術ありますね。エッジが深くていいステップです。2Lz+2Tは3-2だったか。3Sはツーフット。今日はジャンプがよくないですね。3T+2Tは決まりました。まだ2回目だったか2T。2A+1Lo+2Sも跳んできました。なるほど。レイバックスピンはうまく入れなかったですね。コレオシークエンスはSlStぽく。シットスピンのあとコンビネーションスピンでフィニッシュ。転倒でしんどかったか、もともと体調がよくなかったか、コンディションはよくなかったですね。132.25。
韓国のキム・ヘジン。「ラプソディ・イン・ブルー」。3Lz+2Tはきれいに決めてきました。エッジも明確。と思ったら3Fは転倒で回転も足りてないか。3Loはこれも転倒。がんばれ。ステップは動きがいいですね。キャメルスピンはてきぱき。キレあります。これをジャンプにつなげたいですが、1Lzになりました。3Tはきれいに成功。3T+2T+2Loも決まりました。もちなおしてきたか。コレオシークエンスのあとコンビネーションスピン。軸がしっかりしてます。2A+2A+SEQからレイバックスピンでフィニッシュ。今日はジャンプが決まらなかったですねー。最後のポーズはおもしろかったです。136.24。
イタリアのロベルタ・ロデギエロ。「エビータ」より。3Lzは派手に転倒しました。なかなかない転倒。3Fも転倒。見たことのないポジションで転倒してる。3T+2A+SEQはうまくいきました。コンビネーションスピンは1つ1つしっかり。ステップはもっと滑っていきたいところ。でも長く大きくリンクを使って滑っています。3T+2Tは成功。3Loも転倒です。2Aは決まりました。1つ1つ決めていこう。3S+1Tからシットスピン。もっと多く回りたい。コレオシークエンスからレイバックスピンでフィニッシュ。最後は筋肉アピールでフィニッシュ。この経験を糧に技術をつけていってほしいです。134.74。
韓国のパク・ソヨン。「ロミオとジュリエット」。3Lzはやわらかい着氷。3S+3Tを決めてきました!これはすばらしいです。ジャンプの力上げてきてますね。3Fからキャメルスピン。これもまずまず。ステップも音楽にあわせようとしてますね。3Lz+1T+1Loはルッツが2回目なのでなんとかコンビネーションにしてよかったと中庭さん。3Lo、2A+2Tと決めています。レイバックスピンからコレオシークエンス。どうしてもエレメンツを単調にこなしてしまうところがありますね。演技全体の盛り上がりみたいなのを作るのが課題か。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。160.75。
スロバキアのニコール・ラジコワ。「アンナ・カレーニナ」。3Lz+2Tはなんとかつけました。3Tはしっかり成功。3Lo+2Loを跳んできました。キャメルスピンはポジションがユニーク。ステップは密度の濃い構成。しかしがんばって滑ってます。メリハリもありますね。3Lzはダブルに。3Loは決まりました。ループ得意なんですね。2A+2T+2Loを跳んでコンビネーションスピン。まずまずです。コレオシークエンスから最後のジャンプは1Aになりました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。こちらも演技全体の表現をもっとつけて盛り上げていきたいですね。152.61。
確かに豪華な第3グループ。
アメリカのグレイシー・ゴールド。あまり表情がさえないですが大丈夫かな。「オペラ座の怪人」。3Lz+3Tを最初に決めてきました。2A+3Tも高さがあっていいジャンプ。やはりレベルが違いますね。3Loからコンビネーションスピン。シットポジションになっても回転が速いです。キャメルスピンはキャッチフットポジションで加速。入り方を工夫した3F。3Lzはステップアウト。スパイラルを挟んで3S+2T+2Tを成功。いい演技です。ステップでは振り付けもいいししっかり踊ってます。後半の音楽が変わったところでどんどん滑りがダイナミックになります。2Aからレイバックスピン。ビールマンポジションになって笑顔も出てきました。最後はスパイラルでフィニッシュ!いい演技でした!ミスも最小限、このFSはしっかりゴールドの演技ができましたね。つくづくSPの出遅れが悔やまれます。188.96。
フランスのマエ・ベレニス・メイテ。ウッド・キッド「宇宙征服」ほか。2Aをぽんと跳んでスタート。3Lz+3Tをしっかり跳びました。あぶないところでしたが。3Fはなんとか。3Loはステップアウト。もう少しジャンプをクリーンに跳んでいきたいです。レイバックスピンは大きなビールマンポジション。中盤でコレオシークエンス。大きなスパイラルを入れてきます。大きい。2A+3Tをなんとか成功。3F+2Tはいけました。キャメルスピンはまずまず。ステップは上下の動きと躍動感はさすが。3Sからスパイラルをはさんでコンビネーションスピンでフィニッシュ。最後はもうちょっとスピードがほしかったです。悪くない演技でした。でも上を追っていける演技ではなかったか。162.75。
アシュリー・ワグナー。「ムーラン・ルージュ」。緊張感ある入りから2A。なんかすごい迫力。3Lz+3Tもいいですね。2A+2Tからすぐにシットスピン。すぐ入るのも評価が高くなるらしい。コンビネーションスピンはレイバックスピンから入ってますね。構成に工夫。3Lo+1Lo+3Sを跳んできました。緩急をつけた構成がすばらしい。3Fもいいジャンプです。3Loも成功。すぐにステップに入ります。この辺の表情も見事。一本調子の選手はみんなワグナーの演技を見て学ぶべき。3Lzをなんとか決めてコレオシークエンス。音楽にしっかり合わせるスパイラル。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いやー見事見事。ワグナーここにありというところを見せつけましたね。まさに生き様の反映された演技。185.01。
アメリカのポリーナ・エドモンズ。「ピーター・パン」より「ティンカー・ベル」。この最初のポーズがさすがの美しさ。3Lz+3Tを最初に決めてきました。ステップからの3F+1Lo+3Sはなんとかもってきました。ぽんぽんいきたかったですが。ステップは音楽によくあわせてます。見栄えがする。コンビネーションスピンは次々といいポジションで回ってますね。手足の長さがいきる。2Aは成功。3Lzもいけました。3Fからシットスピン。てきぱきまわります。3Lo+2Tからコレオシークエンス。後半はわりとエレメンツが淡々と入ってきますね。2Aからレイバックスピンでフィニッシュ。勢いのある演技はできなかったですが、最低限の滑りはできたでしょう。177.83。結構回転不足とロングエッジをとられてるみたいで伸びませんでした。
アンナ・ポゴリラヤ。コンディションはあんまりよくないみたいですががんばってほしい。ストラヴィンスキー「火の鳥」。最初は1Lz。3Lo+1Lo+3Sはしっかり決めてます。調子はよくなさそうですがこれ跳べる。コンビネーションスピンはさまざまなポジションの質が高い。ステップはどんどん滑って高速移動。気迫を感じますが無理しないでほしいです。3F+2Tはなんとか。しかし3Lzで転倒。これはきつそう。2Aはいけました。こうなったら最後までがんばれ。2A+3Tはセカンドで転倒。がんばれがんばれ。3Loは手をつきました。もうちょいもうちょい。コレオシークエンスからキャメルスピン。そしてレイバックスピンでフィニッシュ。ほんとにがんばりました。国内競争の激しさからやめるわけにはいかなかったのかもしれません。160.31。滑りきった気迫を感じました。点数じゃないわ。
チャンピオンズルームがアメリカ選手の楽屋みたいになってるわ。
カナダのアレイン・チャートランド。目標の12位以内達成しようぜ。「ドクトル・ジバゴ」。3Lz+3Tはなんとか成功。3Fはツーフット。3Loはステップアウト。シットスピンは回転が速いいいスピンでした。コンビネーションスピンはあとで加速。見せ場ですね。ステップは音楽の変化にあわせてがんばってます。2A+1Lo+3Sを跳んできてます。ジャンプがんばりますね。やっぱり立場がそうさせるのか。でも回転どうだったかな。3Lzは手をつきました。3S+2Tも回転がどうだったか。ちょいちょい回転が足りてない感じですね。がんばれ。コレオシークエンスはよう踊れてます。2Aもクリーンじゃないです。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ジャンプをもう少しきっちり跳びたかったです。161.18。
まだアメリカズルームをキープ。わりと最終グループまで。
中国の李子君。すごい声援です。こんなに人いたのかという感じ。「ムーン・リバー」。いい雰囲気作れてますね。3F+3Tを跳んできました!いけましたね。2A+2Tはセカンドで手をつきました。3S+2Tも成功。序盤にコンビネーションを集めてきました。ステップは音楽をしっかり聞いて雰囲気を作っています。このへんの技術はさすが。3Loはステップからのジャンプでした。3Fは転倒。フリップが得意な李子君には珍しいと中庭さん。3Lzは回転不足です。2Aからコレオシークエンス。コンビネーションスピンは必殺のI字スピン。レイバックスピンで片手ビールマンに。最後はキャメルスピンでフィニッシュ。転倒してからは少し間に合わなくなってしまいましたね。でもいい演技でした。165.22。
アメリカの楽屋もうちょっと退屈そうになってきてる。
宮原知子。「ミス・サイゴン」。観客も集中してますね。すばらしいです。3Lz+2T+2Loをテンポよくぽんぽんと成功。いい入りです。スピードもとにかく出てるし。3Fは流れのあるジャンプ。3Loも静かに決めてきますね。ステップはしっかり音楽にあわせた構成を確実に。シットスピンは回転が速いです。3Lzは手をつきましたが転倒は回避。音楽の変化もしっかり表情で表現してますよ。2A+3Tをきっちり成功!大きなジャンプでした。レイバックスピンは回転の速いところからビールマンにきっちりもっていってます。3Sからコレオシークエンスで良質なスパイラルから静かな雰囲気に。これはいいですね。2A+3Tを最後に決める力!そして両回転のコンビネーションスピンでフィニッシュ。さすがです!全日本チャンプの力を見せつけましたね。なんか練習で得た自信をしっかり演技に表現してました。それが宮原の最大の能力なのかもしれません。193.60。
ロシアのエレーナ・ラジオノワ。体調よくなったかな。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第3番」。3Lzから入ります。3Fもしっかり回転してますね。余裕がある。そして3Lz+3Tをここで決めてきました。力強い。ステップは躍動感がすばらしい。どんどんエッジも滑ってます。コンビネーションスピンは1つ1ついろんなポジションを確実に。3Lo+1Lo+3Sをここで跳んできます。2Aも成功。がんばれ。2Aはステップアウト。2Lo+2Tに次はなってます。もうちょいもうちょい。キャメルスピンからコレオシークエンス。スパイラルをはさんでどんどん動いています。レイバックスピンからビールマンにいってフィニッシュ。万全ではなかったと思いますが、それでもこれだけの演技をしてきますね。がんばりました。191.47。おー宮原に届きませんね。
アメリカズルーム終了。宮原といっしょに誰かいてやればいいのに。
エリザベータ・トゥクタミシェワ。インディアン・リズミック・ダンス。3Lz+2T+2Loは間にターンが入りましたがしっかりコンビネーションに。3Lzは高さのあるスーパージャンプ。3Fは止まりましたがおっけー。レイバックスピンは回転軸が安定してるしビールマンポジションもすばらしい。シットスピンは回りながらもしっかり表現。そしてつなぎ部分の表現がまたしっかり。手の動きが抜群です。3T+3Tは間にターンもしっかり。3Loと着実です。3S+2A+SEQはアクセルは手あげ。すぐステップに入ります。エッジワークも見事ですがどこまでも手の表現力で物語を加えてきます。手あげの2Aからコレオシークエンス。リズムとダンスの連続。コンビネーションスピンでフィニッシュ。勝った勝った。3Aが入らないと勝てないわけではないのです。210.36。ありがとうございまーす。
本郷理華。「カルメン」。3F+3Tをしっかり成功!これでのっていってほしいです。3Lz+2Tも成功。いい入りです。3Loからすぐ表現にいってますね。つなぎの演技も充実。コンビネーションスピンは最後にビールマンにもっていく構成。ステップはとても表現力が上がってますね。みるたびにうまくなります。鈴木のいいところを取り入れているとのこと。キャメルスピンから3Fを音楽にあわせて成功!いいですねー。2A+1Lo+3Sも音楽にしっかりマッチして成功。滑り込んできてますねー。スピードも出てる。3Lzはちょっとエッジがどうだったか。2Aからコレオシークエンス。まったくスピードも落ちないし、ジャンプ終わって最後のエネルギーを放射してますね。コンビネーションスピンから最後のポーズまで滑りきりました。すばらしいですねー!これが初出場とは。184.58。上々でしょう。
村上佳菜子。「オペラ座の怪人」ファントムバージョン。スピードも出てる。3Loから入ります。2Aはあぶないところでしたがもちこたえました。3F+2Tは高さ出てましたよ。1つずつです。コンビネーションスピンは軸が安定してます。いいぞ。コレオシークエンスはよく表現できてます。3Lo+2T+2Loを決めてきました。よっしゃ。レイバックスピンはビールマンにもっていきます。3Fはスピードに乗った助走をしっかり使ってますね。3Sはシングルになってしまいました。3S今度は成功。そしてステップ。最後の力を振り絞って、キャメルスピンでフィニッシュ。しっかり自分の演技はできましたね。がんばりました。179.66。
○最終結果:
1. トゥクタミシェワふりかけ
2. 宮原ふりかけ
3. ラジオノワふりかけ
4. ゴールドふりかけ
5. ワグナーふりかけ
6. 本郷ふりかけ
7. 村上ふりかけ
8. エドモンズふりかけ
トゥクタミシェワが世界チャンプになりました。2位に17点つけての圧勝。強かったです。本来の表現力に加えてジャンプの力がつけば無敵。この力をつけるためには少し回り道しましたが、報われるでしょう。2位は宮原。今の自分の力を精一杯出した結果でしょう。堂々の2位です。3位はラジオノワ。体調がすぐれない中でも3位。気合いを感じますね。
アメリカ勢がSPはよくなかったですが、FSは本来の力を発揮しました。ゴールドが4位、ワグナーが5位。すばらしい演技でした。エドモンズもがんばりましたね。一時チャンピオンズルームがアメリカズルームになって、リラックスしていました。
本郷は6位。しっかり準備してきた初めての世界選手権はいい結果になりました。まだまだ伸びていくでしょう。村上は7位。ちゃんとトップ10に入りました。
トゥクタミシェワの3Aの衝撃はすごかったみたいで、今日はいろんな人が3Aに挑戦するのかとインタビューされていました。来シーズンはもっと跳ぶ人が増えるのかも。えらいこっちゃです。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。